コンテンツのトップページへ
24.一年間タダでごちそうさまですの 2006/12/27
 

■ いよいよ2006年も年の瀬。ゆきぴゅーはいつになく
  あわただしい年末を迎えていますの〜

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

いよいよ今年も残りあとわずかになりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ゆきぴゅーはとゆうと、ボーナスや年末調整とは無縁の身ゆえ、毎年この時期は懐の寒い思いをするのが常ですが、今年はいいことがたくさんありましたのよ。

まずは、12月上旬に「デジタルフォト」などでもおなじみのフォトグラファー、望月宏信せんせいの写真展が銀座キヤノンギャラリーで開催されて、ゆきぴゅーはオープニングパーティーのお手伝いに参上しましたの。

写真展は『7107 Islands』と題して、7107個の島からなるフィリピンのスバラシイ写真を展示したもので、パーティーではめったに食べられないフィリピン料理が振舞われましたの。お手伝いそっちのけで料理に舌鼓をうっていたところに、自称“セレブY澤嬢の飲み友達”という某社のおエライ方が現れて

 「こんど是非ゆきぴゅーさんに焼肉をごちそうさせてください」

とうれしいことを言ってくださるので

 「焼肉でしたらいつでも行きますわ」

と答えておきましたの。すると、さっそく数日後にセレブY澤を通してお誘いがあっておいしいホルモン焼きをごちそうになれたんですの。ちなみにその日、飲み会のメンバーに業界一のイケメン君をセッティングしていたセレブY澤嬢は、張り切って口説いていたのですが、浴びるように飲んだ芋焼酎のおかげで努力の甲斐もむなしく、お開きの頃にはただの酔っ払いと化していました。
2007年、セレブY澤に幸あれ、アーメン・・・。

Click で拡大
尾道の街めぐりで立ち寄ったステキなお茶処「昇福亭 千光寺道店」。ほっとする空間が心地よかったですの。
Click で拡大
尾道は寺の街。中でも最も古いとされる浄土寺は「東京物語」の舞台。お散歩に来ていたおばあちゃんと話がはずむ。
Click で拡大
尾道水道ではのんびり釣りを楽しむ地元のおっちゃんの姿があちこちに。

それから数日後、ゆきぴゅーは「デジタルフォト」の撮影&取材ではるばる尾道まで行ってまいりましたの。尾道といえば坂の街、そして映画の街。今回は大林宣彦監督の尾道3部作のロケーションをたどるという企画なんですの(2月号をお楽しみに〜)

夜行バスに11時間揺られながら早朝に着いた尾道。それからたっぷり2日間、くねくねと迷路のように広がる坂道を歩きに歩いて撮影して参りましたの。びっくりしたのが尾道の人ってとっても親切でフレンドリーなんですのよ。カメラを持ってブラブラ歩いていると、あちこちでおじいちゃんやおばあちゃんが「どっからきた?」と声をかけてくださるし、登下校中の小学生とすれ違うとみんな「こんにちは」って言ってくれるんですの。人が温かい土地っていいですわね。面白かったのは年配の方達にとって尾道の映画というと小津安二郎監督の「東京物語」なんですのね。延々と当時のことをなつかしがって話してくださるのですが、実は映画といっても「転校生」とか「時をかける少女」のほうなんですが、、、って言うに言えないこともしばしばでしたの。

そんな尾道取材を終えて東京に戻ったゆきぴゅーは、年末のご挨拶を兼ねてデジタルフォト編集部をたずねました。時はクリスマス3日前ですの。
 「今年はリストラをされるか否か
  という危機も乗り越えられて、
  そのうえ増頁で新連載スタート
  を切ることができて
  とてもよい年になりました。
  どうもありがとうございました
  ですの」

そう言って頭をさげると、担当編集のN氏がにんまり笑って言いました。

 「お疲れ様でした。
  ところで今日はキスデジ
  ユーザーのゆきぴゅー
  さんに特別にクリスマス
  プレゼントをあげます」

 「え?!プ、プレゼント〜?!
  何ですのー?!」

ゴソゴソと机の横の段ボールの中をかき回していたN氏がくださったのは「EOS Kiss Digital XオリジナルTシャツ」、、、、。正面に「WE NEED KISS JAPAN」の文字とCMに出てきた子供達がプリントされていますの。

 「こ、これは、、、」
 「1枚と言わず2枚、いや3枚あげます。着ますよね?!」
 「え、ええ、、も、もちろんですわ」

 「あっ!僕からも同じのプレゼント。ゆきぴゅーパジャマないでしょ。
  一週間分あげるからちゃんと月火水木・・・って書いて毎日取り替えて着てね♪」

 そう言って隣の席のI氏からも次から次へと渡され、結局キスデジTシャツ1週間分をいただいて帰ってきたKiss Digital Nユーザーのゆきぴゅー。毎日これを着て宣伝活動をしてい
たらキヤノンさんからKiss Digital Xが届くかもしれませんの。

Click で拡大

 Tシャツをもらった翌日は、以前ウニイクラカニを送ってくださった鈴木さんから、こんどは釧路名産の糠サンマを大量にいただいたり、さらに、クリスマスイブには新宿の水中撮影機材専門店アンサーの野本さんから有名店の絶品ロールケーキが届いたりとありがたい救援物資に恵まれた師走となっていますの。皆さん本当にどうもありがとうございました。

さて、この「ゆきぴゅーのタダでごはん」も今回で24回目となりました。

ということは月2回の更新なので、タダ飯を食べてはネタにしてちょうど丸1年経ったというわけですの。これもひとえにゆきぴゅーの人徳と申しましょうか。いえ、皆さまの厚いご支援の賜物と深く感謝いたしております。

そういえば、この連載のお話をいただいた時にスタグラのプロデューサーK崎氏からは「とりあえず1年契約ということでやってみましょう」と言われていたような気がするのですが、年末でお忙しいのか連絡もないようなので、しらばっくれて自動更新させていただくことに致しました。
 ということで皆さま、来年もゆきぴゅーにタダでご飯をどうぞよろしくお願いいたします。それではよいお年を〜♪ですの。

★望月宏信氏の写真展「7107 Islands」
  キヤノンギャラリーにて以下の日程で順次開催しますので
  お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいませね〜。

  仙台:2007年1月5日〜1月19日
  梅田:2007年2月1日〜2月7日
  福岡:2007年2月26日〜3月9日

 大人気のフィリピン発信のフォトブログもオススメですの〜
 http://pilipinas.exblog.jp/

★糠(ぬか)サンマ
その名の通りぬかに漬け込んだサンマ。釧路や根室の特産で、昔から保存食として食べられているそうですの。焼く前に糠をキレイに洗い流すと見た目は普通の塩焼きと変わらないのですが、塩味がぎゅっと濃縮された美味さはごはんが何杯もすすみますのよ〜。

 
初出:2006/12/27
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー