コンテンツのトップページへ
52. ゆきぴゅー危機一髪でごちそうさまですの(自腹で) 2008/02/20
 

■ピンチのゆきぴゅーを救ったのは誰?

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

前回のタダごは、いつものごとく締め切り間際になってマラソンのイラストを描いていたゆきぴゅーに襲いかかった悪夢、、、。

なんとパソコンが突然バチッ!!!っとオチたんですの。
人間って予期しないことが起きるととっさに理由をこじつけるものですわね。
ゆきぴゅーはその瞬間、

「ギャー、かみなり〜!!!」

と気象現象のせいにしたのですが外は快晴でした。

(えっ?えっ?ど、どーして??? どーしちゃったですのー???)

なんのことやらわからずにあせりまくって真っ黒の画面と足下のマシンを交互に見つめるゆきぴゅー。そ、そういえば、今描いている途中だったイラストはどうなっちゃっうですのー?それよりなによりハードディスクのデータが飛んじゃったりしてたらどうするですのー?

(ど、どうか何事もなく起動して下さいませ、、、)

祈る気持ちで電源ボタンを押すと、ピピピ・・・といつもの起動音がしたのですが、0.5秒後にまたバチッ!!!っとオチますの。

がーん。

これはどうやらかな〜りヤバイかもですわと事態を重く受け止め始めたゆきぴゅー。
原稿の締め切りまであと30分。とりあえず遅れる旨を伝えなくてはと携帯を握りしめてスタグラプロデューサー神崎氏に悲しみのメールを打つと、こんなメールが返ってきましたの。

「おおおおっ、呪いです。
 それは呪いですよ。
 スタグラに掲載した僕の記事を読まなかった呪いに違いないです」

の、のろい〜???
そんなことはどーでもいいから何か解決策を下さいませーと思っていたら、すぐさま2通目のメールが来ました。なんとその記事をコピペして送って下さったんですの。

ありがたや〜。

3分後、ゆきぴゅーはドライバーを握りしめて重傷のマシンの前に正座しておりました。神崎氏の記事にあった“電動ファン”とやらをお掃除するためですの。ネジを2、3個外してパカっと開けてみると、、、
えええっーーー、こ、これって、、、

すっごいホコリですわ〜!!!

2年間封印されたままだったゆきぴゅーのマシン、ファンどころかいたるところにホコリが積もっていますの。ど、どんだけ〜???

Click で拡大
もしかしたらいつもタダでごはんを食べている呪いかもしれないので今回は自腹で食べた焼肉の画像ですの。
Click で拡大
先月お友達のさやかちゃんに誘われて行ったロイヤルパーク汐留の24Fにあるレストラン「ハーモニー」のランチビュッフェ。フォアグラのオムレツに感激〜♪お一人2,625円(平日)とゆきぴゅーの人生史上間違いなくトップ10に入る豪華なランチでございました(こちらも自腹)

氏の記事によると「電動ファンのホコリは綿棒やブラシ、ブロワで除去する」のが一番らしいので、最初のうちは綿棒を使って地道にやっていたのですが、何本あったって足りないくらいごっそごっそと出てくるので、いっそ一気に吸い取っちゃえばいいのではと、ゆきぴゅーは掃除機を持ち出して吸い込むことにしました。

うぃ〜んと吸い込まれていく大量のホコリ。
これで回っていたと思う方がおかしいのでは?
というほどなんですの。

大きな塊が取り除かれたところで、再び電源を入れてみることにしましたの。これでつかなかったらこの世の終わりですわ。

大きく深呼吸して電源ボタンを押しましたの。

(ドキドキドキ・・・・・)

聞き慣れた起動音とともにファンが回り出し、さっきみたいに再びオチることなくモニターには見慣れた画面が出たですの!ってことはやっぱり原因はホコリだったってことですの〜???

幸いなことにハードディスクは無事だったのですが、書いている途中だったイラストは一回保存したところまでしかありませんでした。

や、やっぱり・・・。
こまめに保存しなくてはいけませんわね。

そんなわけで、呪いがとかれたパソコンでイラストを再び描き上げて締め切りの1時間遅れで無事納品することが出来たのでした。

神崎さんありがとうございました。これからはスタグラの記事すみずみまで読みますわ〜。

ちなみに数日後、近所のPCデポでプロの掃除機によるお掃除と点検(有料)をしてもらい、バックアップ用のハードディスクも新たに導入されて奇跡の復活を果たしたゆきぴゅーのマシン。

みなさまも呪い、じゃなかったホコリにはくれぐれもお気をつけくださいませね。

 

Click で拡大
 

初出:2008/02/20

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー