コンテンツのトップページへ
83. ゆきぴゅージロリアンからジョッガーへの道〜感動のマラソン完結編〜 2009/06/03
 

■ 赤富士Tシャツ軍団がついに富士山のふもとに集結〜!!!

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

5月31日(日)。
ついに迎えてしまったマラソン大会。

お酒の席でついうっかり「出ますわ」と言ってしまったばっかりに、3日に一度はメンバーから「ゆきぴゅー走ってる?」とおせっかいなメールが来る日々にもこれでおさらばですわ。

というわけで、今回ゆきぴゅーが挑戦したのは、ジャーン!!!
第29回 山中湖ロードレース』。

Click で拡大
セレブY澤とゆきぴゅーは高速バスに乗る前にラーメン二郎新宿小滝橋通り店でスタミナ補給。これぞ真のジロリアンズ!よってバスの中はニンニク臭が充満
Click で拡大
血が出てもダイジョーブTシャツ。やる気のないゆきぴゅーの描き文字と葛飾北斎の初のコラボ
Click で拡大
スタートの号砲が遠くで聞こえるも、なかなか前に進まず
Click で拡大
ようやく走りだしました。
Click で拡大
2q付近でダースベイダーを追い越したゆきぴゅー。セレブY澤が一緒に記念写真
Click で拡大
チャイナドレスガールズも頑張っています
Click で拡大
森の中を走る中盤。このあたりでゆきぴゅーは、前を走っていたおっちゃんにオナラ攻撃を受けてあやうく失神しそうになる
Click で拡大
ゆきぴゅー9q地点でダースベイダーにぬかされる
Click で拡大
ついに12q地点の看板が見えましたわ〜!そういえば今回は一度も富士山の姿を見ることが出来ませんでした、残念!
Click で拡大
おかわりして食べた豚汁。地元のおばちゃん達ありがとうですの〜!

山中湖一周(13.6km)と、ハーフマラソン(約21km)のふたつがありますが、もちろんゆきぴゅーが走るのは短い方。

それにしても13.6kmを人生一度も走ったことがないまま本番をむかえるランナーが12,000人の参加者の中にどれくらいいるのかはわかりませんが、ここに確実に一人はいるわけでして、そんななんちゃってジョッガーは、本番2日前に近所の靴流通センターでランニングシューズを買い、現地入りしてから売店で5本指ソックスを買うという余裕たっぷりな行動をとったのでありました。

「とりあえず、ゆきぴゅーがまともな靴で
 来てくれて安心したわ。あっ!
 ってことは一度もそれで走ってないって
 ことだよね?!」

と心配そうに足下を見るさやかちゃんやセレブY澤に、ゆきぴゅーは足踏みしながら、

「だから今こうして履き慣らしているん
 ですわよ、
 ダイジョーブ、ダイジョーブ」

ダイジョーブといえば、ギリギリ出来上った『血が出てもダイジョーブTシャツ』。行きの高速バスの中でメンバー一同に配ると、黒地に赤富士、同じく赤い文字が効いたのか、
「意外にカッコイイ!」
「なんかダンスチームの
 Tシャツみたい♪」
「目立っていいね!」

と大好評でしたの。

去年の流血経験がネタにされた原Gさんも感無量といった感じで受け取ってくださいましたわ。もちろん今年はばんそうこうの用意、バッチリのようですの。

さて、前日に山中湖入りした一行は民宿に一泊。夜は大宴会になるかと思いきや、あの酒豪セレブY澤がお夕飯の時に軽〜く一杯だけビールを飲んだだけで早い時間に就寝というめずらしい展開に。よほど気合いが入っているんですのね。

(セレブY澤嬢が飲まないなんて明日雨が降るかもですわ〜)

と心配していたら、案の定当日は小雨が降りそうな暗い曇り空になっちゃいましたの。それにしても朝の8時過ぎだっていうのにすごい人、人、人!緑に囲まれて湖沿いを走るこの山中湖ロードレースは、全国からランナーが集まる人気の大会らしいですわ。

そしてゆきぴゅーが一番びっくりしたのは、女性のラン・ファッションレベルが高いこと!

もう皆さん、見られることを意識して頭の先からつま先までバシっとキメているんですのよ。

あああー、ゆきぴゅーも可愛いランスカはきたかった!と後悔しても後の祭りなわけで、、、。

さぁ、ハーフマラソンのスタート15分後、いよいよ山中湖一周組もスタートですの。ゆきぴゅーはこのコラムの為にデジカメを持って走るという、長距離を走るにはかなりの悪条件でしたがこればっかりは仕方ありませんの。

さやかちゃん他、日頃から走り込んでいるメンバーはそれぞれ目標タイムがあるらしく、スタートとともに目の前から消え、「最初は一緒に走ってあげるわよ」と言ってくれたセレブY澤としばらく並んで走りました。

しかし、2q、3q、、、、とそれまでおしゃべりをしながら走っていたのが次第にお互い無言になり、いつの間にかはぐれてあとはひたすら孤独な自分との戦いでしたの。

中盤で登場する上り坂では、沿道のおじちゃんの「ホレ、あともう少しで下りだ〜!ガンバレ、ガンバレ〜!!!」という声に励まされました。

給水所でオレンジを手渡してくれるおばちゃんに元気をもらいました。そして地元の子供達の「おねーちゃんがんばってー!!!」のかわいい応援に思わず笑顔が生まれて、まるで第二の高橋尚子になったかのような気持ちで走り続けるゆきぴゅー。

新調したランニングシューズの威力なのか、数ヶ月前にさやかちゃんと一緒に走った10キロをクリアした後は、生涯最長記録を更新していきましたの。

(もしかしたらこのまま完走出来るかもしれませんわ〜)

という期待も現実のものになってきたわけです。フィニッシュ地点の山中湖中学校へのゆるい上り坂は、ラストスパートをかけようと頭では思ってもそんな余力はどこにもなく、横からハーフを走った人達にどんどん追い抜かされる有様で、ゆきぴゅーそこで初めていっちょまえにも“悔しい”と思ってしまいましたわ。

いつからか雨が急に強く降り出してきて、そんな中、最後の力をふりしぼって足を前に出しました。

そして、ついに、ついに!感動のゴールですの。

やりましたわ!やりましたわ!やりましたわ〜!ゆきぴゅー全然練習してなかったけれど、なんとか一度も歩かずに13.6qを完走することが出来たんですの〜!!!

もう雨なのか汗なのかわからないものがダラダラと顔を流れていて自分が一体どういう姿になっているのか見当つかないまま放心状態で、気づいた時にはゆきぴゅー、一人で豚汁を食べておりました。
そしてもう一度我に返った時には2杯目を食べるために列に並んでおりました。

塩分を摂ってようやく落ち着いたところで、とっくにゴールしているであろうメンバーを探さなくちゃと思い立ちましたの。スタートは仲良く一緒でもゴールはバラバラ。広い校庭に1万人もいるとおそろいのTシャツとはいえまったく探せませんの。

あぁ、もしかしたら置いて行かれちゃったのかもしれませんわ〜と泣きそうになった頃、ようやく黒Tシャツメンバー達を発見ですの。

「わぁ〜、ゆきぴゅー!
 どうしたかと思ったよ〜!」
「どうだった?完走出来た?!」
「途中歩かなかった?
 靴は大丈夫だった?」

みんなとっとと先に行っちゃったくせに自分のことのように心配して喜んでくれて本当に本当にうれしかったですわ。

ありがとうですの〜!!!

最後にゆきぴゅーが今回のマラソン人生で学んだことを備忘録として書いておきますので何かのご参考になさってくださいませね。

  1. 男性は乳首にばんそうこうが必須
  2. マラソン前日のお昼にはラーメン二郎を食べてスタミナをとるべし(もちろんニンニク入り)
  3. セレブY澤がお酒を飲まないと次の日雨が降る
  4. Tシャツの後ろはかなりの広告効果がある
  5. ちゃんとしたランニングシューズをはけばふくらはぎの筋肉痛はかなり軽減される
  6. ダースベイダーは後半に強い
  7. 沿道からの応援はあたたかく、時には涙が出る
  8. フィニッシュ地点では先にゴールしたチームメイトがカメラ片手に応援してくれるかと思いきや誰も待っていない
  9. 走った後の豚汁はとにかくおいしい
  10. 長距離走った後にすぐ座ると痔になることがある(ハーフ出場のM浦くんが実証済み)
  11. みんなで走れば楽しい!!!

というわけで、、、来年も出ようかな(ボソッ)

あ、言っちゃった。

Click で拡大


メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2009/06/03

  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー