コンテンツのトップページへ
92.ロケ地めぐり第二弾 〜伊豆シャボテン公園編〜 2009/10/21
 

■ シリーズ化になりそうな予感(でもわかりませんの)

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

夏の猿島編を楽しく読んだという映像プロデューサーK玉氏から、またこんなメールが来ましたの。

「ゆきぴゅーさん、こんにちは。ロケ地めぐり第2弾の場所が決定しました。
 猿島の次は伊豆のシャボテン公園です。
 さっそくですが今週末どうですか?
 あ、友人の南K太郎(仮名)も楽しみにしてるみたいですよ」

こっちの都合も聞かないで勝手に楽しみにされても困りますの。

「ところで、シャボテン公園って何のロケ地なんですの?」

「まあそれは当日いろいろお教えします」

Click で拡大

ようこそ!
入口では変なサボテンがお出迎え

Click で拡大
後ろに見えるは大室山。ハヤタ隊員もリフトで標高580mの頂上まで登ってます
Click で拡大
ジャーン!!! これが高原竜。ウルトラマンではこれがヒドラとなって出現
Click で拡大
園内はクジャクやリスザルが放し飼いという環境にびっくり
Click で拡大
K玉さんと南さんはこれを見て何度も「咲いて散れっ!メキシコの花っ〜!」と叫んでいましたが意味不明
Click で拡大
ゆきぴゅーお目当てのカピバラさんは、口の中に石を入れて前歯を歯磨き中でした
Click で拡大
チンパンジーのピンキーちゃんと堤園長
Click で拡大
いつもびっくりした様子のプレーリードックちゃん
Click で拡大
お昼ごはんはギボン亭にてジンギスカン♪ ごちそうさまでした〜
Click で拡大
ジンギスカンを食べたあとはさっぱりしたシャボテンソフトがオススメですの!

ってなわけで、再び特撮ヲタクの殿方2名とお出かけすることになったゆきぴゅー。
本当にシリーズ化されちゃうですの、コレ?

「おはようございます。あれ、南さん。
 赤いスカーフだなんて
 前回にもまして奇妙なファッション
 ですのね」

「ハハハ。今日の彼は一文字隼人を
 イメージしているんですよ。 
 ところでゆきぴゅーさんは
 シャボテン公園には
 行ったことあるんですか?」

「いいえ、初めてなんですの」

「実は僕たちも初めてなんです。
 調べてみたらこの10月で
 開園50周年だそうですよ」

「へぇ〜、歴史のあるテーマパーク
 なんですのね〜」

そんなおしゃべりをしながらはるばるやってきました、静岡県伊東市。お天気がいいので眼下に広がる海がとってもきれいですの。しかし海などに興味の無いお二人はさっさと入場券を買い園内へ。そしてすぐさま見晴らしのいい場所に立ってぐるりと見渡しているなと思ったら、

「おおおー!アレだねっ!」

「アレですねっ!」

とかなんとか言いながら、スタスタと歩いて行ってしまうんですの。後をついて行くと、レンガ色の大きな鳥みたいな石像の前にやってきました。なんですの、コレ?頭は鳥だけど、しっぽがあって体は恐竜みたいですわ。

「お教えしましょう、ゆきぴゅーさん。
 この石像はですね、記念すべき
 仮面ライダー第14話
 『魔人サボテグロンの襲来』で
 舞台になったものなんです」

「はぁ、、、でもなんで14話が
 記念すべき回なんですの?」

「いい質問です。
 実はここ伊豆シャボテン公園が
 出てくる第14話というのは、
 仮面ライダーが初めて変身ポーズ
 をした記念の回なんです!」

その時ゆきぴゅーは“じゃ仮面ライダーって14話までは変身しないんですの?”と思いましたが聞いたら最後また長い話になりそうだったのでそこは流すことにしましたの。

「本来変身ポーズのカットは
 シャボテン公園では撮っていない
 のですが、記念すべき14話の
 舞台となった場所として
 今日はここを選んだというわけです」

「そ、そうですか」

「ちなみにその変身ポーズというのが
 ですね、俳優さんが段取りを
 間違えたまま放送されている
 めずらしい回なんですよ」

「へぇ〜」

「今から南にやってもらいましょうか。
 彼はその段取りを間違えた
 バージョンと正式バージョンの
 両方が出来ますよ」

「お見せしよう。仮面ライダー!」

「いえ、結構ですわ」

さらに説明は続きますの。

「それからですね、ゆきぴゅーさん。
 ここでは仮面ライダーの他にも
 ウルトラマンのロケも行われて
 いまして、1966年放送の第20話
 『恐怖のルート87』ではこの
 高原竜ヒドラが出てくるんです」

「こうげんりゅうひどら???
 コレってそういう名前なんですの?」

「そうなんです。
 交通事故で死んだ男の子の霊が
 この高原竜に乗り移って
 生きた怪獣となり、ウルトラマンと
 戦うって話なんです。
 あ、言い忘れましたが、
 仮面ライダーの14話・15話では
 この内部はショッカーの
 アジトだったんですよ。
 だからここでは3人そろって
 “イー!!!”と
 やらなければいけません」

「おふたりでどうぞ」

どうしてもイーをやりたいみたいですわね。

「・・・とこういうわけで、
 ここシャボテン公園は特撮ファン
 には聖地のような場所なんですよ。
 さてゆきぴゅーさん。
 そろそろ帰りましょうか」

「えっ?!もう帰るんですの?」

「だって目的の場所に来れたじゃ
 ないですか」

「せっかく早起きして来たのですから
 このなんとか竜だけじゃなくて
 他も全部観るですわよ!
 それにわたくし、カピバラさん
 見るのを楽しみにしてきたん
 ですのよ」

「それって面白いんですか?」

「面白いとか面白くないとか
 ではなくて、、、
 とにかくまだ帰りませんわよ!!!
 そ、それに少しお腹もすいて
 きましたわ」

「そういえばそうですね。
 それじゃぐるっと園内を観て
 まわって昼飯でも食べますか」

それから3人は高原竜の中から温室に入り今まで観たこともないような大きなサボテンを鑑賞したり、フラミンゴのピンク色に感動したり、動かないハシビロコウが動くのを見たり、シロテテナガザルがロープをつたわって遊んでいるのを眺めたりしてフツーの観光をいたしましたの。

特に南さんはカピバラとは何か心を通じ合えるものがあったらしく長い間じぃっと観察しておりましたわ。

「いやぁ〜、高原竜だけかと
 思いましたが、
 伊豆シャボテン公園、意外にも他もおもしろかったですね」

「何よりこのサボテンソフトクリームがうまいですよ」

こんなふたりと行くゆきぴゅーのロケ地めぐりはこれからも続く、かもしれませんの。

Click で拡大

伊豆シャボテン公園

伊豆シャボテン公園の情報
 静岡県伊東市富戸1317-13  TEL:0557-51-1111(代)  http://www.shaboten.co.jp/
 営業時間: 9:00〜17:00(3/1〜10/31)、 9:00〜16:00(11/1〜2月末)
 入場料 大人・高校生・・・1,800円
 ※入場料が200円割引になるクーポンがウェブサイトに有り。
 駐車場500円/台

 

メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2009/10/21

  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー