スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

高桑正義のポートレートライティング 術
~ LEDライト (後編)


takakuwa002

Photo & Text:高桑正義 モデル:いのうえのぞみ 撮影協力:アガイ商事


TOPIX

前回の前編は大きな反響をいただきまして誠にありがとうございます。お待たせいたしました!後編のライティングパターンをご紹介いたします。今回も引き続き写真映像用製品の輸出入を中心に幅広い取扱製品を誇るアガイ商事株式会社の協力を得てお届けします。フォトグラファーは高桑正義氏、モデルはいのうえのぞみさんです。 by 編集部

■ メーカーオンラインサイトはこちら ■

アガイ商事ではキャンペーンを実施中!2020/11/20-12/20 クーポンコード SGLED を入力すると記事中の LED が5%オフで購入できます!

Go To Top

こんにちは。フォトグラファーの高桑正義です。前回の記事はいかがでしたか?後編も3つのライティングパターンをご紹介しましょう。

Index

1.Beauty portrait 04

ライティング図 04

125416487_368884664212725_3160991694168990037_n

[ 使用機材 ]
・メインライト
Aputure Amaran AL-MC × 3

Aputure Amaran AL-MC

Aputure Amaran AL-MC

※画像クリックでアガイ商事(株)の製品ページに遷移します。(外部サイト)

このライティングは光の三原色(RGB)の原理をつかったライティングだ。

図 1

rgb-cmyk

光の三原色では RGB の三色が正しい分量で重なると白になるという原理をつかっている。
モデルに適当な分量で三色を当てることでしっかり肌色がでる。ズレた部分は色が変わって見えるので、彩色豊かな写真に仕上がる。ぜひやってみてほしい。

アプチャーAL-MC は演色性が高く、正確な RGB を出すことができる。これができるおかげで今回の撮影ではアプチャーSidus Link(サイダス・リンク)アプリで設定し、サクっとセッティングをすることができた。アプチャーSidus Link(サイダス・リンク)アプリの設定法も直感的に扱えるのでお勧めできる。このライティングはモデルとライトの距離感、光量が均一に当たる必要があるため、ライトの置く場所を調整する必要があるので、肌色がしっかりでるまでライトを動かしながらのセッティングが必要だ。

アプリの設定は RGB の設定は光量、明度 Value・Brightness(%): 色相 Hue(度) : 彩度 Saturation(%)の三つの成分で表記されることが多い。

R(光量100% H:0度 S100%)
G(光量100% H:120度 S100%)
B(光量100% H:240度 S100%)

図 2
AL-MCのように正確なライトを使い、色相(Hue)を 120度ずつずらして、3個のライトの合計が360度になるように設定をすれば様々な色で同様のことができるようになる。

AL-MCのように正確なライトを使い、色相(Hue)を 120度ずつずらして、3個のライトの合計が360度になるように設定をすれば様々な色で同様のことができるようになる。

Aputure Amaran AL-MC 4灯キットも販売されている。

https://www.agai-jp.com/products/brand-search/aputure/amaran/1932-al-mc-4kit.html

作例7
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 3200 f/2 1/60s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 3200 f/2 1/60s

作例8
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 3200 f/2 1/60s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 3200 f/2 1/60s

Go To Top

2.Beauty portrait 05 ~ RGB ライティング ディフューザーカバーあり~

カバーなしとライト位置は変えずに同封してあるディフィーザーカバーをつけてライティングしている。多少光量は落ちるが光のシリコンのディフィーザーカバーを投下した分、ハイライト部のイメージが滑らかになり、柔らかな印象になっているのがわかるだろう。人物を撮るときはディフィーザーカバーをつけた方が仕上げが楽になるのでおすすめだ。ポージングにより光のズレがうまれ、いろいろな雰囲気を楽しむことができる。

作例9
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 3200  f/2  1/50s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 3200 f/2 1/50s

作例10
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 3200  f/2  1/50s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 3200 f/2 1/50s

Go To Top

3.Beauty Portrait 06

ライティング図 06

Beauty Portrait 05

[ 使用機材 ]
・メインライト
ライト broncolor F160

F160

・アクセサリー
Pソフト + ディフューザーフィルター + ハニカムグリッド

・アクセントライト
ライト broncolor F160
アクセサリー P70リフレクター

P70リフレクター

P70リフレクター

メインライトは broncolor F160 ( Pソフト + ディフューザー + ハニカムグリッド )を陰影が美しく、肌質やメイクの質感を出した立体感のあるライティングを施し、アクセントライトは broncolor F160(P70リフレクター)で背景バック飛ばしをし、その前に黒いカポックを置くことでくっきりしたコントラストの高い白黒背景を作ることができる。

メインライトで使った F160 は安定した光を提供してくれ、ブロンカラーのアクセサリーがすべて使える LEDライトだ。Pソフトは明暗のグラデーションが美しく、肌やメイクの質感を印象的に表現出来ることから、名称の通り、ビューティー撮影で重宝されている定番アクセサリーだ。さらに柔らかくするディフィーザーフィルターで柔らかくし、その柔らかくした光を収束することで全体的に特殊な背景と馴染ませることができる。

黒カポックを半分背景にして黒白背景
メイン broncolor F160(Pソフト+ディフューザー)
背景バック飛ばし F160(P70リフレクター)

作例11
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 400  f/2  1/100s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 400 f/2 1/100s

作例12
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR ISO 400  f/2  1/100s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
ISO 400 f/2 1/100s

Go To Top

4.Beauty portrait 07

ライティング図 07

127621386_1141085396331224_4436649172733436135_n

カポック黒でしめて、背景用として足元の低い位置に F160 + P70 、最後に風あり。

[ 使用機材 ]
・メインライト
ライト fotodiox ( フォトディオックス )C-700 RSV

10011252_560cade82b60d

・アクセントライト
ライト broncolor F160
・アクセサリー
P70リフレクター

シンプルなモノクロポートレートライティングだ。今回メインライトで使ったフォトディオックス C-700 RSV は丸い形状でバイカラーの世界最薄 520 mm x 50 mm のLEDライトだ。丸型で粒が出ないパネルを使用した LEDライトでポートレートや人物撮影にアイキャッチを丸くきれいに出すことができる。照射角が広く素直でわかりやすい照射なので、陰影調整がしやすく扱いやすかった。肌の質感、階調、ヘアライトも出しやすかった。ポートレートや商品撮影など様々なジャンルで使えるライト機材だ。

アクセントライトは broncolor F160とP70リフレクターで足元から背景に照射している。背景に当てる光量調整でイメージ、雰囲気を変えることができる。

作例13
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
 ISO 400  f/2  1/100s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR

ISO 400 f/2 1/100s

作例14
Camera : FUJIFILM GFX100 Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR
 ISO 400  f/2  1/100s

Camera : FUJIFILM GFX100
Lens : FUJIFILM FUJINON GF110mmF2 R LM WR

ISO 400 f/2 1/100s

Go To Top

5.まとめ

昨今、フォトグラファーも写真と同時に動画を撮ることも増えてきたのでストロボライティングだけではなく定常光ライティングも必須の能力になってきている。今回使用したライトはストロボライトと同様の感覚で扱えるのですごくフォトグラファーにとって重宝した。色温度、RGB をいじれる LEDライトはメインとしてもアクセントとしても使える。そして、写真と動画を同じ質感で撮れるので仕事でも大いに役に立つだろう。

アガイ商事ではキャンペーンを実施中!2020/11/20-12/20 クーポンコード SGLED を入力すると記事中の LED が5%オフで購入できます!

■ メーカーオンラインサイトはこちら ■

Go To Top

 

高桑正義
著者について
■ 高桑正義( たかくわせいぎ )Seigi Takakuwa 大学卒業後、印刷会社入社。アシスタントを経て、フリーフォトグラファー として独立。現在はBeauty Fashion 広告、雑誌、カタログなどを中心に活動している。 撮影からレタッチまでの全てを自身が手掛ける。 クオリティには定評があり、特にBeautyの分野ではその才能が如実に表れている。 。
メルマガ登録