コンテンツのトップページへ
94.火鍋とピンク・レディーでごちそうさまですの 2009/11/18
 

■ セレブY澤が15年ぶりにやったコトとは?!

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

「5kg買ったカニがなかなか減らなくて困ってるんだけど食べに来ない?」

と、こんなご時世に景気のいい電話をくれたのはご存じセレブY澤嬢。

行きますわ、行きますわ!
じゃついでに鍋でもやりませんこと。
え?
何鍋かって?
実はゆきぴゅー、オリジナル火鍋レシピを考案したんですの。
ぜひそれを食べてもらいたいんですのよ。
え?
大きい鍋がない?
ついでにカセットコンロもないから持って来い?

ってなわけで、またもや鍋(しかも土鍋)を抱えて電車に乗ることになったゆきぴゅー。そういえばセレブY澤と会うのは夏のゲロゲロ花火大会以来ですわね。

荷物を抱えてやっとこさ到着したゆきぴゅーを缶ビール片手に玄関で出迎えてくれたセレブY澤嬢、

「あら、重そうね。大丈夫だった?」

「だ、だ、だいじょうぶですわ、、、。ところでカニ、カニはまだありますわよね?!」
「あるわよ。私はもう食べ飽きちゃったから、ゆきぴゅー全部食べていいわよ。
 とりあえず買い出しに行きましょうよ。うち今、飲み物が八海山しかないの」

ということでスーパーにお買い物に行くと、カニがあるっていうのについついお刺身やら巨大な豚バラ照り焼きやらを次々と買い込むふたり。最後に久保田の千寿がゴロンとカゴに入ってレジに並んだのでした。ちーん。

「その火鍋とやら楽しみだわ」

「待っててくださいませね、すぐ作りますから」

Click で拡大

カニ、ちゃんと撮るの忘れちゃいましたが、その量こんなものではございませんでしたのよ

Click で拡大
明日お尻痛くなりそー(byセレブY澤)
Click で拡大
巨大豚バラ照り焼きをかぶりつき

そう言ってさっそくキッチンに立ったゆきぴゅー。まずは辛〜い特製スープを作りますの。ちなみにゆきぴゅーの火鍋は赤くて辛い麻辣(マーラー)スープだけ。白湯(パイタン)は現在考案中なんですの。っていうか、仕切りのある火鍋用の本格的な金属鍋を持っていないから作っても困るんですの。

お新香でチビチビとやり始めていたセレブY澤が時々冷やかしに来ては
「なんだか本格的な匂いがしてきたわよ!
 いいじゃない、いいじゃない」
などと言って戻っていきます。
ニンニク、生姜、鷹の爪や山椒の実などを入れて出来上がった赤いスープの中に火の通りにくい野菜から入れていってぐつぐつと煮え始めたら、ジャーン!ゆきぴゅー特製火鍋の完成です。

「お待たせ〜、さぁ出来ましたわよ」

「わ〜い!!!そ、それにしても
 見るからに辛そうね。
 ではいっただきま〜す♪(フーフー)
 熱っ!辛っ!」

「・・・どうですの?」

「うん、美味しい!
 美味しいわよ、ゆきぴゅー!
 八角とか山椒の実がこの本格的な
 味を出しているのね。
 この辛さ、病みつきになりそうだわ」

「よかったですわ、喜んでもらえて」

そう言ってカニをバリバリと砕いてほおばるゆきぴゅー。その後、汗をだらだらかきながら鍋をつつき、お酒もほどよく進んでふたりともいい感じで気持ちよくなってきた頃ですの。

「あら、いけない、BGMが無かったわね」
音楽好きのセレブY澤がパソコンで選曲してくれているようですの。

「そういえばわたくし、最近図書館でCDを借りているんですのよ」

「えっ?!ゆきぴゅーん家の方の図書館ではCDも借りられるの?
 最新のも置いてあったりするの?」

「新しいのはないですの。今ゆきぴゅーが借りているのは水戸黄門のサントラと
 ピンク・レディー!」

「ピンクレディーはともかく、水戸黄門はどーでもいいわ」

「どーでもよくないですわよ!
 それがすごいんですのよ、なんと歴代の助さん&格さんが歌う主題歌が
 全部収録されているんですの!」

「それが?」

「かつて助さんだった今の黄門様も歌っているんですのよ!
 しかもあの主題歌に幻の4番があってそれを歌っているんですの。
 あ、ちなみに誰でも知ってるあの主題歌、あれは『ああ人生に涙あり』っていう曲
 なんですのよ。あらためて聴いてみるとこれまた歌詞がすばらしいんですの。
 そのサントラはですね、2枚組になってて、もう一枚の方にはBGM集が入ってる
 んですの。例えば弥七のテーマとか八兵衛のテーマとか旅立ちのテーマとかが
 入っているんですのよ、それからですね、、、」

「わかった、わかったわよ。すばらしいサントラね。
 で、ピンク・レディーはどうだったのよ」

「・・・それがピンク・レディーのほうはディスクが傷ついているらしくって
 一番聞きたかった『UFO』が聴けなかったんですの、、、、」

「ダメダメじゃない」

「そうなんですの。あー、なんかゆきぴゅー久々に歌いたくなってきたですわ」

「は?!」

「UFO、歌いたくなってきましたわ。このへんにカラオケありましたっけ?」

「カ、カラオケ?」

「行くですわ、セレブ!今夜はふたりでピンク・レディーメドレーですわ〜!!!」

「ぇええええーーーーー?!?!?!」

15分後、本当に二人はカラオケボックスに行って『UFO』をもちろん振り付け付きで歌っておりました。後で聞いたらセレブY澤嬢、なんとカラオケに行くのは15年ぶりだったようですの。そのわりにはノリノリで『S・O・S』を歌っていたようないなかったような。そうそう、ゆきぴゅーもちろん歌いましたわよ、『ああ人生に涙あり』。

Click で拡大

 

メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2009/11/18

  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー