スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第15回
SAMYANG AF14mm F2.8 FE

写真と文:萩原 和幸


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのは開放絞り F2.8 の フルサイズ 対応 14mm 単焦点広角レンズ「 SAMYANG AF14mm F2.8 FE 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ フルサイズ対応14mm単焦点広角AFレンズ

第15弾は、サムヤンAFレンズの第2弾として登場した『AF14mm F2.8 FE』。現在、サムヤンでラインナップされているAFのフルサイズ対応レンズは5本。本レンズのほか、ソニーEマウントはAF24mm F2.8 FE、AF35mm F2.8 FE、AF50mm F1.4 FE。キヤノンEFマウントのAF14mm F2.8 EF、AF85mm F1.4 FEだ。着々とラインナップを増やしているのは、それだけユーザーからの支持を得ているからであろう。

サムヤンからは本レンズであるAF14mm F2.8 FE 、AF14mmF2.8 EF、XP14mm F2.4、14mm F2.8 ED AS IF UMCと、14mmだけで4本もラインナップ。星景撮影をされる方々に圧倒的な支持を得ているサムヤンならではかもしれないが、それにしても14mmでのこれだけのラインナップは珍しい。それだけ自信を持って世に送り出している画角と言えるだろう。

私自身は星景撮影が縁遠く、今回も14mmという超広角レンズでスナップ撮影に出かけてみた。普段は広角ズームレンズのワイド端として16mmまでの使用頻度はとても高いが、たった2mmの差から吐き出される画としては大きな違いとなって表れるから面白い。

写真1  
SAMYANG AF14mm F2.8 EFをα7RⅢに装着

SAMYANG AF14mm F2.8 EFをα7RⅢに装着 

さて、この『AF14mmF2.8 FE』は、デザインはAFレンズシリーズと統一されていて、とてもシンプル。ソニーαシリーズにはぴったりだ。フロントヘビーを覚悟していたが、その様な実感はなく、とてもバランスのとれたグリップ感だ。ソニーαシリーズを意識したのかなといつも思うオレンジのラインがカメラとマッチして、これがカッコいい。

写真2  
レンズ構成は10群14枚

レンズ構成は10群14枚 

レンズ構成は10群14枚。非球面レンズ3枚と低分散ガラス2枚を採用する。絞り羽根は7枚。UMCコーティングが施されている。フロントにフィルターは取り付けることは出来ない。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG AF14mm F2.8 FE

Go To Top

■ スナップで試してみた

では早速撮影に出掛ける。カメラはソニーα7RⅢ。AFは爆速というわけではないものの、ストレスは感じない速さで正確。軽快でスナップにはピッタリだ。

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真3  実画像 ファイルサイズ:約 30.6MB
彦根の大師寺にて。彦根駅から彦根城に向かう際に、最初に出会うお寺。小さいけど魅力あふれるステキなお寺で、寝弘法さまを撫でさせていただいた。そのお姿を14mmで。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/125秒)-0.3補正 ISO2500 WB:オート RAW

彦根の大師寺にて。彦根駅から彦根城に向かう際に、最初に出会うお寺。小さいけど魅力あふれるステキなお寺で、寝弘法さまを撫でさせていただいた。そのお姿を14mmで。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/125秒)-0.3補正 ISO2500 WB:オート RAW

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 25.5MB
彦根城にて。国宝の彦根城、現在は工事中で天守閣全景を拝むことはできないが、ところどころ望むことができる個所に素晴らしさが溢れる。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

彦根城にて。
国宝の彦根城、現在は工事中で天守閣全景を拝むことはできないが、ところどころ望むことができる個所に素晴らしさが溢れる。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 32MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f4.5 1/125秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f4.5 1/125秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 6.2MB
こうした窓を構図に据えての構成は14mmクラスの超広角レンズお得意。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/125秒)-1.0補正 ISO200 WB:オート RAW

こうした窓を構図に据えての構成は14mmクラスの超広角レンズお得意。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/125秒)-1.0補正 ISO200 WB:オート RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 19.4MB
お庭から天守閣を臨むと、す〜っと雲が開けて青空が。水面に映る空も取り込んでフレーミングを行う。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/1000秒)-2.7補正 ISO100 WB:オート RAW

お庭から天守閣を臨むと、す〜っと雲が開けて青空が。水面に映る空も取り込んでフレーミングを行う。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/1000秒)-2.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 18.2MB
角度を変えてシンメトリーっぽく。こうしたダイナミックな構図は超広角レンズの面白さ。水面ギリギリにカメラを構え、シャッターを切る。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/640秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

角度を変えてシンメトリーっぽく。こうしたダイナミックな構図は超広角レンズの面白さ。水面ギリギリにカメラを構え、シャッターを切る。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/640秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 38.2MB
お堀には睡蓮が広がり、白い花を見せてくれていた。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/125秒)-2.3補正 ISO160 WB:オート RAW

お堀には睡蓮が広がり、白い花を見せてくれていた。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/125秒)-2.3補正 ISO160 WB:オート RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 21.5MB
彦根から京都に向かう。真っ黒な雲が上空を覆っていたが、京都駅を出ると京都タワーを夕日が照らし、なんともドラマチック。14mmなので、あたりの雲の様子も写し込めた。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/125秒) -1.3補正 ISO100  WB:オート RAW

彦根から京都に向かう。真っ黒な雲が上空を覆っていたが、京都駅を出ると京都タワーを夕日が照らし、なんともドラマチック。14mmなので、あたりの雲の様子も写し込めた。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/125秒) -1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 23.6MB
下鴨神社で行われていたアートフェスに。暑い京都の夏が、カラフルな卵が発するカラーに彩られている。様子だけでもと全景を。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f5.6 1/15秒) ISO16000 WB:オート RAW

下鴨神社で行われていたアートフェスに。暑い京都の夏が、カラフルな卵が発するカラーに彩られている。様子だけでもと全景を。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f5.6 1/15秒) ISO16000 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 9.2MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/30秒)-0.7補正 ISO400 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/30秒)-0.7補正 ISO400 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 9.2MB
京都に出向くと必ず立ち寄る先斗町。時間が遅いこともあり、数人の外国の方々が歩かれているだけだったが、その分、町並みをゆっくりと楽しまれていた。AFでスッとピントを合わせてしずかにシャッターを押した。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/30秒)-1.0補正 ISO640 WB:オート RAW

京都に出向くと必ず立ち寄る先斗町。時間が遅いこともあり、数人の外国の方々が歩かれているだけだったが、その分、町並みをゆっくりと楽しまれていた。AFでスッとピントを合わせてしずかにシャッターを押した。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/30秒)-1.0補正 ISO640 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 22.9MB
六角堂にて。朝食前の散歩コースにしているもので。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f4.0 1/30秒)-0.7補正 ISO500 WB:オート RAW

六角堂にて。朝食前の散歩コースにしているもので。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f4.0 1/30秒)-0.7補正 ISO500 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 18.3MB
最短撮影距離にて。MFに切り替えて、ピーキング機能を使い自分自身が前後することでピントを合わせていく。ここまで寄ると流石に背景は大きくボケる。もう5cm寄りたいなあ…が僕の感想。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/50秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

最短撮影距離にて。MFに切り替えて、ピーキング機能を使い自分自身が前後することでピントを合わせていく。ここまで寄ると流石に背景は大きくボケる。もう5cm寄りたいなあ…が僕の感想。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/50秒)-0.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 24.6MB
奈良にて。街かどアートと言うべきか、魅かれてシャッターを切ってみた。大胆に構図にいれ込める14mmは、こうしたシーンではとても便利。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f5.6 1/250秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

奈良にて。街かどアートと言うべきか、魅かれてシャッターを切ってみた。大胆に構図にいれ込める14mmは、こうしたシーンではとても便利。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f5.6 1/250秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 25.6MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/250秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f8.0 1/250秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 25.6MB
夏も終わりの日差しだが、日向のところと、その影が織りなすシーンを大胆に切り取れるこうした画に14mmの面白さを見つける。面白くて至る所の影にカメラを向けてしまう(笑)。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f3.5 1/1600秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAWW

夏も終わりの日差しだが、日向のところと、その影が織りなすシーンを大胆に切り取れるこうした画に14mmの面白さを見つける。面白くて至る所の影にカメラを向けてしまう(笑)。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f3.5 1/1600秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 19.7MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/320秒)-1.0補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/320秒)-1.0補正 ISO100 WB:オート RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 35.5MB
新薬師寺。大好きなお寺。小さいけど、とても神々しく感じる。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/320秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

新薬師寺。大好きなお寺。
小さいけど、とても神々しく感じる。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f7.1 1/320秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 37.6MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/500秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/500秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 26.4MB
新薬師寺の裏の道はまだまだ風情たっぷり。α7系はローポジションが得意。絞り開放で狙うことで、道はなだらかなボケに溶けていく。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/4000秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

新薬師寺の裏の道はまだまだ風情たっぷり。α7系はローポジションが得意。絞り開放で狙うことで、道はなだらかなボケに溶けていく。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/4000秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 26.2MB
こうしたところにも歴史が!SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

こうしたところにも歴史が!
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 25.6MB
春日神社のずらりと並んだ灯篭が参拝者をむかえる。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/100秒)-1.0補正 ISO100 WB:オート RAW

春日神社のずらりと並んだ灯篭が参拝者をむかえる。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/100秒)-1.0補正 ISO100 WB:オート RAW

写真25  実画像 ファイルサイズ:約 31.6MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f6.3 1/60秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f6.3 1/60秒)-1.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真26  実画像 ファイルサイズ:約 38MB
青空と松をクッキリと出したかった。乾いた空気と夏の日差しが表現できていて、このレンズを改めて頼もしく思えた。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f13 1/400秒)-2.3補正 ISO100 WB:オート RAW

青空と松をクッキリと出したかった。乾いた空気と夏の日差しが表現できていて、このレンズを改めて頼もしく思えた。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f13 1/400秒)-2.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真27  実画像 ファイルサイズ:約 20.9MB
意地悪な条件で絞り開放で撮影。中央部は絞り開放から素晴らしい描写。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/1000秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

意地悪な条件で絞り開放で撮影。中央部は絞り開放から素晴らしい描写。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/1000秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真28  実画像 ファイルサイズ:約 25.9MB
絞り開放でもシャープでキレのある描写を提供してくれる。ギスギスした感じはなく、クリアな印象を受ける画だ。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

絞り開放でもシャープでキレのある描写を提供してくれる。ギスギスした感じはなく、クリアな印象を受ける画だ。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/320秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真29  実画像 ファイルサイズ:約 29.4MB
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/125秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/125秒)-1.7補正 ISO100 WB:オート RAW

写真30  実画像 ファイルサイズ:約 28.1MB
デフォルメした画を撮りたくなるよね(笑)。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/100秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

デフォルメした画を撮りたくなるよね(笑)。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f11 1/100秒)-0.3補正 ISO100 WB:オート RAW

写真31  実画像 ファイルサイズ:約 25.4MB
0.2mまで寄ることができるので、それを生かした寄りのカットも面白い。AFは正確なので迷うことなくスッとピントが合う。SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/2000秒)-0,3補正 ISO100 WB:オート RAW

0.2mまで寄ることができるので、それを生かした寄りのカットも面白い。AFは正確なので迷うことなくスッとピントが合う。
SONY α7RⅢ 絞り優先AE(f2.8 1/2000秒)-0,3補正 ISO100 WB:オート RAW

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG AF14mm F2.8 FE

Go To Top

■ 総評

14mmという画角でのスナップは、16mm程度の超広角の画角に慣れていてもなお新鮮な画角で、たった2mm、されど2mmを感じることができる。AFはとても軽快で静か、コンパクトなα7シリーズとはベストマッチングなサイズで、片手にカメラを持ちながらブラブラと撮影して歩くのがなんとも楽しい。逆光時もフレアやゴーストが出にくく、光源が入ってきやすい画角だけに、安心してレンズを向けることができた。α6000系のAPS-Cサイズ機でも20mm相当の画角として楽しめるので、こちらでももってこいだ。

メーカー純正品はとかく金額が張るソニーEマウントレンズだが、コストパフォーマンスに優れたサムヤンレンズの中で、AFシリーズでは特にEマウントレンズは多くのユーザーに使って貰いたい。価格差を撮影の機会に充てることができるからだ。今回のAF14mmF2.8 FEもそう思った。やはり撮影に出かけてこそ、だと思う。これだけの超広角でAFで、かつ描写性能を考えたら、不満に思うユーザーはいないだろう…と思えてしまうほどの良いレンズだ。

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録