コンテンツのトップページへ
153. GPSと唐揚げ登山でごちそうさまですの 2012/05/09
 

■思い出の足あとを残すって楽しい!

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
Click で拡大
初めての富士急行。朝8時過ぎ『三つ峠駅』に到着
Click で拡大
さっそく持参した赤飯おにぎりで腹ごしらえ
Click で拡大
午前中はこんな美しい富士山の姿が
Click で拡大
山の麓はちょうど桜が見頃でしたの
Click で拡大
果たしてこの山ガール達についていけるのか?!
Click で拡大
木の“股”から富士山を見る(たぶん)というビューポイント
Click で拡大
八十八大師。三ツ峠は信仰の山なんですの
Click で拡大
前方の切り立った岩壁に何か見えます!
Click で拡大
山頂にほど近い屏風岩はロッククライミングのメッカなんですの
Click で拡大
頂上まであと少し。疲労がピークの頃

皆さまGWはどうお過ごしでしたでしょうか。

実はわたくし今年は「山登り」に「帰省」と、近年稀にみるGWらしいGWを過ごしましたの。今回はその「山登り」のことをお話ししますわね。

登った山は山梨百名山のひとつ『三ツ峠』。

峠と言ってますが峠ではなく、れっきとした標高1700m の山ですの。

同行者はお友達のさやかちゃん(夫婦で日本百名山を制覇中。現在50山目)と、前回の桜の回で登場したよしえちゃん(山登り歴4年目。冬以外は暇さえあれば山かテニス・彼氏募集中)と、いくちゃん(山登り歴2年目。休日は会社の同僚と関東近郊の山に通うOL)の3人+ゆきぴゅー(ふだん特に運動らしい運動はしていないインドア派)。

そうなんですの、わたくし以外は全員『山ガール』!

もうですね、朝待ち合わせの高尾駅で彼女たちの格好を見た途端「あああ、すみません。わたくし出直して参ります」と言いたくなるくらい完璧な装備で、しかもとってもオシャレでカワイイんですの。

「うわ〜!本当にいるんですのね、
 山ガールって」

「そんなことよりゆきぴゅー、
 もしかしてその靴で登る気?」

足元のコンバース風へなちょこスニーカーに3人の視線集中ですの。

「そ、そうですけど?何か???」

「まぁ今日の山だったら大丈夫だとは
 思うけど、フツーは
 ありえないからね!」

「それより今日はみんなと
 頂上で食べようと思って、
 朝5時から唐揚げ揚げてきたんですの!」

「え、ホントに?!すご〜い♪」

「わーい!」

実はこの登山にために唐揚げともう一つ、ゆきぴゅーが用意したものがありますの。それは、GPS付き防水・耐衝撃・耐寒機能搭載のタフネスデジカメ『ニコンCOOLPIX AW100』と、GPSロガー『旅レコ』。

歩いた道のりのデータを取って、後でそれをWeb上で共有できたらもっと楽しいはず!ってこれ、スタグラのK崎プロデューサーが贈って下さった『スマートフォンGPS活用ブック』の第5章GPSロギング活用を読んでまんまと感化されたというわけなのであります。

しかしながらGPSロガーは2日前にAmazonから届き、デジカメは前日にフジヤカメラに買いに行くという相変わらずの綱渡りっぷりで、行きの電車の中で黙々と取扱説明書を読むゆきぴゅーに、

「新しいデジカメ買って、大量の唐揚げを
 作ってくるくせに、
 登山靴は買わなかったんだ」

と山ガール達から痛いツッコミ。

そして取説を読んではじめて、カメラにGPSログ取得機能が付いていることを知ったというおマヌケっぷり。

(ぇええー!?
 ってことは旅レコ必要なかったですのー!? 6800円したのに(泣)、、、)

気を取り直す間もなく登山道入り口の富士急行線三つ峠駅に到着ですの。

ゆきぴゅーはここで初めてロガーの電源をオン。

これはK崎Pの本にあった“自宅を始点にしてしまうと場所が特定されちゃうので注意しましょう”という重要な部分なのであります。

さてこの登山は、往路は『三つ峠駅』から頂上を目指し、復路は尾根づたいに河口湖の東側カチカチ山ロープウェイに出て、最終地点が『河口湖駅』という予想所要時間約7時間のコース(ということはその日に知った)。

一体誰が晴れ女か、お天気は文句なしの快晴。足取りも軽く、しばらくは麓の山桜やコブシの花を眺めながらの気持ちいいスタートとなりました。

が、道は次第に険しくなり、周りの緑も減り、ガールズトークもトーンダウン。しかしその中で一人テンション高く写真を撮りまくっていたのがわたくしゆきぴゅー。

心配されていた靴も全然へっちゃらで、むしろ履きなれているから歩きやすいですわと言うと「恐るべし長野育ちの基礎体力!」と山ガール達もだんまりするほどでした。

そんなこんなで4時間ほどで頂上に到着。

午前中はすっきり晴れていたのに、だんだん雲が出てきて頂上では目の前の富士山の姿が霞んでしまったのは残念でしたが、三ツ峠山頂は、すっきり晴れていれば北アルプスや南アルプス・八ヶ岳連峰が一望できる場所なんですの。

Click で拡大 Click で拡大
1786mの頂上に到着〜!(写真はいくちゃん) 頂上から少し下った所にある山荘のテーブルで待ちに待ったお昼ごはん♪
Click で拡大
ゆきぴゅーが朝5時に揚げた唐揚げ(食べ始めてから思い出して撮ったので少ないけれどもっとあった)
Click で拡大
今回の登山のお供ニコンのGPSデジカメCOOLPIX AW100とIOデータのGPSロガー“旅レコ
Click で拡大
頂上でもちゃんと現在地を測位して地図表示!

待ちに待ったお昼ごはんは、頂上から少し下った所にある山荘の前で持参したカップラーメン&おにぎり。

さやかちゃんとよしえちゃんがバーナーを持ってきてくれたのでお湯が沸かせたんですの。ブラボー!

そしてニンニクと生姜が効いたゆきぴゅー特製唐揚げは大好評であっという間に完売御礼となりました。

さぁあとは河口湖駅を目指して下るだけですわ〜!

途中、ゆきぴゅーが焼きマシュマロを焼きすぎるという失敗や、サルの軍団に行く手を阻まれるという珍事件などありましたが、なんとかカチカチ山ロープウェイの富士見台駅まで下りてきました。

折りしも桜が満開で多くの観光客でいっぱい。

ここからはもちろんロープウェーで下るんですのよねと思ったら、「何言ってるの、歩くよ」とあっさりかわされ、さらに30分かけて河口湖駅まで歩き、ついに!ついに!三ツ峠唐揚げ登山は全行程終了となったのでした。

あー、長かった。

みんなお疲れさま〜!

あとは帰ってからゆきぴゅーが、歩いた軌跡をブラウザで見られるようにするから楽しみにしててちょうだいですわ〜!

というわけで今回の三ツ峠登山の軌跡は、YahooがやってるルートラボというWebサービスで公開しました(右図参照)。

ルートラボのいいところは標高差が表示されるところ。今回の登山は往路は結構急だけど、復路は比較的歩きやすい尾根伝いのコースだということがわかりますわよね。あらためて、ログを取るって楽しい♪って思いましたわ。しばらくどこに行くにも旅レコを持っていきそうです。

ところで、基礎体力に自信がついたゆきぴゅーでしたが、次の日からの筋肉痛がエライことでした。まず翌朝はふくらはぎがつって飛び起きるという洗礼を受け、結局筋肉痛が治まるまでに丸5日。

あぁ情けなや、運動不足、、、。

Click で拡大 Click で拡大
ちなみにこの日ゆきぴゅー(ドコモのガラケー)以外は全員iPhone。が、頂上付近での電波状況はドコモの一人勝ちでした 下山途中。眼下に河口湖が見えてきました。奥は西湖
Click で拡大 Click で拡大
山ガールのおやつは焼マシュマロ!が、写真を撮っていたら焦がした(左上) 傾斜は緩やかだけど延々長い尾根づたいの下山道
Click で拡大 Click で拡大
をを?!前方に何者かを発見〜! やっとこさカチカチ山ロープウェイに到着。乗るのかと思いきやこのまま歩いて下るとのことで軽いめまいが、、、
Click で拡大 Click で拡大
17:30。無事に富士急河口湖駅に到着〜!歩き始めてから9時間の行程。お疲れ様でした 「旅レコ」で軌跡データと画像データを取り込んだもの。時刻をキーにして合わせるので写真を撮った場所が一目瞭然。例えばお猿さんに会った場所はココ!
Click で拡大
クリックして拡大

ニコンCOOLPIX AW100
今回山ガール達に大好評だったニコンCOOLPIX AW100。レンズがせり出さないタイプのすっきりしたデザインなのでハイキングや登山にはぴったり。ストラップが両吊りなので両手が空くのが便利でした。地図情報や電子コンパスを搭載している点もポイントが高く、そしてなによりこのカモフラ柄がオシャレな山ガールの心を掴んだようでしたわ。2万円切ってるからお買い時ですわよ〜!


みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー

メールマガジンに登録しませんか

Amazon へ

ゆきぴゅーをもっともっと読みたい人には…文庫本
ゆきぴゅーの勝手に弟子入り日記
著:ゆきぴゅー 中経出版 287ページ 720円
ものづくりの現場に突撃弟子入りしちゃったゆきぴゅーの、異色イラストエッセイ。弟子入りしたいと思ったところのドアをトントンッと叩き、「アンタ、誰?」なんてお師匠様に言われながらも、修業にまい進するゆきぴゅー。名人技とその職人魂に触れる珠玉の一冊。 >> 関連記事を読む

スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
神崎洋治の「デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座」。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   神崎洋治の「オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(神崎洋治の「フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!」)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
神崎洋治の「Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
神崎洋治の「デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座」
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦 (撮影・文:神崎洋治)
 

初出:2012/05/09

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー