スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第7回
SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO


写真と文:萩原 和幸  モデル:鈴木海那


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのはフルサイズ対応 100mm 単焦点マクロレンズ「 SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ レンズ構成 12 群 15 枚の贅沢マクロ

写真1
SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO 単体( 左 )と、レンズフードを装着したところ( 右 )

SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO 単体( 左 )と、レンズフードを装着したところ( 右 )

「 SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO 」は、35mm フルサイズフォーマット用としてデザインされたマニュアルレンズ。100mm 近辺のマクロレンズは、それこそ本当に多くのメーカーが販売している、単焦点レンズの「 激選区 」。需要があるといえばそれまでだが、ユーザーがそれだけ使い勝手が良く、かつ魅力に感じている焦点距離のマクロレンズであるということだ。開放値は F2.8 、100mm マクロとしては一番多い開放値だ。これだけフラットな条件となると、マニュアルフォーカス( MF )であることを勘案しても、描写に自信があることがうかがえる。

写真2
SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO を Canon EOS 5D MarkIII に装着したところ( 上 )と、レンズフードを装着したところ( 下 )

SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO を Canon EOS 5D MarkIII に装着したところ( 上 )と、レンズフードを装着したところ( 下 )

このレンズのレンズ構成は 12 群 15 枚。ものすごい贅沢ぶりで、さらに高屈折レンズ( HR )1枚と低分散レンズ( ED )1枚を採用。フレアとゴーストを最大限に抑えるウルトラコーティング仕上げも施していて、描写への追求が本気でなされていることがよく分かる。造りも高硬度アルミ合金の鏡筒で、梨地仕上げの高級感が漂う、とても上品な仕上がり。そのためか、MF で手ぶれ補正機構も持たないのに 720g( キヤノン EF マウント )とやや重めに感じるが、カメラに装着したバランスはとても良い。絞り羽根は9枚。フィルター径は 67mm だ。

マウントは、ニコンF、キヤノン EF、ペンタックスK、ソニー A/E、キヤノンM、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ、とほとんどのマウントがラインナップ。本記事での撮影はキヤノン EF マウントで、カメラは Canon EOS 5D MarkIII を使った。

先に述べたが、カメラに装着したレンズとのバランスは良好。私は EOS 5D MarkIII に縦位置フォルダーを付けずに撮影したが、持ちやすかった。フォーカスリングのトルク感はマクロレンズらしくピントリングはやや重めだが大柄で、とても軽快に扱える。絞りは 1/2 段クリック。最大絞りは f32。

マクロレンズといえば、花や昆虫などが定番の被写体だ。しかし一方で、100mm という中望遠レンズでもある。せっかく私がレビューしているのだから、被写体はポートレートにしてみることにした。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO

Go To Top

■ ポートレートで試してみた

結論から書くと、ポートレートでのキレやボケ味は十分にうかがえた。基本、絞りは開放で撮影してみた。ぜひ作例写真の「 実画像 」をクリックして、拡大してピント面をご覧いただきたい。ギスギスした感じはなく、すっきりとしたピント面でとてもクリアな印象。カリカリ感はポートレートでは避けたいところだが、そのような感じは一切見られない、素晴らしい描写だ。

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真3  実画像 ファイルサイズ:約 11.3MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/1000 秒)+0.7 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/1000 秒)+0.7 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒)+1.3 補正 ISO:200  WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒)+1.3 補正 ISO:200  WB:太陽光 RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒) +2.3 補正 ISO:200  WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒) +2.3 補正 ISO:200  WB:太陽光 RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 9.2MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 9MB
彼女の左の瞳にピント位置があり、そこから柔らかなボケが広がっているのがよく分かる  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

彼女の左の瞳にピント位置があり、そこから柔らかなボケが広がっているのがよく分かる
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 9.9MB
中望遠の最短撮影距離を考えずにアップを狙えるのもマクロレンズのいいところ。MF で慎重にピント合わせをするのなら、特にデメリットを感じない  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

中望遠の最短撮影距離を考えずにアップを狙えるのもマクロレンズのいいところ。MF で慎重にピント合わせをするのなら、特にデメリットを感じない
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 9.3MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 9.4MB
屋内でのポートレートで、しかも 100mm ということから、アップ気味のカットを狙いたくなる。そこで気になるのは肌の質感の出方だが、キレッキレではないので、自然な肌感を捉えることができる  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

屋内でのポートレートで、しかも 100mm ということから、アップ気味のカットを狙いたくなる。そこで気になるのは肌の質感の出方だが、キレッキレではないので、自然な肌感を捉えることができる
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 8.5MB
ちょっと恥ずかしいと言いながらも、アップで撮影させてくれました。舌と唇の潤い感の再現を是非ご覧いただきたい  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

ちょっと恥ずかしいと言いながらも、アップで撮影させてくれました。舌と唇の潤い感の再現を是非ご覧いただきたい
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒)+1.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 11.7MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒)+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒)+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 9.8MB
点光源の丸ボケのチェック。円形ボケではないものの、中心部の丸ボケは悪くない。むしろボケの柔らかさに目がいく結果となった  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

点光源の丸ボケのチェック。円形ボケではないものの、中心部の丸ボケは悪くない。むしろボケの柔らかさに目がいく結果となった
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 9.6MB
太陽を構図に入れた、とても意地悪なカット。思った以上に逆光に強い  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+2.0 補正 ISO:400 WB:オート RAW

太陽を構図に入れた、とても意地悪なカット。思った以上に逆光に強い
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/100 秒)+2.0 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 11.3MB
中望遠らしい圧縮効果を狙う。やや距離感を出すには丁度いい焦点距離なのが 100mm 前後だなと思う  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+2.0 補正 ISO:400 WB:オート RAW

中望遠らしい圧縮効果を狙う。やや距離感を出すには丁度いい焦点距離なのが 100mm 前後だなと思う
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+2.0 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 11.8MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 10.3MB
f4.0 での玉ボケ。丸ではないものの、印象は悪くない。一つ絞るとボケすぎず、バストアップではとても使いやすい  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

f4.0 での玉ボケ。丸ではないものの、印象は悪くない。一つ絞るとボケすぎず、バストアップではとても使いやすい
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f4.0 1/100 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 10.5MB
f4.0 での玉ボケ。丸ではないものの、印象は悪くない  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f4.0 1/500 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

f4.0 での玉ボケ。丸ではないものの、印象は悪くない
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f4.0 1/500 秒)+1.3 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 10.1MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f4.0 1/320 秒)+1.7 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f4.0 1/320 秒)+1.7 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 9.8MB
冬の光を、コントラストをつけて表現。絞ると一層キレが増す。この辺りの絞りがキレのピークかな、という感じ  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f8.0 1/2000 秒)-1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

冬の光を、コントラストをつけて表現。絞ると一層キレが増す。この辺りの絞りがキレのピークかな、という感じ
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f8.0 1/2000 秒)-1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 9.8MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒)+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒)+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 9.3MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒)+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒)+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 9.6MB
こうしたスナップも得意なのが 100mm。マクロなので被写体に躊躇なく寄れるから、ブラブラと散歩しながらの撮影にはもってこいだ  Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/500 秒)-1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

こうしたスナップも得意なのが 100mm。マクロなので被写体に躊躇なく寄れるから、ブラブラと散歩しながらの撮影にはもってこいだ
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/500 秒)-1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 4.0MB
Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO  絞り優先 AE( f2.8 1/1000 秒)-1.0 補正 ISO:800 WB:オート RAW

Canon EOS 5D MarkIII + SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO
絞り優先 AE( f2.8 1/1000 秒)-1.0 補正 ISO:800 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

ポートレートでは中望遠といえば 85mm が定番。しかし最短撮影距離が 0.8m 程度と、「 最短撮影距離の壁 」が立ちはだかる。それはそれでポートレートでモデルとの距離をキープする指標になってはいるのだが、一方で、もう少し近づきたいというジレンマを感じることも確かだ。そこで、近距離での描写は特にキレが良く、かつ「 最短撮影距離の壁 」に邪魔にされることなく接近戦に対応できる 100mm マクロは、ポートレートにうってつけのレンズだ。

この SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO はマニュアルフォーカスで手振れ補正も持たないことから、コストパフォーマンスのイメージが強いサムヤンレンズからすれば、少々割高な感じがしないでもない。しかし、上品でキレのある描写と、滑らかに溶けてゆく奥行きのあるボケを見れば、納得がいく。花などの植物を狙うのなら、MF でも十分対応できるし、スナップならなおさら。ポートレートでは絞りをかけての撮影場面が多いだけに、ピント合わせには慎重さが求められるが、それならマニュアルフォーカスでも同じ。逆にフレーミングとともにじっくり慌てず構えれば良い。本気度マックスの描写性能を一度味わってほしい。マクロレンズお探しの人は、ぜひお試しいただきたいレンズだ。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 100mm F2.8 ED UMC MACRO

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録