コンテンツのトップページへ
82. タダで・・・Tシャツですの 2009/05/27
 

■ メンバー大後悔!
  みんなでおそろいのTシャツを作るですの、の巻

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

あれよあれよと言っているあいだに、今週末にせまってしまったマラソン大会。

実は今回は、さやかちゃんの会社の方々+セレブY澤など、総勢9名でのエントリーなんですの。もちろん、ゆきぴゅー以外は日々トレーニングに情熱を燃やして体を鍛えている方々ばかり。会社帰りに走るために会社に行くような、トレーニング馬鹿みたいな集団でございます。

そんなマゾ集団の飲み会が先日、新宿で催されるということで行って参りました。

Click で拡大
最近では走る人のことをジョガーと言うらしいですわね。悪の秘密結社ジョッカーではありません。
Click で拡大
※写真はイメージです。

本来マラソンは個人競技。
しかし今回は余裕を持って前日に現地入りして民宿に泊まることになっているため、競技本来の前にまずはメンバーの親睦を図ろうというねらいの飲み会だそーですの。

幹事であるさやかちゃんが乾杯の音頭をとると、案の定「最近は何kmを軽く走れるようになった」だとか「○kmを1時間切った」だとかそんなおしゃべりがはじまりました。デッキシューズに毛の生えたようなスニーカーで出場するつもりのゆきぴゅーには縁遠い世界のお話。
まったくついていけませんの。

そんな飲み会も中盤という頃、突然さやかちゃんからこんな発表がありました。

「えー、みなさん。今年も去年同様に
 おそろいのTシャツを作ろうと
 思うのですが
 いかがですか〜?!」

「おお!いいねぇ」
「賛成〜!!!」
「わーい、楽しみー♪」

(お、おそろいのTシャツ〜?!
 そこまでするですの〜???)

「そこでですね。
 私から提案があります。
 今年はここにいるイラストレーターの
 ゆきぴゅーに、私達のTシャツを
 デザインしてもらおうと
 思ってま〜す!!!」

ブブブーーーッ!!!(←ゆきぴゅー
がビールを噴く音)

「えええー?!わ、わたくしが?!」

「うん!お任せするからカッコいいデザインよろしくね♪
 それから、ギャラは出ないけど、ゆきぴゅーのTシャツ代は他の全員で負担する
 ってことでどうかしら」
「ま、まぁそれはいいですけど、、、でもわたくしポンチ絵は描いてるけど
 デザインって言われるとちょっと、、、」
「大丈夫、大丈夫。楽しみにしてるから!じゃよろしくね!」

・・・というわけでなんだかよくわからないまま大役を仰せつかってしまったゆきぴゅー。
記念のチームTシャツですもの、これは責任重大ですわ。おそるおそる、

「ところで去年はどんなTシャツだったんですの?」

と、去年も参加したメンバーの方々に聞いてみると、、、

「えっとね、Tシャツの地の色は薄いブルーで、後ろに大会日付とメンバー全員の
 名前がアルファベットで入ってて」
「胸には走ってる人間のマークみたいなのがあったかな」
「Tシャツといえば去年、原Gさんが流血しちゃって大変だったよねぇ」
「えっ?!流血〜?!どーしたですの?!」

原Gさんというのはさやかちゃんの会社の人でメンバーでは最年長のリーダー的存在の殿方。その原Gさんが流血?!転んでケガでもしちゃったんですのー?!

するとご本人、

「そうそう、競技が終わってみんなと写真撮ってたら気づいたんだよね。
 ぎょえ〜!!!オレ、乳首から血が出てるーー!!!って」

「ち、ちくびぃ〜 ?!」

不幸なことに原Gさん、Tシャツとの摩擦ですれた乳首から血が出てしまったそうですの。が、走っている最中はまったく気づかず最後にみんなで記念撮影したときに
“アレレ?!ギャー!!!”
ってなったというからこれまたびっくりですわ。

もうゆきぴゅー、想像しただけで大笑いですの。男性は長距離の時に絆創膏を貼るって聞いたことがあったけど本当にそういうことってあるんですのね〜。

「それがね、ちょうど乳首の両脇からツツツーーーって
 斜め下に向かって血が流れていて、その形がまるで富士山みたいだったワケ!」
「そういえばそうだった!あれ傑作でしたよね〜」
「痛々しくてかわいそうなんだけど、思わず笑っちゃってさぁ〜」
「今でもあの集合写真見ると笑える〜!」
「マラソンの後に行った温泉で、これまたヒリヒリしみて痛くてさ〜、
 大変だったんだよぉ〜」

その後もゆきぴゅーは大変失礼ながらも、ご本人を目の前にして腹筋が痛くなるほど笑ってしまったのですが、その時すでにTシャツ図案のアイディアが浮かんでいたことは、原Gさんはもちろんメンバー全員誰も想像していなかったはずですの。

というわけで数日後、なんちゃってデザイナーゆきぴゅーが幹事さやかちゃんにメールしたラフデザインがこちらですの。

ジャーン!!!

「どうでしょうか?幹事さん!」
「い、いいんじゃないかな?(汗)」

と、明らかにゆきぴゅーにお願いしたのは間違いだったというニュアンス100%のお返事をもらいましたが、気にせずそのままTシャツプリントの会社にオーダーですの。

「血のマークはですね、ちょうど右の乳首のあたりにくる感じで。ええ、右の乳首で!」
と、ちくびちくびと連発しながらも相変わらずまったく走っていないゆきぴゅーだったのでした。

あと数日で出来上る予定の赤富士Tシャツを持って、いざ!富士山へ!?
え?
本当に富士山?!
来週は感動のマラソンネタ最終回!!!(になる予定)。
どうぞお楽しみに〜

Click で拡大


メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2009/05/27

  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー