スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第5回
SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC


写真と文:萩原 和幸


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのはフルサイズ対応 50mm 単焦点レンズ「 SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ 懐かしい気持ちにさせてくれる SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC

写真1 SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC

 

SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC は 35mm フルサイズフォーマット用としてデザインされたマニュアルレンズで、レンズ構成6群9枚。Glass 非球面レンズと複合非球面レンズを採用、各収差を良好に補正しつつ、フレアとゴーストを最大限に抑えるウルトラコーティング仕上げだ。絞り羽根は8枚。フィルター径は 77mm。

マウントは、ニコンF、キヤノン EF、ペンタックスK、ソニー A/E、キヤノンM、富士フイルムX、マイクロフォーサーズと、ほとんどのマウントが用意されている。今回はキヤノン EF マウントをご用意いただいたので、カメラは EOS 5D Mark III とした。

「 標準レンズ 」と言われる 50mm は、各メーカーが威信をかけてつくりだしてきた焦点距離で、今更この場で標準レンズ論を語る必要もないだろう。興味があるのは、「 どんな写りをする 50mm レンズなのか 」だと思うので、このことを中心にレビューしてみた。

写真2 SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC + CANON EOS 5D Mark III

 

カメラに装着したレンズの第一印象は、開放値 f1.4 としてのバランスの良さだ。EOS 5D Mark III には縦位置グリップはつけずにカメラボディ単体にこのレンズを装着してみたが、マニュアルフォーカスの単焦点 50mm レンズのおかげか、写真を始めた頃の新鮮な気持ちが蘇って、なぜか懐かしい気持ちになった。

被写体にレンズを向け、ピント合わせをする。ファインダーでじわりとピントが合ってくる様を楽しむ。そんな当たり前の行為を一層楽しく感じさせてくれた。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC

Go To Top

■ スナップで試してみた

写真5 実画像 ファイルサイズ:約 10.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/8000 秒) -0.3 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/8000 秒) -0.3 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真6 実画像 ファイルサイズ:約 12.0MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f5.6半 1/400 秒) ISO:200  WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f5.6半 1/400 秒) ISO:200  WB:オート RAW

写真7 実画像 ファイルサイズ:約 11.1MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒) ISO:1250 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒) ISO:1250 WB:オート RAW

写真8 実画像 ファイルサイズ:約 10.5MB
最短撮影距離は 0.45m で、50mm 単焦点レンズとしては標準的。開放 F1.4 で撮影すると被写界深度はとても浅い。体を前後させながら、ファインダー内でピントを見つつ撮影  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/200 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

最短撮影距離は 0.45m で、50mm 単焦点レンズとしては標準的。開放 F1.4 で撮影すると被写界深度はとても浅い。体を前後させながら、ファインダー内でピントを見つつ撮影
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/200 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真9 実画像 ファイルサイズ:約 12.3MB
遠景を誇張せず、見たままに撮影する。発色はややあっさりした印象  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f8.0 1/500 秒) ISO:400 WB:オート RAW

遠景を誇張せず、見たままに撮影する。発色はややあっさりした印象
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f8.0 1/500 秒) ISO:400 WB:オート RAW

写真10 実画像 ファイルサイズ:約 9.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/3200 秒) ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/3200 秒) ISO:200 WB:オート RAW

写真11 実画像 ファイルサイズ:約 10.6MB
面白いものは面白い部分をそのまま切り取る。標準レンズ的な使い方だなあ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒) ISO:200 WB:オート RAW

面白いものは面白い部分をそのまま切り取る。標準レンズ的な使い方だなあ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒) ISO:200 WB:オート RAW

写真12 実画像 ファイルサイズ:約 11.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒) ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒) ISO:200 WB:オート RAW

写真13 実画像 ファイルサイズ:約 4.7MB
室内の限られた光量の下での撮影は、開放値の明るいレンズは有利。乏しい光を拾うように、丁寧にピントを合わせていく  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒) -1.3 EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

室内の限られた光量の下での撮影は、開放値の明るいレンズは有利。乏しい光を拾うように、丁寧にピントを合わせていく
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒) -1.3 EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

写真14 実画像 ファイルサイズ:約 7.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/2000 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/2000 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真15 実画像 ファイルサイズ:約 10.3MB
差し込む光が囲炉裏の煙を照らし、幻想的なラインを生み出す。ファインダーで差し込む光のラインにピントを合わせていく  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/13 秒) -1.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

差し込む光が囲炉裏の煙を照らし、幻想的なラインを生み出す。ファインダーで差し込む光のラインにピントを合わせていく
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/13 秒) -1.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真16 実画像 ファイルサイズ:約 11.4MB
街道筋を行き交う様子がわかるように、絞りを一つ絞って被写界深度をやや稼いでの撮影。このレンズの絞りは半段クリック。でも f1.4 ~ f2 と f16 ~ f22 の間にはクリックがない。特に困ることはないが……  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/5000 秒) -0.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

街道筋を行き交う様子がわかるように、絞りを一つ絞って被写界深度をやや稼いでの撮影。このレンズの絞りは半段クリック。でも f1.4 ~ f2 と f16 ~ f22 の間にはクリックがない。特に困ることはないが……
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/5000 秒) -0.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真17 実画像 ファイルサイズ:約 11.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/800 秒) ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/800 秒) ISO:400 WB:オート RAW

写真18 実画像 ファイルサイズ:約 11.9MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒) ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒) ISO:400 WB:オート RAW

写真19 実画像 ファイルサイズ:約 12.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/4000 秒) ISO:800 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/4000 秒) ISO:800 WB:太陽光 RAW

写真20 実画像 ファイルサイズ:約 9.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/2500 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/2500 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真21 実画像 ファイルサイズ:約 9.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f4.0 1/125 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f4.0 1/125 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真22 実画像 ファイルサイズ:約 7.0MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/320 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/320 秒) +0.7 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真23 実画像 ファイルサイズ:約 9.7MB
レトロな時計に映り込めれた洋館。時を封じ込めた雰囲気が、このレンズの描写にマッチ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/2500 秒) -0.3 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

レトロな時計に映り込めれた洋館。時を封じ込めた雰囲気が、このレンズの描写にマッチ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/2500 秒) -0.3 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真24 実画像 ファイルサイズ:約 11.1MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/80 秒) +2.0 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/80 秒) +2.0 EV 補正 ISO:400 WB:太陽光 RAW

写真25 実画像 ファイルサイズ:約 10.5MB
開放 f1.4 +近接撮影でボケをチェックしていく。綺麗な円形ではないし、周辺部に行くにしたがってラグビー型になるが、丸ボケについてはさほど汚く感じない。ボケはややクセがあり  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/3200 秒) -0.3 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

開放 f1.4 +近接撮影でボケをチェックしていく。綺麗な円形ではないし、周辺部に行くにしたがってラグビー型になるが、丸ボケについてはさほど汚く感じない。ボケはややクセがあり
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/3200 秒) -0.3 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真26 実画像 ファイルサイズ:約 9.6MB
最短撮影距離 0.45m、開放 f1.4 で撮影。ボケ味は昭和のフィルム一眼用レンズを彷彿とさせる、ややもっさりした懐かしい印象。ただ大きく暴れる感じはしないので、現代レンズっぽくない、ひと味違う面白みで私自身は大好物  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/8000 秒) -1.0 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

最短撮影距離 0.45m、開放 f1.4 で撮影。ボケ味は昭和のフィルム一眼用レンズを彷彿とさせる、ややもっさりした懐かしい印象。ただ大きく暴れる感じはしないので、現代レンズっぽくない、ひと味違う面白みで私自身は大好物
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/8000 秒) -1.0 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真27 実画像 ファイルサイズ:約 11.0MB
開放での撮影でも、光の差す傘の生地が再現されている  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f5.6 1/40 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

開放での撮影でも、光の差す傘の生地が再現されている
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f5.6 1/40 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真28 実画像 ファイルサイズ:約 10.0MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/200 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/200 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真29 実画像 ファイルサイズ:約 19.9MB
立ち止まった足元をパシャリ。F2.8 に絞っているのでそこそこシャープさは出てきているが、柔らかい、優しい印象の描写  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/800 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

立ち止まった足元をパシャリ。F2.8 に絞っているのでそこそこシャープさは出てきているが、柔らかい、優しい印象の描写
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/800 秒) -0.7 EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真30 実画像 ファイルサイズ:約 11.1MB
f11 でキリッと写し込む。水面もスッキリと写し込まれて、それでいて窮屈さを感じさせるほどのシャープ感もなく、心地いい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f11 1/125 秒) -2.0 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

f11 でキリッと写し込む。水面もスッキリと写し込まれて、それでいて窮屈さを感じさせるほどのシャープ感もなく、心地いい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f11 1/125 秒) -2.0 EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

昨今の標準レンズは、当然のようにシャープでキリッとピントが合い、ボケも全くクセの感じられないニュートラルなものが多い。そんな中、どこか懐かしい、レトロなボケ具合とやわらかな描写が好印象な「 SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC 」。フィルム時代の MF 一眼レフ用レンズを、マウントアダプターを介して撮影する方を多く見かけるが、当時の懐かしい感じの写りを求めるのなら、高画素に耐えうる設計ながら、昭和チックな写りをしてくれる「 SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC 」を選択肢に加えてみてはいかがだろう。マウントアダプターを介さずに装着できるし。実絞りなのでミラーレス機のほうが相性は良いように思う。

いずれにせよ、高画素対応ながらレトロチックな描写を見せてくれる、こうしたレンズは貴重かと思う。ましてや 50mm、使い勝手の面でも、持ち出すフィールドは多いと思う。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録