コンテンツのトップページへ
80. 持つべきは友!愛の猛特訓でごちそうさまですの 2009/04/15
 

■ 走る走ると言って走らないゆきぴゅーのもとに
  韋駄天娘がやってきた〜

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

世の中、空前のマラソンブームだそうで。

なんと先月行われた東京マラソンの申込者数は前年比で68%アップ、当選倍率は7.5倍だったんだとか。そんな中、2008年の冬にセレブY澤とさやかちゃんと共に初エントリーした(が、大雪で中止となった)浦安市民マラソンの後も、我がタダごはガールズメンバーのマラソン熱はヒートアップしていたのでした。

ゆきぴゅーをのぞいては・・・・。

ふたりは地道にトレーニングを続け、5q、10q、ハーフと着々と地元の市民大会などに出場していたんですの。そのたびに「次は一緒に出ようよ」と誘いを受け続けたゆきぴゅーは、毎回テキトーな口実を見つけては断っていたのですが、数ヶ月前のお酒の席でうっかり「わかりましたわ、次の大会には出るですわ」と言っちゃったらしいのです。

その次の大会というのが5月末に開催される某ロードレース大会。
お金を払えば走る気になるだろうと高を括りながら、しぶしぶ4000円のエントリーフィーを払ったのですが、それでもゆきぴゅーの重い腰はあがらず、日頃のウォーキングでさえもサボる日々が続いておりましたの。

今回の幹事でもあり、人一倍トレーニングに燃えているさやかちゃんは“皆で皇居の周りを走ろう計画”などで誘ってくれていたのですが、自分の家の周りだって走らないのに、わざわざ皇居まで行って走らないですわよ、と思いながらピコピコと断りのメールを打つゆきぴゅー。もちろん体重も増加の一途をたどっておりました。

そんないつまでたっても走り出さないゆきぴゅーを見るに見かねたさやかちゃんから「こんどの土曜日、ゆきぴゅーのおうちまで行くから一緒に10q走ろう!」という恐怖のメールが来てしまったからサァ大変!こうなったらもう言い逃れは出来ませんの。

(仕方ないですわ、そろそろ走り出さないと本番はもう来月ですものね、、、)

というわけで、むかえた土曜日の朝。
ゆきぴゅーのヒザの出ちゃってるへなちょこスウェットとは違って、ナイキだかアディダスだかのイケテるトレーニングウェアで颯爽と現れたさやかちゃん。シューズ、サングラス、帽子、日焼け対策と、全身ばっちりキマったアスリート姿ですの。一方、ゆきぴゅーはといえば、寝起きで髪の毛ボサボサ、ちょっと二日酔いも残るボーッとした頭でおうちを出ましたの。

コースは普段ゆきぴゅーがウォーキングしている小川沿いの遊歩道。歩くとちょうど1時間なので大体往復で5qくらいだと思いますわと言ったら、

「了解。今日は10qノンストップで走るからね!」
「ぇえええー???!!!」

っていうか、わたくしまだ 1 qだって走っちゃあいないんですのよ〜、とストレッチ中にレベル申請しても時、すでに遅し。

「大丈夫、大丈夫!しゃべれる程度のスピードで走るから。さぁ準備はいい?!
 じゃスタート!!!」

(た、たいへんなことになりましたわ〜。絶対に10qなんて走りきれないだろうから、
 やれるところまでやって後は先に行ってもらうしかありませんわ)

と最初からあきらめモードのゆきぴゅー。
走り始めて数分“あぁもうすでにだめかも”と思い始めた頃ですの。さやかちゃんが突然、
「1q通過したよ」

とサラリと言うんですの。

「えっ?!何でわかるんですの?」と聞くと
「これが教えてくれるんだよ」

と腕のポケットに入ったiPodを指さすんですの。なんでもランニングシューズのインソール内に装着された3pくらいのチップがiPodのセンサーとワイヤレスでつながっていて、距離や消費カロリーがイヤフォンで確認出来るんだとか。すっげー!!!と、ゆきぴゅーは今頃びっくりしてますが調べたらコレ、2006年に発売されているものでした。

「へぇ〜、なんかやる気が起きそうなアイテムですわね」
「うん、オススメだよ」

その後も、「2q通過〜!」と、イヤホンからのお知らせを声に出して報告してくれるさやかちゃん。

しかし息も絶え絶えに、

「ま、まだ2q、、、(ゼーゼー)」

というゆきぴゅーに、

「まだ2qじゃなくって、もう2q走ったんだ!って思って走るといいんだって」

頑張ったご褒美にさやかちゃんが
ごちそうしてくれたお酒とつまみたくさん
Click で拡大
※さやかちゃん撮影
Click で拡大
Click で拡大

と超ポジティブ思考論を唱えてくれるのですが、すでに死にそうなゆきぴゅーには“まだ2q”のネガティブ思考論しか浮かびませんの。

そこで、気を紛らわすためにイマドキのジョギングウェアやシューズの話を聞きながら走ると少しだけ辛さが軽減したような気になりました。

「4q通過〜!」
「(ゼーゼー)も、もう4q、、、
 ですわね、、、」
「そう!もう4q走ったんだよ。
 全然走ってなかったわりには
 すごいじゃん、ゆきぴゅー!」

人間褒められれば調子が出てくるものですわね。その後も時々意識が遠くなりながらもさやかちゃんの、

「5q通過〜!もう半分走ったよ〜!」
「6q通過〜!この調子この調子!」
「7q通過〜!あとたったの3q!
 がんばれ〜」

の声に励まされながら奇跡的についていけておりましたの。
が、しかし、

「8キロ通過〜!
 完走出来そうだね〜!!!」

の声を聞いた頃ですの。ゆきぴゅーの左足に変化が出始めたのは。

「(ゼーゼー)さ、さやかちゃん、
 (ゼーゼー)な、なんだか左足の
 ふくらはぎが(ゼーゼー)
 痛いんだけど、(ゼーゼー)
 これってに、肉離れですの?
 (ゼーゼー)」

「えーっ?!
 肉離れだったら走れないよ!
 たぶん筋肉痛だね。
 あとでお風呂でよーく
 もみほぐせばいいよ」

っていうか筋肉痛って走ってるうちになるものなんですのね〜、知りませんでしたわ。
人体の不思議ですわ。

「9q通過〜!残りあと1q!」

ふくらはぎの痛みは増すばかりですが、もうここまできたら最後まで走りきることしか考えられませんの。体力はすでに限界オーバー。

完全に気力だけで走っていたゆきぴゅーはついに!ついに!「10q終了!ゴール!」の声を聞いたのでした。

こ、これぞミラクル!!!
きっとどこぞの神様が降りてきていたに違いありません。
なぜならゴールした途端ふぅっと力がぬけてそれ以降はヒザがガクガクしてしまったからですの。

30分後。
近所のスーパー銭湯のジェットバスで全身の筋肉をもみほぐし、1時間後にはその痛い足を引きずって(いたのはゆきぴゅーだけ)スーパーに買い出しに行き、近所の公園でお花見をしましたの。ふくらはぎは大変なことになっちゃってましたが、ビールに枝豆、焼き鳥に唐揚げですっかり元気を取りもどしたゆきぴゅーだったのでした。

「よく頑張ったよね〜!やれば出来るじゃん」

「さやかちゃんのおかげで10qなんとか走れるってわかったし、これからの励みに
 なりましたわ。今日は来てくれてどうもありがとうですわ〜!!!」

「よかった、よかった。あ、言い忘れてたけど
 本番は10qじゃなくて正確には13.6qだからね♪」

がーん・・・。
本番まであと7週間。
どうなる!? ゆきぴゅー。

Click で拡大


メールマガジンに登録しませんか
 

初出:2009/04/15

  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー