スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

ブロンカラーでつくる
プロフェッショナル最新ライティング
第1回 日本のブロンカラーはアガイから

ブロンカラーでつくるプロフェッショナル最新ライティング

Photo & Text:柴田 誠

TOPIX

プロフォトグラファーからの信頼を集め、全世界で愛用されているプロフェッショナル用撮影照明機材ブロンカラー。その日本における総代理店である「 アガイ商事 」の創立 25 周年を記念して、Mook 「 ブロンカラーでつくる プロフェッショナル最新ライティング 」が玄光社から発売されます。本連載は、その Mook の中から一部を抜粋して、プロのテクニックを掲載していきます。初回は先日ドイツで開催されたフォトキナ 2016 に出展したブロンカラー社とアガイ商事のブースの様子と、池袋にあるアガイ商事のスタジオにおける取り組みを柴田誠が取材してお届けします。

■ アガイ商事創立 25 周年パーティーのお知らせ ■

Index

Go To Top

■ フォトキナ 2016 視察ツアー

フォトキナ 2016 のブロンカラーブース

フォトキナ 2016 のブロンカラーブース

多くのブロンカラーユーザーの撮影を影で支えているブロンカラーの日本総代理店アガイ商事。その活動は販売やアフターケアだけにとどまらない。フォトキナ視察ツアーもその一つだ。また、映像関連の展示会にも数多く出展して、ブロンカラーをはじめとする取扱商品を紹介し、製品の普及にも努めている。少数精鋭で、幅広い営業活動とサポート活動を行なっている。

ブロンカラーブースの製品をツアー参加者に紹介するアガイ商事の吉田氏(右)

ブロンカラーブースの製品をツアー参加者に紹介するアガイ商事の吉田氏(右)

ブロン社の専属フォトグラファーによる製品のデモンストレーション

ブロン社の専属フォトグラファーによる製品のデモンストレーション

 

ブロンカラーの取材の際に、製品の性能の高さとともに機材のレンタルの話をよく耳にした。アガイ商事では製品の販売だけでなく、レンタルサービスも行なっている。必要な機材を必要な場所まで迅速にデリバリーしてくれる利便性から、ブロンカラーを使い続けているユーザーは少なくない。撮影で足りない機材をカバーできたり、試しにちょっと使ってみるといった、幅広いニーズに対応するこのレンタルサービスは、プロのフォトグラファーにとっては欠かせないサービスのひとつになっているようだ。

ブースではモノブロックのシロスとbron Control Appのデモが体験できた

ブースではモノブロックのシロスとbron Control Appのデモが体験できた

また、機材のレンタルとともに、長く代理店が変わっていないことへの安心感は、機材を購入する上で大きいと語るユーザーも多かった。

アガイ商事がブロンカラーの日本総代理店になるまでには、何度も代理店が変わったという経緯がある。高額な海外製品だけに、きちんとしたサポートが受けられるかどうか、不安があるとなかなか購入には踏み切れない。仕事で長く使い続けたいものだからこそ、アフターケアも含めて安心、信頼のできる商品を選びたいというのは当然のことだろう。

ブースに展示されている製品をひとつひとつ丁寧に説明していく吉田氏。時にはデモをして見せたり、日本での販売予定なども紹介。ツアーの参加者は、興味津々の様子でその説明に聞き入る
製品に関する質問などは、アガイ商事のスタッフが通訳をしてくれる

製品に関する質問などは、アガイ商事のスタッフが通訳をしてくれる

30 分以上かけて、ほぼ全てのブロンカラー製品の紹介を終えた

30 分以上かけて、ほぼ全てのブロンカラー製品の紹介を終えた

アガイ商事が、ブロンカラーの日本総代理店となったのは、創業から2年後の 1993 年のこと。また、ブロンカラー製品のレンタルを開始したのが 1997 年からで、20 年以上にわたって、さまざまなブロンカラー製品を日本のユーザーに提供してきたことになる。

またアガイ商事では、ユーザーを対象にしたフォトキナ視察ツアーを 10 年以上前から実施している。ブロン社の見学や懇親会といったイベントをコースの一部に組み込んでいるのが、このツアーの特徴のひとつとなっている。

夜にはブロン社のスタッフとアガイ商事のツアー参加者による食事会が開催された。乾杯をするアガイ商事の石木社長

夜にはブロン社のスタッフとアガイ商事のツアー参加者による食事会が開催された。乾杯をするアガイ商事の石木社長

ユーザーが製品の製造現場に立ち入る機会はなかなかないだろうし、同行するスタッフにとっても貴重な経験で、商品知識を深める社員教育としてもいい機会となっているようだ。

アガイ商事は、これまでにも世界の販売代理店の中の優良代理店として度々ブロン社から表彰されるなど、ブロン社の信頼も確かなものにしている。まさにアガイ商事とブロン社とは、ともに発展、成長を遂げてきた会社なのである。

Go To Top

■ ライティングセミナー

ビューティーボックスを使った撮影の様子。実際の撮影を間近でみることができる

ビューティーボックスを使った撮影の様子。実際の撮影を間近でみることができる

海外のフォトグラファーの撮影スタイルに触れることができるのが魅力のひとつ

海外のフォトグラファーの撮影スタイルに触れることができるのが魅力のひとつ

スコロの遅延発光機能のデモンストレーション

スコロの遅延発光機能のデモンストレーション

モニターを使ったわかりやすい解説も人気の理由だ

モニターを使ったわかりやすい解説も人気の理由だ

ライティングセミナーは、プロのフォトグラファーを講師に招いてのライティングワークショップ

ライティングセミナーは、プロのフォトグラファーを講師に招いてのライティングワークショップ

人物や商品撮影など、テーマを絞ったセミナーが開催される

人物や商品撮影など、テーマを絞ったセミナーが開催される

アガイ商事は、国内で開催される多くの映像関係の展示会やイベントにブースを出展して、ブロンカラーをはじめとする海外の優れた製品を広く紹介している。CP+、PHOTO NEXT、InterBEE、九州放送機器展などの展示会には毎年出展しているほか、新たにスタートしたフォトアクセサリー・ビレッジやPhoto EDGE Tokyoなど小規模の展示会にも積極的に出展し、製品の普及活動にも力を
入れている。

Go To Top

■ オープンスタジオ

また、自社スタジオを利用したライティングセミナーやオープンスタジオなどの独自のイベントを開催。製品の使いこなしや撮影技術のスキルアップなど、実践的なプログラムが、好評を博している。

2016 年に創業 25 周年を迎えたアガイ商事。そして 2018 年に創業 60 周年を迎えるブロン社。私たちが優れた照明機材を手にすることができるのは、両社の深い友好関係があってのことなのだ。

鈴木心氏によるブロン一日店長の様子。製品の使い方や撮影のヒントが披露された

鈴木心氏によるブロン一日店長の様子。製品の使い方や撮影のヒントが披露された

カラーマネージメントのセミナーは人気テーマのひとつ

カラーマネージメントのセミナーは人気テーマのひとつ

ICC プロファイルを解説するエックスライトの冨川氏

ICC プロファイルを解説するエックスライトの冨川氏

オープンスタジオは、“来て、見て、触って” 気軽に機材に触れられる無料イベント。展示機材も豊富だ

オープンスタジオは、“来て、見て、触って” 気軽に機材に触れられる無料イベント。展示機材も豊富だ

ブロンカラー以外の製品についてもスタッフがきちんと説明してくれる

ブロンカラー以外の製品についてもスタッフがきちんと説明してくれる

日本ではアガイ商事でしか販売していないスイスワインが振る舞われる試飲会など、多彩なテーマで開催されている

日本ではアガイ商事でしか販売していないスイスワインが振る舞われる試飲会など、多彩なテーマで開催されている

Go To Top


● Information ●

■ アガイ商事創立 25 周年パーティーのお知らせ ■

アガイ商事創立 25 周年を記念して、講師・高井 哲朗 氏によるライティング実践ミニセミナーと、直輸入スイスワイン試飲と軽食が楽しめるパーティが開催されます。参加費には、Mook「 ブロンカラーでつくるプロフェッショナル最新ライティング 」も含まれています。
12月2日(金)16:00~21:00 開催中は何時でも出入り自由です。
池袋アガイビル1F受付までお越しください。

詳しくはコチラ

● アガイ商事株式会社 ●
〒171-0014 東京都豊島区池袋 2-23-16 アガイビル
TEL.03-5954-7577 FAX.03-5954-7578
E-mail : info@agai-jp.com

アガイ商事のホームページ
http://www.agai-jp.com/

Go To Top

Go To Top
柴田誠
著者について
1964 年生まれ。2012 年春に 24 年間勤務した出版社を退社し、フリーのフォトジャーナリストとなる。その後、香港に個人事務所 CYBER DRAGON HKG LIMITED( 數碼龍珠( 香港 )有限公司 )を立ち上げ、フォトキナをはじめとする国内外のカメライベント、写真フェアなどを中心に取材活動を行い、香港をベースにして国内や海外のカメラ雑誌や ウェブマガジンに執筆している。ちなみに日本在住。出版社在籍中には、カメラ誌の製品担当者で組織する「 カメラ記者クラブ 」にも通算 16 年間在籍。編集者時代に培った幅広い人脈と豊富な経験を活かした活動をするとともに、「 日本の写真文化を海外へプロジェクト 」を主宰。業界の活性化と後進の指導にも積極的に取り組んでいる。中国のカメラ雑誌「 撮影之友 」の編集顧問も務める。日本写真家協会( JPS )会員、日本写真協会( PSJ )会員、日本香港協会( JHKS )会員。
メルマガ登録