コンテンツのトップページへ
134. ゆきぴゅーのFinePix X100体験記 2011/07/20
 

■めずらしくカメラレビューですの

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

え〜今回は、富士フイルムのFinePix X100で撮ったスナップ写真をお見せしようと思います。

今、「え?!ゆきぴゅーX100買ったの?」とか、「オレが買えないのになんでゆきぴゅーが持ってるんだ!」と軽くムカついたそこの貴方、ご安心ください。

買っていません。

Click で拡大
1時間だけのFinePix X100体験!
Click で拡大
気温33℃。空が青いです
Click で拡大
なんてことない景色も思わずシャッターを切ってしまうX100
Click で拡大
港区立檜町公園の橋。ここはモノクロでパチリ
Click で拡大

ビルを見上げてはパチリ

Click で拡大
チャリもパチリ
Click で拡大
縦位置でもパチリ
Click で拡大
だんだん楽しくなってきましたわ〜
Click で拡大
マクロモードも使わなくちゃと花を探して三千里
Click で拡大
ここもモノクロで

実は先週、六本木の東京ミッドタウンに出かけたら、『FUJIFILM X100展〜人生に、プレミアムカメラを。〜』というイベントを開催中で、そこでカメラのレンタルサービスをやっていたんですの。

X100といえば、今年2月のCP+で、たった10分さわるのに40分待ちという長蛇の列を作っていた話題のカメラ。

ミーハーゆきぴゅーもやじうま心が騒いだのですが、結局その時はさわることが出来ずに帰ってきたのでした。そのX100がレンタル出来るというのですから試さない手はありませんの。

だってタダなんですもの!

とはいえX100ってどういうカメラなのか、なぜそんなに話題なのかを知らないで借りるというのもどうかと思ったので、とりあえずタッチ&トライコーナーで実機を手にしてみることに。

まずはその外見。

クラシックというかノスタルジックというかなんというか、、、。まるでお父さん達のタンスの肥やしになっていそうな昔のカメラ風のデザインは、ゆきぴゅーみたいなデジタル世代にとってはかえって新鮮でカッコ良く映るわけです。

と、そこへ説明員のおねえさんが来てくれたのでいくつか質問してみました。

「ええと、ズームはどれですの?」

「これはズームレンズではありません。
 固定式単焦点のレンズです」

「あ、そーなんですの?!
 ・・・あれ?そしてこれってもしかして、
 レンズの交換は、、、」

「出来ないです(にっこり)」

「・・・ってことはコレ、
 一眼レフではなくて、、、」

「はい。
 プレミアムコンパクトという位置づけです」

「はあ、、、」

はたしてこんな乏しい予備知識で借りる資格があるですの?という疑問はさておき、とにかく借りることにしましたの。

だってタダなんですもの!

おねえさん曰く、X100は光学ファインダーと電子ビューファインダーの両方が使えるハイブリットビューファインダーを搭載した世界唯一のデジタルカメラだということ。

その切り替えは状況に合わせてレバーで簡単に操作出来ること。ファインダーをのぞきながら写真を撮るという原点にかえったカメラだということなどをフンフンと聞いて、いざレンタルスタート!

貸し出し時間は1時間。外に出てもいいということなので、大切に首からぶら下げてミッドタウンの東側にある檜町公園へ向かったのでした。

この日は、おねえさんが勧めてくれた通り、
「液晶モニターではなくて
 光学ファインダーをのぞきながら
 撮るですわ!」
と決めました。

X100は光学ファインダーを覗くとブライトフレームという白い枠が見えて、その枠内が実際に撮れる範囲とほぼ一緒ということなのですが(正確には視野率
約90%)、これに慣れるまでちょっと時間がかかりましたわ。

でも枠の周辺も見えるということは、横から歩いて来る人とか犬とかを意識しながらシャッターを押せるということだそうで、なるほど、と思いました。

それにしても習慣というのはコワイもので、被写体を見つけて構えた時、無意識に(ズーム、ズーム、、、あぁそうだった、ズーム出来ないんでしたわ)と気付いて、自分が動くということが何度もありましたの。単焦点レンズのカメラを使うと、普段いかにズーム機能に頼っているかわかりますわね。

そんな新たな発見をしながらしばらく撮っていたら、むずかしいことを色々考えないで気持よくパシャパシャと軽快にシャッターボタンを押せるようになってきたんですの。

そういえば大昔もこんな感じで撮っていたような気がしますわ〜、あれって何でしたっけ〜?

あぁそうですわ!“写ルンです”ですわ!

かくしてX100はゆきぴゅーにとって『最新型デジタル写ルンです』という位置づけになったのでありました。

こうして写真撮影の基礎をはからずも学んだ1時間はあっという間に過ぎ、返却の時間になりました。

一瞬だけ自分のバッグにカメラを入れてみたら、ハッとするほどしっくり馴染んで、とたんにデキる女風のバッグに見えたからびっくり!

おうちに帰って速攻で価格.comをチェックして、大きなため息をついたのは言うまでもありませんの。

 

Click で拡大 Click で拡大
そろそろ暑さが限界の頃 調子にのってさらに続くモノクロシリーズ
Click で拡大 Click で拡大
ハンバーガー屋さんに入ってランチ 腹ごしらえの前に最後のパチリ
Click で拡大

みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー

メールマガジンに登録しませんか

Amazon へ

ゆきぴゅーをもっともっと読みたい人には…文庫本
ゆきぴゅーの勝手に弟子入り日記
著:ゆきぴゅー 中経出版 287ページ 720円
ものづくりの現場に突撃弟子入りしちゃったゆきぴゅーの、異色イラストエッセイ。弟子入りしたいと思ったところのドアをトントンッと叩き、「アンタ、誰?」なんてお師匠様に言われながらも、修業にまい進するゆきぴゅー。名人技とその職人魂に触れる珠玉の一冊。 >> 関連記事を読む

スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
曲面(バスト)に合わせてタトゥー風に文字を貼り付けるフォトレタッチ術   曲面(バスト)に合わせてタトゥー風に文字を貼り付けるフォトレタッチ術
(フォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual)
胸の曲線に合わせて文字を合成するテクニック

意外と難しい、順光できれいな写真を撮る方法  

意外と難しい、順光できれいな写真を撮る方法
(プロが教える 女性の撮り方講座)
順光、斜光、逆光、半逆光、側光、トップ光の違いと注意点


女性らしさを表現する立ちポーズってなに?   女性らしさを表現する立ちポーズってなに?
(モテる撮られ方大研究「モテ写 on The Web」)
きれいに撮られるテクニック 第2弾は立ちポーズの基本

デジカメダイバー★リアルレポート   EOS 5D Mark II で水中マクロ撮影
(水中写真テクニック講座)
西伊豆大瀬崎で水中写真大研究

風景写真をミニチュア写真に加工する方法   風景写真をミニチュア写真に加工する方法
(フォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual)
風景写真をミニチュア模型のように加工するレタッチ術

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

Webアルバムを作って知人に写真を見せる方法   Webアルバムを作って知人に写真を見せる方法
(Picasa3 徹底活用講座)
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有

パソコンで録画した番組をiPhoneやiPod Touchで観る方法   パソコンで録画した番組をiPhoneやiPod Touchで観る方法
(デジタル放送の視聴と録画&活用講座「地デジ生活 2000GT」)
iPhoneに録画した番組を転送して屋外で楽しむ

テレビ番組を電車の中からケータイで予約する方法   テレビ番組を電車の中からケータイで予約する方法
(デジタル放送の視聴と録画&活用講座「地デジ生活 2000GT」)
「録画予約を忘れてた!」そんなときどうする?
 

初出:2011/07/20

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー