コンテンツのトップページへ

デジタル放送の視聴と録画&活用講座
地デジ生活 2000GT

第6回 パソコンで録画した番組をiPhoneやiPod Touchで観る 2010/05/19
 
ワンセグ + 地デジ チューナー
ワンセグで録画してiPhoneやiPod Touchで観る
ワンセグ番組をiPhoneやiPod Touchにダビングする手順

今回はコンパクトな「地デジ+ワンセグ」チューナーを紹介します。地デジが観られるのになぜワンセグも必要なのか…その理由も解説します。
また、この製品で録画した番組を無料のApp Storeアプリで再生する機能を紹介しますので、「録画した番組を外出先では、iPhoneやiPod Touchで観たい」という皆さんは必見です。

▼写真0 パソコンで録画した番組を外出先ではiPhoneやiPodで楽しむ
パソコンで録画した番組を外出先ではiPhoneで楽しむ
 

■ワンセグ+地デジ チューナー

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
 ● 超コンパクトな地デジチューナー
 
▼画像1

コンパクトなTVチューナー

Clickで拡大
地デジ+ワンセグの視聴に対応したパソコン用TVチューナー、アイオーデータ機器の『GV-MVP/HZ3』。
▼画像2 モバイルではワンセグ
Clickで拡大
ノートパソコンに接続したコンパクトな『GV-MVP/HZ3』。ワンセグ使用時はTVケーブル端子に付属のアンテナを接続。

今回、スポットをあてる周辺機器はこれ。
アイオーデータ機器の『GV-MVP/HZ3』です。

少し奇妙なカタチをしていますが、とてもコンパクトなパソコン用地デジチューナーです。しかも、地デジだけでなくワンセグも受信できるのです。

地デジが受信できるチューナーなのに、なぜあえてワンセグも必要なのでしょうか?

その答えのひとつは、高画質に対応したパソコンでは地デジ放送を録画&視聴して楽しみ、機能が劣る機種やモバイルPCなどではワンセグを楽しむ、という使い方ができるのです。

このコーナーでも解説してきましたが、地デジ放送は高度で大容量のデジタル圧縮動画をやりとりするために、番組を視聴したり録画するためには比較的高性能なCPUやグラフィック性能が要求されます。

こうした高いハードルによって、パソコンでの地デジは必ずしも気軽に楽しめるものではないことは確かです。

そこにきてワンセグはモバイル機器用の放送なので、画質が低い分、データ容量も小さく、再生の機能制限も少ないのが利点です。

ワンセグとは?

ところで、そもそもワンセグってなんでしょうか?

デジタル放送の電波は1チャンネルが13セグメントに分けて配信されています。これを「OFDM分割帯域」といいます。

電波は目に見えないのでピンと来ないかもしれませんが、仮にケーブルでのやりとりに置き換えてイメージするとすれば13本のケーブルを使って配信されている、といったところです。

そのうち12セグメント(12本)が地上波デジタル放送の番組が配信されていて、残りの1セグメント、すなわち「ワンセグ」がモバイル機器用の小さい画像で配信されています。こうしたことから、ハイビジョンも可能な地デジを「フルセグ(フル-セグメント)」と呼ぶこともあります。

ワンセグの帯域は小さく限られているので、画像のサイズは320×240、または320×180と小さく、1秒間に15フレームなので動画も滑らかとは言えません。とはいえ、タイムリーに情報を得たり、モバイル機器の小さな画面で鑑賞するにはこれで適しています。高画質はは大容量データのやりとりが必要になり、モバイル環境で欠損ばかりが発生するとまともに再生することが難しいからです。

▼画像3

ワンセグとフルセグ

PS3は高性能なメディアプレイヤーです
12セグメントをハイビジョン放送に、残りの1セグメントを携帯電話やカーナビなど移動体機器向けに使用します。ちなみにワンセグでは7番目のセグメントが使用されています。地上デジタル放送推進協会のホームページ。(書籍『体系的に学ぶ デジタル放送』(日経BPソフトプレス)より)

私の場合、高機能なデスクトップパソコンでは『GV-MVP/HZ3』で地デジ放送を録画したり視聴をし、ノートパソコンを持って出張する場合は『GV-MVP/HZ3』を持って出かけてモバイル環境でもワンセグが楽しめるようにしています。

そして、ワンセグがあると便利なもうひとつの理由が、録画した番組をiPhoneやPSPなど、モバイル機器に転送して外出先で観られることです。

もう少し詳しく「デジタル放送」

チャンネルは13分割(13セグメント)して送信に利用していると説明しましたが、1つのセグメントにつき、約1.4Mbpsのデータを送信することができます。そのため、全体で1チャンネルの伝送データ量は1.4Mbps×13セグメントで18.2Mbpsとなります。内訳はワンセグが1.4Mbps、フルセグが16.8Mbpsということです。地デジのハイビジョンは約17Mbpsと言われるのもそこからで、BSハイビジョン(約24Mbps)よりデータ容量を小さくしなければならないことが解ります。
また、ハイビジョン(HD)放送では1チャンネルを12セグメントで約17Mbpsを使用して放送しますが、これを4セグメントずつを使って、標準画質(SDTV)の番組を3つ放送することもできます。ハイビジョンで1つか、標準画質で3つか、どちらの方法で放送するかは放送局が決めることですが、日本ではハイビジョンの良さを知ってもらうため、できるだけハイビジョン放送をするように推奨されています。EPG(電子テレビ番組表)に同じ局がいくつも表示されるのはこの関係もあります。

▼画像4

ハイビジョンとSDTV

PS3は高性能なメディアプレイヤーです
【ひとつのチャンネルは13セグメントで構成】
地デジ放送では、1チャンネルが13分割(13セグメント)で使用されます。HD放送は12セグメント、SD放送なら4セグメント×3(最大3番組)のマルチ編成が放送できます。残りの1セグメントは通称「ワンセグ」で利用されています。(書籍『体系的に学ぶ デジタル放送』(日経BPソフトプレス)より)

ちなみに欧州では、デジタル放送化によってハイビジョンではなく放送する番組数が増えることをアピールしている地域も多く観られます。このような地域では、デジタル放送の帯域をハイビジョンのためではなく、多番組化に利用しているわけです。

では、話題を『GV-MVP/HZ3』に戻しましょう。


スタジオグラフィックスのライター陣が執筆 お勧め関連書籍
体系的に学ぶ次世代DVDのしくみ

「地デジ」を見る、録る、しくみを知る、デジタル放送の教科書・・
体系的に学ぶ デジタル放送

ハイビジョン、マルチ編成、EPG、ダビング10、DLNAなど、簡単なはずのテレビ放送にはいつの間にか専門用語がいっぱい!!
デジタル放送の特長や利点、機能やしくみ、設置の注意点や録画事情、パソコンで地デジを見たり録画する方法、録画した番組をプレステ3で楽しむ方法など、専門用語を理解しつつ、テレビ生活をもっと楽しむ解説本。日経BPソフトプレス刊 1,995円(税込)。
詳しく・・

■ ワンセグで録画してiPhoneやiPod Touchで観る ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

 ● 外出先では録画した番組をiPhoneで鑑賞

 
▼画像5

ケーブル接続した例

Clickで拡大
機器がコンパクト過ぎるとケーブルに引っ張られてアチコチに移動して困る、ということがよくあるが、『GV-MVP/HZ3』の場合は機器の両端にテレビケーブルとUSBケーブルをそれぞれ接続する方式。一見すると、ケーブルの途中にコネクタのように機器がくっついている感じでとてもいい感じ。

今回は『GV-MVP/HZ3』でワンセグで録画した番組を、iPhoneやiPod Touchに転送して楽しめる機能を紹介します。電車の中やちょっとした待ち時間に動画を楽しむ人も増えています。

高画質にこだわらず、外出先や移動中に観たい番組があれば、自宅のパソコンでワンセグで録画しておいて、iPhoneに転送して持ち出すことができます。

『GV-MVP/HZ3』では、同じ番組であれば地デジ(フルセグ)とワンセグの同時録画ができるので、常に同時録画しておいて、自宅で時間があればフルセグで観て、自宅では時間がなくてiPhoneで観たいときはワンセグ保存した方をiPhoneに転送して出かける、という方法もあります。

これが便利なのです。

ソニーのPSPで観られる機能は以前からありましたが、僕自身、PSPをゲーム機として使ってはいるものの、あまりPSPを持ち出すことはありません。持ち出すゲーム機はもっぱらNINTENDO DS Lite で"すれ違い通信"です(笑)。

▼画像6

mini B-CASカードを採用

Clickで拡大
私が日頃愛用しているバッファロー製の地デジチューナー『DT-H45/U2』(上)と、今回試用したアイオーデータ機器の『GV-MVP/HZ3』(下)。どこに受信器が入っているのかと思うほどコンパクトだが、B-CASカードに話題の『miniB-CASカード』(下の白いカード)を採用し、これが機器のコンパクト化にひと役買っている。

そんなわけで、常にもっと歩いているiPhoneに転送できるのはとても便利な機能です。

転送時間も短時間で1時間ものの番組でもアッという間です。番組の再生は、マキエンタープライズ社製の「TVPlayer」という無料アプリをApp Storeからダウンロードして使いますが、再生したところまでのレジュームがききますので、モバイルでの鑑賞に最適です。

ただし、ただでさえバッテリーの消耗が激しいiPhoneですから、長時間の番組を外出中に鑑賞するのには要注意ですね。


■ ワンセグ番組をiPhoneやiPod Touchにダビングする手順 ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

 ● 転送には iTunes は使わない

 

『GV-MVP/HZ3』で録画した番組をiPhoneやiPod Touch(以下、iPhoneと表記)に転送するときにiTunesは使いません。録画したパソコンとiPhoneは同じネットワーク(LAN)上に繋がっている必要があります。無線LANでも有線LANでも構いませんが、iPhoneからパソコンにLAN経由でアクセスできる環境が必要です。それを前提として、下記に転送の手順を画面付きで解説します。

まず、iPhoneやiPod Touchで、App Storeの「エンターテインメント」カテゴリーから「TVPlayer」で検索し、マキエンタープライズ社製「TVPlayer」(無料)をダウンロードします。

ダウンロードしたら、iPhoneに表示されるアイコンをタップして「TVPlayer」を起動し、メモ帳のような画面右上の「+」をタップします。TVPlayerはLAN上のワンセグのライブラリを検索し、パソコンを検知し、保存したライブラリの番組リストを表示します。
コピーしたい番組を選択するとiPhoneにコピーされ、再生できるようになります。
(パソコン側のファイアウォールによってはアクセスするための設定が必要になる場合があるようです)
私の環境では、録画したパソコンは有線LAN、iPhoneは無線LANに接続し、有線LANと無線LANの双方はハブでLAN接続しています。ですが、特別な設定なしにiPhoneの「TVPlayer」は無線LAN経由で有線LANのパソコンを検知し、録画した番組リストにアクセスできました。パーソナルファイアウォールはウィルスバスター2010です。

予約録画とiPhoneに転送する手順

Clickで拡大 Clickで拡大
『GV-MVP/HZ3』で録画モードを「ワンセグのみ」か「フルセグ+ワンセグ」に設定する
録画予約は番組表から選んでクリックするだけでできる
Clickで拡大
地デジチューナーで録画した番組の一覧。録画した番組は9回までコピーでき、ワンセグで録画すればiPhoneで持ち出しできる
地デジとワンセグの両方で録画したことを示す「地」と「ワ」のアイコン。地デジでは2GBの番組容量がワンセグでは48MBとコンパクト
iPhoneやiPod Touchで、「App Store」をタップ 「カテゴリ」で「エンターテインメント」を選択
iPhoneやiPod Touchで、「App Store」をタップ
「カテゴリ」で「エンターテインメント」を選択
「検索」で「TVPlayer」を入力して検索。MAKIの「TVPlayer」がリスト表示したらタップ 「TVPlayer」の説明を読んで確認して「無料」ボタンを「インストール」にしてタップ
「検索」で「TVPlayer」を入力して検索。MAKIの「TVPlayer」がリスト表示したらタップ
「TVPlayer」の説明を読んで確認して「無料」ボタンを「インストール」にしてタップ
ダウンロードしたら、iPhoneに追加表示されるアイコンをタップして「TVPlayer」を起動 画面右上の「+」をタップし、TVPlayerがLAN上のワンセグのライブラリを検索。パソコンをみつけたらタップ
ダウンロードしたら、iPhoneに追加表示されるアイコンをタップして「TVPlayer」を起動
画面右上の「+」をタップし、TVPlayerがLAN上のワンセグのライブラリを検索。パソコンをみつけたらタップ
iPhoneに転送したい番組をタップしてチェックしたら「ダビング開始」をタップ 番組の転送が完了したら、TVPlayer画面上に鑑賞できる番組が表示される。タップすれば再生を開始
iPhoneに転送したい番組をタップしてチェックしたら「ダビング開始」をタップ
番組の転送が完了したら、TVPlayer画面上に鑑賞できる番組が表示される。タップすれば再生を開始

転送はダビング10の仕様に基づき、9回までのコピーが許諾されています。転送後はチデジチューナーで録画した番組の一覧リストのコピー可能回数は「8回」に減っているはずです。この作業では、LANを使って番組を転送しているのでiPhoneのパケット通信料金はかかりません。

▼画像7

iPhoneで録画した番組を鑑賞

『GV-MVP/HZ3』でワンセグで録画した番組を、マキエンタープライズ社製「TVPlayer」でiPhoneに転送して再生。(画面はハメコミイメージ)
『GV-MVP/HZ3』でワンセグで録画した番組を、マキエンタープライズ社製「TVPlayer」でiPhoneに転送して再生。(画面はハメコミイメージ)

 

本来、コピーや活用が便利なはずのデジタル動画ですが、著作権保護によって様々な制限が設けられ、結果としてユーザにとって使いづらいものになっています。しかし、この機能のようにデジタル放送を録画したものを活用できる機器やツールが出てくることで、デジタル放送やデジタル動画はもっともっと楽しめるはずです。

活用していきたいと思います。

つづく。

 


メールマガジンに登録しませんか

スタジオグラフィックスのライター陣が執筆 お勧め関連書籍
体系的に学ぶ次世代DVDのしくみ

「地デジ」を見る、録る、しくみを知る、デジタル放送の教科書・・
体系的に学ぶ デジタル放送

ハイビジョン、マルチ編成、EPG、ダビング10、DLNAなど、簡単なはずのテレビ放送にはいつの間にか専門用語がいっぱい!!
デジタル放送の特長や利点、機能やしくみ、設置の注意点や録画事情、パソコンで地デジを見たり録画する方法、録画した番組をプレステ3で楽しむ方法など、専門用語を理解しつつ、テレビ生活をもっと楽しむ解説本。日経BPソフトプレス刊 1,995円(税込)。
詳しく・・


スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦

 

 


 
 
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Presented by
飛鳥のWEBサイトへ
Created by
サンタ・クローチェ
トライセック
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー