スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第3回
SAMYANG AF 35mm F2.8 FE


写真と文:萩原 和幸


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す新連載「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのはフルサイズ対応 35mm 単焦点レンズ「 SAMYANG AF 35mm F2.8 FE 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ 小さくて軽いフルサイズ対応の 35mm AF レンズ

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真1  実画像 ファイルサイズ:約 19.0MB
今回のロケ地は歴史的景観で有名な高山市。この日も暑く、「 氷 」の文字がひらひら。SAMYANG AF 35mm F2.8 FE の絞り開放時の滑らかなボケ具合が街並みの雰囲気をしっとりと伝えてくれる  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒 ) ISO:100 WB:オート RAW

今回のロケ地は歴史的景観で有名な高山市。この日も暑く、「 氷 」の文字がひらひら。SAMYANG AF 35mm F2.8 FE の絞り開放時の滑らかなボケ具合が街並みの雰囲気をしっとりと伝えてくれる
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/200 秒 ) ISO:100 WB:オート RAW

本連載の第3弾は、「 SAMYANG AF 35mm F2.8 FE 」。このレンズはフルサイズセンサーに対応した AF レンズだ。FE マウントということでソニーαシリーズ用。α7 シリーズや α9 にはフルフレームのワイド寄りの 35mm レンズとして使え、α6000 系をはじめとする APS-C センサー機では、35mm 版換算で 52mm 画角となり、いわゆる「 標準 」レンズとして使える。

写真2 Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
今回もカメラは Sony α7RII

今回もカメラは Sony α7RII

とにかく「 小さくて軽い 」。装着していることを忘れてしまうのではないか……と思えてしまうほど。これなら、付けっ放しで一日中持ち歩いても疲れは最小限にできる。

写真3 フード装着時 
ドーム型でバヨネット式のレンズフード

ドーム型でバヨネット式のレンズフード

フードはドーム型が付属。バヨネット式で全くかさばらず。シンプルで一体感があってとてもいい感じだ。レンズの箱を開梱するとき、レンズにフードが装着されているにもかかわらず、箱の中でフードを探してしまったくらいだ。

写真4 フィルター装着時の注意 

 

フィルター系は 49mm で切ってあるが、フィルターをつけてしまうとレンズキャップをつけられなくなってしまう。一方、フードには 40.5mm のネジが切ってあるので、フィルターはこちらにつけるといいだろう。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG AF 35mm F2.8 FE

Go To Top

■ 高山市街のスナップ作例でレンズ紹介

早速撮影に出かける。コンパクトで軽量なため、レンズの取り回しは最高。お散歩撮影にも最適だ。35mm という画角は、今の私にとってはスタンダードな画角で、撮影の中心となっている。やや広角的な性格が出るものの、その場の状況を、視角的に捉えることができるので、とても扱いやすい。スナップでも風景でも、ポートレートでも、多くのジャンルで活躍するのが 35mm だ。

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真5 実画像 ファイルサイズ:約 20.3MB
立ち寄った喫茶店にて。電気の傘がレトロで可愛らしかった。素直な画角に見え、その実、ややゆとりを持って撮影できるのが 35mm だ  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

立ち寄った喫茶店にて。電気の傘がレトロで可愛らしかった。素直な画角に見え、その実、ややゆとりを持って撮影できるのが 35mm だ
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真6 実画像 ファイルサイズ:約 25.7MB
ふと気がついたものに、すぐにカメラを向けられる。AF の合焦速度は早い  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:1000 WB:オート RAW

ふと気がついたものに、すぐにカメラを向けられる。AF の合焦速度は早い
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:1000 WB:オート RAW

写真7 実画像 ファイルサイズ:約 23.7MB
高山駅前。昼食で立ち寄った食堂にて。本場高山ラーメン、私にはちょっとしょっぱかったな  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:1250 WB:オート RAW

高山駅前。昼食で立ち寄った食堂にて。本場高山ラーメン、私にはちょっとしょっぱかったな
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:1250 WB:オート RAW

写真8 実画像 ファイルサイズ:約 18.9MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f6.3 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f6.3 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真9 実画像 ファイルサイズ:約 25.2MB
こうしたちょっとしたことにもレンズを向けたくなるのは、やはりコンパクトなカメラにコンパクトなレンズを装着しているからかな、と思う  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f6.3 1/100 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

こうしたちょっとしたことにもレンズを向けたくなるのは、やはりコンパクトなカメラにコンパクトなレンズを装着しているからかな、と思う
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f6.3 1/100 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真10 実画像 ファイルサイズ:約 22.9MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 )  ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 )
ISO:100 WB:オート RAW

写真11 実画像 ファイルサイズ:約 17.8MB
35mm は見た目感覚でのスナップを楽しめる。AF は速いので、アッと思った瞬間に素早く対応してくれた  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/2500 秒 )  ISO:100 WB:オート RAW

35mm は見た目感覚でのスナップを楽しめる。AF は速いので、アッと思った瞬間に素早く対応してくれた
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/2500 秒 )
ISO:100 WB:オート RAW

写真12 実画像 ファイルサイズ:約 18.9MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真13 実画像 ファイルサイズ:約 24.4MB
ヤカンの金属感や木の部分の濡れた感じなど、思っている以上に繊細な描写だ  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒 ) -0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

ヤカンの金属感や木の部分の濡れた感じなど、思っている以上に繊細な描写だ
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/640 秒 ) -0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真14 実画像 ファイルサイズ:約 27.6MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/400 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/400 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真15 実画像 ファイルサイズ:約 24.2MB
最短撮影距離で撮影。最短撮影距離は 0.35m だが、パンケーキタイプの 40mm 前後のレンズでは一般的だろう。でももうちょっと寄れたらいいなあと思う。0.25m くらいがいいかな  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

最短撮影距離で撮影。最短撮影距離は 0.35m だが、パンケーキタイプの 40mm 前後のレンズでは一般的だろう。でももうちょっと寄れたらいいなあと思う。0.25m くらいがいいかな
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真16 実画像 ファイルサイズ:約 26.4MB
同じく最短撮影距離にて撮影。ピント位置は右上の水滴。水滴の描写もクリアでいい感じだ  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/1600 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

同じく最短撮影距離にて撮影。ピント位置は右上の水滴。水滴の描写もクリアでいい感じだ
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/1600 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真17 実画像 ファイルサイズ:約 18.0MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:160 WB:マニュアル RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:160 WB:マニュアル RAW

写真18 実画像 ファイルサイズ:約 22.7MB
右に配置されている仏像にピントを合わせ撮影。歴史を感じさせる仏像の細やかな描写に立体的な空気感も写しこめた  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f3.2 1/60 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:1250 WB:オート RAW

右に配置されている仏像にピントを合わせ撮影。歴史を感じさせる仏像の細やかな描写に立体的な空気感も写しこめた
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f3.2 1/60 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:1250 WB:オート RAW

写真19 実画像 ファイルサイズ:約 26.0MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f13 1/60 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:500 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f13 1/60 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:500 WB:オート RAW

写真20 実画像 ファイルサイズ:約 19.2MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f13 1/60 秒 ) -3.0EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f13 1/60 秒 ) -3.0EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

写真21 実画像 ファイルサイズ:約 19.1MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/60 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真22 実画像 ファイルサイズ:約 25.0MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f7.1 1/2500 秒 ) -2.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f7.1 1/2500 秒 ) -2.0EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真23 実画像 ファイルサイズ:約 19.9MB
全体的には、色に厚みがあり乗ってくる印象。風景はもちろん、このような歴史的建築物の重厚感の表現には向いている  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f7.1 1/1250 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

全体的には、色に厚みがあり乗ってくる印象。風景はもちろん、このような歴史的建築物の重厚感の表現には向いている
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f7.1 1/1250 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真24 実画像 ファイルサイズ:約 22.2MB
観光船の受付にいた名物の船主猫様。片手でもすっと扱えるほどカメラもレンズの軽いので、本当に楽。背景には玉ボケ。7枚の円形絞りとなっているが、完全な円形ではない。でも気になる範囲でもない  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/500 秒 ) -0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

観光船の受付にいた名物の船主猫様。片手でもすっと扱えるほどカメラもレンズの軽いので、本当に楽。背景には玉ボケ。7枚の円形絞りとなっているが、完全な円形ではない。でも気になる範囲でもない
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/500 秒 ) -0.3EV 補正 ISO:100 WB:オート RAW

写真25 実画像 ファイルサイズ:約 20.6MB
昼食の海鮮丼を食堂でテーブルフォト風にスナップ。フルサイズで撮影しているとは思えない気軽さ。こうしたところでもコンパクトさの良さが現れる  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f4.0 1/60 秒 )  ISO:100 WB:オート RAW

昼食の海鮮丼を食堂でテーブルフォト風にスナップ。フルサイズで撮影しているとは思えない気軽さ。こうしたところでもコンパクトさの良さが現れる
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f4.0 1/60 秒 )
ISO:100 WB:オート RAW

写真26 実画像 ファイルサイズ:約 22.4MB
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒 )  ISO:100 WB:オート RAW

Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f2.8 1/160 秒 )
ISO:100 WB:オート RAW

写真27 実画像 ファイルサイズ:約 19.4MB
日没後、空が完全に暗くなってしまう直前。手持ち撮影。お城も、お城が映った水面も、シャープで綺麗だ  Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE  絞り優先 AE( f3.2 1/50 秒 ) -3.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

日没後、空が完全に暗くなってしまう直前。手持ち撮影。お城も、お城が映った水面も、シャープで綺麗だ
Sony α7RII + SAMYANG AF 35mm F2.8 FE
絞り優先 AE( f3.2 1/50 秒 ) -3.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

描写はシャープだが、強いキレ感ではなく、どちらかといえば柔らかめ。かといって腰のない描写ではないので、どのジャンルにも使いやすい。ボケはいたってナチュラル。開放値は F2.8 なので、大きくボカすことはできないが、ボケが自然な分、主たる被写体を浮かび上がらせながらも、状況説明的なボケを作るのには向いている。絞り開放から満足のいく描写を提供してくれるので、軽量に利点を生かし、光の乏しいところでも活躍してくれそうだ。総合的な判断として、価格を考えても十分すぎるほどの描写力に、AF 速度と小型軽量。ボディキャップレンズと言ったら申し訳ないが、とっさの撮影に十二分に使えるレンズなので、カメラボディに付けっ放しにしておくレンズとしてオススメだ。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG AF 35mm F2.8 FE

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録