スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

夜景写真家・岩崎拓哉の夜景撮影講座
第16回:夜景撮影に適した測光モードを知る

Posted On 16 3月 2016
Comment: Off

yakei_no16

TOPIX

夜景写真なのに写真が明るすぎたことはありませんか。今回の「 夜景写真家・岩崎拓哉の夜景撮影講座 」は測光モードについて解説いたします。異なる測光モードによる絵の変化をぜひ夜景撮影時にご参照ください。 by 編集部

Go To Top

夜景撮影において測光モードの設定を意識することはありませんが、測光モードの種類によって同じ露出でも写真の明るさが大きく異なってきます。第16回では測光による作例の違いから適切な測光モードを検証したいと思います。

写真1 評価測光で撮影した横浜ベイブリッジ

評価測光で撮影した横浜ベイブリッジ

カメラの標準設定「 評価測光 」で撮影。メーカーによって測光モードの名称は異なる。主塔の一部は色が飛んでいるが、全体的にはバランスが取れた写真となった。

[ ボディ:CANON EOS 6D / レンズ:EF24-105mm F4L IS USM / 焦点距離:88mm / 撮影モード:絞り優先AE / シャッター速度:6秒 / 絞り数値:F8.0 / 測光方式:評価測光 / 露出補正:0 / ISO感度:640 / WB:白色蛍光灯 ]

Go To Top

■測光とは

測光とはカメラが被写体の明るさを判断し、露出を決める機能のことを言う。結論から言えばカメラ購入時の標準設定( 評価測光など )のままで問題無いことがほとんどだが、測光の設定によって写真の明るさが大きく変わってくるので、各設定の意味を理解しておいて損はない。

写真2 スポット測光で撮影した作例

スポット測光で撮影した作例

写真1と測光方式以外全て同じ設定で撮影。露出補正も0でありながら、全体的に色が飛んで露出オーバーになってしまった。これはスポット測光の測光範囲が極めて狭いため、工事で消灯している主塔の部分で露出を測ってしまったためだ。ただし、画面全体を見れば露出オーバーだが、主塔だけを見れば露出は適正と言える。

Go To Top

■測光の種類

測光の種類はカメラメーカーや機種によって異なり、設定によって露出を測る部分の面積が異なってくる。

写真3 測光の種類

測光の種類

(1)マルチパターン測光・ESP測光

NikonやOLYMPUSのカメラで設定できる。画面全体から明るい部分と暗い部分のバランスを取って測光する。

(2)評価測光

CANONのカメラで設定できる。撮影シーンに応じて、カメラが露出を自動的に補正する。画面全体から測光するため、バランスの取れた測光ができる。

(3)部分測光

逆光などで良く使われる設定。スポット測光よりは少し広範囲に測光する。

(4)スポット測光

被写体の極めて狭い範囲で測光。キヤノンのEOSシリーズの場合はファインダー中央部の約1.4%で測光する。

(5)中央部重点平均測光

ファインダーの中央部分に重点を置きながら、画面全体を平均的に測光する。

Go To Top



■測光種類別の作例( パターン1 )

それでは具体的に測光別の作例を見ていきたい。パターン1では画面中心に明るい被写体がある例で撮影してみた。撮影モードは絞り優先(F8)で露出補正はいずれも+1に固定。

(1)評価測光

写真4 シャッター速度:1.3秒

評価測光

露出のバランスが取れている。+1補正でもまだ全体が少し暗い感じなので、あと少し露出補正値を上げても良いかもしれない。

(2)部分測光

写真5 シャッター速度:0.6秒

部分測光

中心の光源はくっきりと見えているが、全体的にやや暗い。

(3)スポット測光

写真6 シャッター速度:1/4秒

スポット測光

中心の光源を正確な明るさで写しているように見えるが、完全に露出アンダー状態。

(4)中央部重点平均測光

写真7 シャッター速度:0.8秒

中央部重点平均測光

全体的にやや暗いがバランスはまだ取れている。

Go To Top

■測光種類別の作例( パターン2 )

続いて、画面中心に暗い被写体( 建物 )が写るパターンを見てみたい。撮影モードは絞り優先(F9)で露出補正は0。パターン1とは逆に部分測光・スポット測光に設定すると背景の色が大きく飛んでしまった。

(1)評価測光

写真8 シャッター速度:3.2秒

評価測光

手前の建物と奥の建物の露出のバランスが取れている。

(2)部分測光

写真9 シャッター速度:6秒

部分測光

手前の建物だけ見ればバランス良く見えるが、奥の建物が完全に白飛びしている。

(3)スポット測光

写真10 シャッター速度:8秒

スポット測光

手前の建物も暗く写っている。もしかしたら真っ暗な窓で露出を測ってしまったのかもしれない。

(4)中央部重点平均測光

写真11 シャッター速度:2.5秒

中央部重点平均測光

手前と奥と両方の建物が暗く写ってしまった。

Go To Top


■総論

今回、4つの測光設定別に画像を比較したが、結論から言えばカメラ購入時の設定( 評価測光など )で問題無いが、測光を変えることで露出の変化が見られた。撮影前に不安な方はマニュアルを参照し、標準設定になっていることを確認しよう。夜景写真は基本的に明暗差の大きい被写体がほとんどなので、全体のバランスを取る測光モード以外を使う機会はほとんど無いだろう。

■ 岩崎拓哉の夜景書籍出版のご案内 絶賛発売中!<PR>

「 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 」
日本全国・海外約2000カ所の夜景スポットをめぐった著者が、全国の美しい夜景写真が撮れる場所を161カ所厳選して紹介。すべてのスポットに地図とQRコードを記載しています。撮影に必要な夜景撮影ならではの知識やテクニックも満載です!

■今月のお勧め夜景スポット「 大黒ふ頭西緑地 」

横浜ベイブリッジを間近で撮影できるベストポイント。遠くにみなとみらい21方面も見渡せ、トワイライトタイムは特に美しい夜景写真が撮れる。横浜ベイブリッジのライトアップは24時まで。

夜景スポット名
開催日:終日開放(22時以降は車両の通行規制あり)
所在地:横浜市鶴見区大黒ふ頭
アクセス:首都高湾岸線・大黒ふ頭出口を下りてすぐ
料金:無料
URL:http://www.nightview.info/yakei/detail/daikokuwest/

写真12 トワイライトタイムに輝く横浜ベイブリッジ

横浜ベイブリッジ

横浜ベイブリッジの主塔は時間ごとにライトアップが変化する。完全に日が沈んだ後は青くライトアップされるタイミング(毎50分~正時・20分~30分)を狙うと綺麗な写真が撮れる。

岩崎拓哉
著者について
■ 夜景写真家 岩崎 拓哉 ■1980年生まれ。大阪府出身、神奈川県在住。法政大学経済学部卒。 2003年より夜景写真家を志し、日本全国や海外で夜景を撮影。 Webエンジニアの経験も活かし、「夜景INFO」などの夜景専門サイトを立ち上げる。カメラ雑誌の原稿執筆、夜景撮影の講師経験も豊富。総合・国内旅行業務取扱管理者の資格も持つ。 著書に「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック(日経ナショナルジオグラフィック社)」「夕景・夜景撮影の教科書(技術評論社)」。
メルマガ登録