コンテンツのトップページへ
103. おでんとコスプレでごちそうさまですの 2010/04/07
 

■ 小田原おでんサミットに突撃〜!

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

先週の土曜日、さやかちゃんとセレブY澤嬢を誘って“小田原おでんサミット2010”というイベントに行ってきましたの。全国からふるさとおでんが大集合、食べて遊んでお花見しましょう!という酒飲みにはたまらないイベントに、

セ「あいかわらず面白いもの探してくるわよね〜ゆきぴゅーは。
   そもそもなんで小田原でおでんなわけ?」
ゆ「実はわたくし、カーウォッチで連載している『週末はグルメでドライブし隊!』の取材で、
  つい先日『小田原おでん本店』っていうお店に行ったんですの。
  その時にこの“おでんサミット”のことを知って絶対に来よう!って思ってたんですの」
セ「なるほどね〜。で、小田原おでんっていうのはどんなおでんなの?」
ゆ「それはグルメ隊を読んで下さいませ」
せ「とにかく日本全国から集まったおでんが食べられるわけね」
さ「14ヵ所だっけ?どうせなら全部制覇したいよね」
セ「もちろんビールもあるわよね?あ、おでんだったら日本酒もいいわね」

Click で拡大
今年で6回目だという小田原おでんサミット。
全国各地のおでんを食べ比べできます
Click で拡大
どこも4〜6種類おでん種が入って500円前後
Click で拡大
上が沖縄おでん、左が松江おでん、
右が八丁味噌がかかった名古屋おでん
Click で拡大
上が白エビの入った富山おでん、
左が黒はんぺんの入った焼津おでん、
右が青森生姜みそおでん
Click で拡大
松江おでんにはセリや春菊などの
葉ものが入ります
Click で拡大
青森生姜みそおでんには大角天と呼ばれる薄くて大きな薩摩揚げが入るのが特徴。味噌だれに生姜をいれる寒い青森ならではのお味
Click で拡大

沖縄おでんに入っているティビチ
(※豚足です)

Click で拡大

天守閣展望台への行列

そんなおしゃべりをしていたらあっという間に小田原駅に到着。会場の小田原城・二の丸広場までは歩いて10分ほどですの。青空の下で桜は満開!最高のおでん日和となりました。

さ「さぁ、どこから攻める?」
セ「とりあえず一人ひとつずつ好きなの
  を買ってこない?」
ゆ「そうですわね。じゃわたくしは
  松江おでんからいくですわ!」
セ「私はやっぱり沖縄ね」
さ「じゃ私はそこの名古屋おでん」

と、いったん散り散りになった3人は、それぞれにおでん容器を持ちながら再び集結。

さ「うわっ〜さすが沖縄だね。
  ティビチ入ってる!」
セ「そーよ、コラーゲンたっぷりよ。
  ゆきぴゅーのは何?
  それってもしかして春菊?」
ゆ「そうなんですの。松江おでんは
  葉物を入れるのが特徴なんだ
  そうですわ」
さ「私の名古屋おでんはなんといっても
  八丁味噌が特徴みたい。
  甘辛くておいしいよ」
セ「どれどれ、ちょっと食べさせて」
ゆ「(もぐもぐ)あ、こっちも
  おいしいですわねぇ」

ってな感じで買って食べて買って食べてを2回やったところで、意外にもお腹がふくれてしまいましたの。これは大きな誤算ですわ。

セ「なんか14ヵ所制覇ってキツくない?
  そもそもタマゴが必ず入ってるって
  のが原因よ」
さ「そうだね。少し動いて消化させようか」
ゆ「じゃ天守閣のほうに行ってみるですわ♪」

ということで小田原城・本丸広場へと歩き出した3人。ビニールシートを広げてお花見を楽しむ人達を横目に歩いて行くと、これまたどこも大賑わい!天守閣への階段も長い行列ができています。

ふとその時ですの。広場の隅のある文字がゆきぴゅーの目に留まったんですの。

『鎧兜や着物を着て武者・お姫様に
 変身!!』

「あれをやるですわ〜!!!」

なんと変身料金はたったの200円だそうですの。スタスタと変身小屋に入るゆきぴゅーに、

セ「え〜?!私たちもやるの?
  ゆきぴゅーだけでいいわよ」
ゆ「何言ってるですの。
  3人一緒だったら恥ずかしくない
  ですわよ」

“私、顔が和じゃないからこういうの似合わないのよねぇ”と消極的なセレブY澤嬢とは対照的に、俄然やる気なのがさやかちゃん。しかもお姫様じゃなくて武者に挑戦するというんですの。係のおじさんに着るのを手伝ってもらって、3人はあっという間に時代衣装に身を包んだのでした。

セ「やっぱりゆきぴゅーはコスプレが
  似合うわね、なぜかしら?
  その格好、違和感ないもの」
ゆ「セレブもとってもお似合いですわよ。
  それにしてもさやかちゃん、
   なんか“ひこにゃん”みたいですわ」
さ「一度やってみたかったんだよ
  ねぇ〜!こういう格好」

小田原城をバックにキャーキャー言いながらお互いのデジカメで撮り合っているところに、鎧兜に身を包んだ武者グループの一人からこんな声がかかりましたの。

「スミマセーン。ピクチャー、イッショニ
 オネガイシマス」

片言の日本語のところをみるとどうやらアジア圏からの旅行者のようですの。

「いいですわよ〜」

こうして思いがけず出会った国籍の違う武者&お姫様姿の7、8人で記念撮影となったのですが、そのうちわらわらとギャラリーが集まってきて取り囲まれる形に。なんだかアイドルの撮影会みたいになってきちゃいましたの。

セ「な、なんか関係ない人達にまで
  撮られてるような気がするけど・・・」
さ「ホント。でもこんなに囲まれて
  写真撮られることないよね〜」
セ「そうね、悪い気はしないわね」
ゆ「これぞコスプレの醍醐味ですわ!」

すっかりいい気分になったところで衣装を着替えて変身体験は終了。再びおでんサミットの会場に戻ってみると、人出はさらに増していてちらほら「売り切れました」の張り紙も見られました。相変わらずお腹がいっぱいの3人でしたが、どうしても気になっていた韓国おでんを最後に食べてサミット会場を後にしたのでした。

セ「コスプレってやってみると楽しいわね」
さ「お化粧してカツラ被ったりして、もっと本格的なのやりたいなぁ〜」
ゆ「それじゃお次は日光江戸村か京都の東映太秦映画村へGo!ですわ〜!」

Click で拡大 Click で拡大
武者と姫。どこの国の人達だったのか聞くのを忘れました 韓国おでんはさつま揚げのような味の練り物が長い串に刺さっていますの
Click で拡大 Click で拡大
小田原ローカルTV局のインタービューに応じるセレブY澤嬢 さすが練り物の町!バラエティに富んでいます
Click で拡大 Click で拡大
海の幸も豊富な小田原ならでは
新潟おでんをお持ち帰りしたゆきぴゅー、結局8ヶ所制覇したことに。残るは来年のサミットで!
Click で拡大

メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2010/04/07

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー