コンテンツのトップページへ
72. 地下施設観光ツアー 〜其の三〜 2008/12/17
 

■ ゆきぴゅーまたもや地下へ潜る!
  三部作完結編(なのか?)の巻

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ


前回の吉見百穴の記事を読んだという、映像プロデューサーK玉氏よりこんなメールが来ましたの。

「ゆきぴゅーさん、こんにちは。
 最近は特撮ロケ地めぐりにハマっているようですね。

(べ、べつにゆきぴゅー、ロケ地めぐりしているつもりはないんですのよ)

 ・・・・首都圏外郭放水路、吉見百穴ときたら、お次はもう『大谷石地下採掘場』
 しかありません!
 ぜひ行って来て下さい!
 そして魔弾戦記リュウケンドーや特捜戦隊デカレンジャー、仮面ライダー響鬼を
 感じてきて下さい。次のタダごは楽しみにしていますよ!!!」

勝手に楽しみにされちゃってるようなので、それじゃぁてことで、そのなんとか石採掘場とやらに行ってみることにしましたの。

(・・・で、一体どこにあるんですの???、、、ナニナニ?
 え"っ?!う、うつのみや〜?!)

というわけで、車で行かなくちゃいけないとなると道連れになるのは札束とーちゃんの娘T美ちゃん。さっそくお誘いメールを送ると、

「今週末?!えっ?地下施設?!宇都宮?帰りに餃子〜?!
 行く行く〜っ!キャー楽しみぃ♪」

と、意外なお返事が返ってきましたの。そういえばT美ちゃんとはこの時も宇都宮に一緒に行きましたわね。

Click で拡大
「巨大地下空間」の文字になぜか心が
おどるようになってきたゆきぴゅー
Click で拡大
この場所からはまったく想像できませんが・・・
Click で拡大
駐車場の景色からしてスゴイところ
Click で拡大
いよいよ地下へ進入!ソロソロと階段を下りる
Click で拡大
階段を下りると左上のポイントに出ます。
そして誰もがその巨大な地下空間に
歓声をあげますの
Click で拡大
ランプに照らされて幻想的な雰囲気
Click で拡大
人と比較した時のスケール大きさにびっくり
Click で拡大
ファッションショーや結婚式、アート展示会
さらにはコンサートなど地下空間利用の
多様化もうなずける場所
Click で拡大
『美少女戦士セーラームーン』ファンは
感動の最終回をご覧下さい

で、当日。
今回はGWの時のような渋滞はなくて、東京から2時間ほどのドライブで到着しましたの。こんな年末押し迫った時期にわざわざ石の採掘現場跡を見に来るなんて、わたくしたちくらいなものでございましょと思っていたら、、、

それがどっこい!観光バスなんか停まっちゃっていたりして大変な賑わいなんですの。

ゆきぴゅーとT美ちゃん、まずは展示室を見て予習をすることにしました。

「ふむふむ。大谷石っていうのは
 この付近一帯から採れる凝灰岩の
 ことなんですのね」

「古墳時代に石室として利用された
 のがはじまりだって〜。
 そんなに昔から使われてたんだね」

「旧帝国ホテルの建材として使われて、
 関東大震災の時にもびくとも
 しなかったらしいですわよ」

「へぇ〜、すごい石なのねぇ」

さて、いよいよ地下に潜入ですの。展示室もそうでしたが地下に下りるドアを開けるとヒュウゥゥゥと底冷えしてきますの。

厚手の上着にニット帽という暖かい格好をしてきてよかったですわ。

階段はゆるいカーブを描いていて、気付くと床から壁から天井からすべてがその大谷石なんですの。

そして目の前がパァっと開けたかと思ったら想像していたよりもはるかに巨大な地下空間がさらに下に続いているではありませんか。

「うわ〜!すごいですわね、この光景」

「この空間、すべて人の手で掘った跡
 ってこと?信じられな〜い!」

まるでインディージョーンズの世界に思わずバチバチとシャッターを切ってしまいますの。前回、前々回と“地下に潜る時には三脚を持って行くべし”と学んだゆきぴゅー、今回はしっかりと用意していったんですのよ。

順路を照らすライトに沿ってさらに階段を下ります。中には天井から自然光が入ってくる場所もあったりしてとっても幻想的。

何十年か前にここで何千人という人達が採掘作業をしていたことをうっかり忘れてしまうほどなんですの。

「そ、それにしても寒いですわね、ここ」

「あ、ゆきぴゅー。見てみて、ここに
 書いてあるよ。年平均気温は7℃で
 冷蔵庫の室温と変わりませんだって」

「ど、どうりで(ブルブル)寒いはず
 ですわ(ブルブル)」

後から知ったのですが、この地下施設、夏は湿度が高いためにもやがかかったようになることもあるそうで、結露した石の表情がまた違った雰囲気に見えるそうですの。

それにしても巨大な地下空間!その広さ2万平方メートル、と言われてもピンときませんが、東京ドームのグラウンドがすっぽりと入ってしまうというほどですからたまげますわ。

しかも入場券の裏に「このような大きな坑内は、大谷でも2、3ヶ所しかありません」って書いてあるってことは、公開されていないとはいえ他にもまだあるってことですわよね。

「長渕剛やプリプリやGLAYなんかの
 ミュージックビデオとかにも使われ
 たらしいよ」

「最近では美術展や作品展とか、
 アートスペースとしての利用も多い
 って書いてありましたわよね」

「結婚式も挙げられるんだって!」

「ヒャー、夏ならいいけど寒そう〜」

そういえばK玉氏曰く、ここも特撮ドラマのロケで多く使われているらしいですがそれも納得ですわ。正義と悪の戦いの場にはぴったりの場所ですものね。

こうしてT美ちゃんと共に大谷石地下採掘場を楽しんだゆきぴゅー。

東京に戻ってさっそくK玉氏に報告のお電話をするとこんなことを言ってましたわ。

「そうですか、行きましたか。ちなみに
 大谷石採掘場でロケをした特撮番組
 で、僕のオススメといったらなんと
 いっても“美少女戦士セーラームー
 ン”ですっ!
 最終回はあの場所でプリンセスムー
 ンが地球を滅ぼしていくっていう、涙
 なしには観られない展開なん
 ですよ!
 それからですね、、、、、、」

特撮オタクの情熱は地下施設のように深〜いんですのね。

 

Click で拡大

■ 大谷石地下採掘所跡 の情報 ■

大谷石地下採掘所跡
 栃木県宇都宮市大谷町909  入園料:大人600円 
 開館期間:今年は12/24(水)まで。年明けは1/2(金)より営業 休館日:毎週木曜日
 ※無料駐車場あり。

 アクセス:
 車の場合→東北自動車道の鹿沼ICより13km、25分。または宇都宮ICより8km、15分
 電車バスの場合→JR宇都宮駅より関東バスで「大谷資料館入り口」下車徒歩7分

 先月この地下採掘所跡でアイルランドの歌姫ENYA(エンヤ)の撮影が行われたそうで、
 そのもようは12/23(火)日本テレビ20:54〜22:48の「HAPPY Xmas SHOW!」で
 放送されるとのことですのでお見逃しなく!
 エンヤが好きなゆきぴゅーも楽しみにしていますの。


 

初出:2008/12/17

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー