スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第9回
SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC


写真と文:萩原 和幸


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのはフルサイズ対応超広角 14mm 単焦点 MF レンズ「 SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC 」です。それではお楽しみください。  by 編集部

Index

Go To Top

■ 明るい超広角単焦点 MF レンズ

写真1
SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

今回は、サムヤンレンズ最人気レンズである 14mm F2.8 ED AS IF UMC。このレンズは、フルサイズなら 14mm という超広角レンズとして、APS-C サイズなら約 21mm とかなり広めの広角レンズとして、風景写真での撮影はもちろん、特に天体撮影をされるユーザーに絶大な人気を誇る。開放値 F2.8 という明るさに加え、開放からシャープで非常に高解像の画を提供してくれる上、サムヤンレンズ全てに言えるコストパフォーマンスに優れている。広大な風景撮影や天体撮影のように、遠景撮影では無限遠が基本となるので MF しかないのがデメリットにならない。

そこで今回は、無限遠がほとんどの天体撮影以外での撮影を試みることで、人気の理由をさらに掘り下げてみることにした。まずは SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC の基本情報を紹介しよう。

写真2
SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC を Canon EOS 5D Mark III に装着したところ

SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC を Canon EOS 5D Mark III に装着したところ

レンズ構成は 10 群 14 枚。そのうち、複合非球面レンズ( H-ASP )、高屈折低分散レンズ( HR ED )、Glass 非球面レンズ( AS )を配置した上に、UMC コーティグを施すことで、フレアとゴーストの発生を最小限に抑えている。最短撮影距離は 0.28m、絞り羽根は6枚の円形絞りだ。

今回は EF マウントということで、フルサイズのキャノン EOS 5D Mark III に装着して撮影した。レンズの重量は 550g( EF マウントの場合 )で、カメラとのバランズはすこぶる良い。

写真3
フードは固定の花形フードなので、フィルターは装着できない

フードは固定の花形フードなので、フィルターは装着できない

14mm という超広角レンズでのスナップ撮影、ここまで超広角レンズだと、デフォルメされた世界を割り切りながら撮影することになり、かえって清々しい。「 あの画角があれば…… 」などという考えは一切浮かばず、「 この画角でここをどうやって遊ぼうかな 」という面白みが先行する。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

Go To Top

■ スナップで試してみた

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 12.6MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/640 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/640 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 12.8MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/80 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/80 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 10.7MB
最短撮影距離 0.28m で撮影。さすが 14mm、近づいている感じがしない。背景はなだらかできれいなぼけ味だ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F2.8 1/640 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

最短撮影距離 0.28m で撮影。さすが 14mm、近づいている感じがしない。背景はなだらかできれいなぼけ味だ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F2.8 1/640 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 14.2MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F8.0 1/15 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F8.0 1/15 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 16.7MB
ほのぼのとした一場面。陰からこそっと見ているような遠近感が出て面白い  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/125 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

ほのぼのとした一場面。陰からこそっと見ているような遠近感が出て面白い
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/125 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 14.3MB
店先をちょこっと撮影させていただいた。老舗のお店らしい懐かしい店内外の空気を、ごそっと切り取る  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/160 秒 ) ISO:640 WB:太陽光 RAW

店先をちょこっと撮影させていただいた。老舗のお店らしい懐かしい店内外の空気を、ごそっと切り取る
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/160 秒 ) ISO:640 WB:太陽光 RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 10.2MB
寺田屋にて。開放値は F2.8 と明るく、円形絞りを採用しているので、玉ボケは丸く、ボケ味はきれいだ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F2.8 1/125 秒 ) ISO:500 WB:太陽光 RAW

寺田屋にて。開放値は F2.8 と明るく、円形絞りを採用しているので、玉ボケは丸く、ボケ味はきれいだ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F2.8 1/125 秒 ) ISO:500 WB:太陽光 RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 11.9MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F5.6 1/30 秒 ) ISO:12800 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F5.6 1/30 秒 ) ISO:12800 WB:太陽光 RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 13.3MB
青空の色の出方は鮮やかめで、透明感がある  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/250 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

青空の色の出方は鮮やかめで、透明感がある
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/250 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 16.9MB
目に入ったものは、大抵はカバーできる 14mm。こうしたカットでは、通常より一歩踏み込んで撮影する方がいい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/500 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

目に入ったものは、大抵はカバーできる 14mm。こうしたカットでは、通常より一歩踏み込んで撮影する方がいい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/500 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 9.2MB
絞り開放で、水の先を狙う。周辺光量落ちは当然なのだが、この水( この酒蔵で酒を仕込む時に使うお水 )を引き立てるようなドラマチックさがいい感じに  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F2.8 1/2500 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

絞り開放で、水の先を狙う。周辺光量落ちは当然なのだが、この水( この酒蔵で酒を仕込む時に使うお水 )を引き立てるようなドラマチックさがいい感じに
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F2.8 1/2500 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 10.5MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F4 1/125 秒 ) ISO:2500 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F4 1/125 秒 ) ISO:2500 WB:太陽光 RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 17.6MB
なんともこの街角は惹きつけられた。まずは全景を撮影  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/250 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

なんともこの街角は惹きつけられた。まずは全景を撮影
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/250 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 11.6MB
鳥居の間から。差し込んでいる光がなんとも美しい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F5.6 1/125 秒 ) ISO:1250 WB:太陽光 RAW

鳥居の間から。差し込んでいる光がなんとも美しい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F5.6 1/125 秒 ) ISO:1250 WB:太陽光 RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 13.4MB
しゃがみながら、人が通らない瞬間を狙いながら。鳥居の間を差し込む光と鳥居がとても美しい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F4.0 1/160 秒 ) ISO:4000 WB:太陽光 RAW

しゃがみながら、人が通らない瞬間を狙いながら。鳥居の間を差し込む光と鳥居がとても美しい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F4.0 1/160 秒 ) ISO:4000 WB:太陽光 RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 16.1MB
思わずニヤッとしてしまった看板とおじさん。古本屋での一角がゆるい西日の赤に染まり、それもまたいい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F4.0 1/125 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

思わずニヤッとしてしまった看板とおじさん。古本屋での一角がゆるい西日の赤に染まり、それもまたいい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F4.0 1/125 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 13.9MB
清々しいまでの奥行き感と、日差しの中にも静寂さが感じられ、それまでも写し込んでいる。大げさにではなく、さりげなく  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F5.6 1/125 秒 ) ISO:800 WB:太陽光 RAW

清々しいまでの奥行き感と、日差しの中にも静寂さが感じられ、それまでも写し込んでいる。大げさにではなく、さりげなく
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F5.6 1/125 秒 ) ISO:800 WB:太陽光 RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 13.8MB
絞り開放での周辺光量落ちがとてもドラマッチックで画になった。板塀の木の質感も伝わり、このレンズの開放での描写の面白さをまた感じてしまった  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F2.8 1/8000 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

絞り開放での周辺光量落ちがとてもドラマッチックで画になった。板塀の木の質感も伝わり、このレンズの開放での描写の面白さをまた感じてしまった
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F2.8 1/8000 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 10.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/640 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/640 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 14.0MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F11 1/80 秒 ) ISO:1000 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F11 1/80 秒 ) ISO:1000 WB:太陽光 RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 12.0MB
貴船神社にて、お着物の皆さまがおられたので、記念写真をお互いに撮りあった  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F4.0 1/60 秒 ) ISO:10000 WB:太陽光 RAW

貴船神社にて、お着物の皆さまがおられたので、記念写真をお互いに撮りあった
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F4.0 1/60 秒 ) ISO:10000 WB:太陽光 RAW

写真25  実画像 ファイルサイズ:約 14.2MB
小型三脚を使い撮影。直線はピシッと決まるレンズだからこそ、このような画は綺麗にハマる  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC  絞り優先 AE( F8.0 3.2 秒 ) ISO:800 WB:太陽光 RAW

小型三脚を使い撮影。直線はピシッと決まるレンズだからこそ、このような画は綺麗にハマる
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC
絞り優先 AE( F8.0 3.2 秒 ) ISO:800 WB:太陽光 RAW

Go To Top

■ 総評

主に天体撮影をされる方に絶大な支持を受けている当レンズ。開放値が明るく、天体撮影では無限遠での撮影がほとんどだが、通常のレンズは無限連での描写が一番良いと言われているので、MFでもデメリットを感じず、かつ一番良い箇所での描写を常用ということでの評判かと思うところもあった。しかし今回全く違うジャンルでのスナップ撮影で使い勝手や描写を見てみたが、評判はなるほど、確かに!と思えた。
14mmという画角はなかなか常用する画角ではないが、ハマると面白い。コルトパフォーマンスに優れているのは周知なので、興味で一本お手元に置かれてもいいかとおもう。多くの皆様が支持している理由が実感できるはずだ。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC

Go To Top

■ 制作・著作 ■
スタジオグラフィックス
萩原 和幸

■ モデル ■

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録