コンテンツのトップページへ
18.吉牛復活祭でごちそうさま(になるか否か)ですの 2006/09/27
 

■吉野家の牛丼が大好物のゆきぴゅーが
  復活祭に命をかけるのか!?

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

9月18日(月)敬老の日。

ゆきぴゅーはセレブY澤を誘って下北沢にお買い物に出かけましたの。
お昼時の待ち合わせだったのでさっそくどこかでランチをしようということになりました。

 「あのへんのオープンカフェ、いい雰囲気じゃない?あそこに行きましょうよ」
  とセレブ。
 「今日は決めているところがあるんですの」
 「え?そうなの?」


そうなんですの。9月18日はゆきぴゅーの大好きな吉野家の牛丼復活祭。
どのくらいこの日を待ちわびていたことでしょう。

 「吉野家〜?!わざわざ休みの日に下北沢まで来て牛丼食べるっていうの?」
 「そうですわよ。1日限定なんですのよ。しかも復活記念のてぬぐい
  もらえるんですのよ」
 「いらないわよっ!」

どうやらセレブY澤は吉野家に行ったことがないそうですの。信じられませんわ。
それならなおさら復活の牛丼を食べねばなりませんの。
とうとうと説得をするとさすがのセレブも空腹には勝てないようであきらめて言いました。

 「わかったわよ、牛丼食べるわよ!で、どこにあるのよ、吉野家は!」
 「たいてい駅の周辺にありますの。少し歩いて探すですわ♪」

こうして二人は吉野家を求めて下北沢駅周辺を歩きはじめましたの。
しかしなかなかあのオレンジ色の見慣れた看板が見当たりませんの。
だんだん心細くなってきたゆきぴゅー。
セレブY澤がイライラし始めたので目の前にあった不動産屋さんで聞くことにしました。

 「あのぅ。すみません、この辺で一番近い吉野家はどこですの?」
 「はっ?よしのや?あ、あの牛丼の吉野家ですか?」
 「はい、そうですの」
 「下北沢には吉野家はないんですよ」
 「え”え”え”ーーーー!?」
 「牛丼が食べたいんですか?」
 「はい、そうですの」
 「吉野家じゃないとダメなんですか?松屋ならありますよ」
 「よしぎゅうじゃないとっ!よしぎゅうじゃないとダメなんですの!」

怪訝な顔の不動産屋のお兄さんにお礼を言ってお店を出ましたの。がっくりと首を垂れていたらセレブY澤になだめられました。

 「仕方ないじゃない。ランチはあきらめなさいよ。牛丼は夕飯に食べれば?
  さっ、どこかそのへんのカフェに入りましょ」

牛丼に思い入れの無いセレブのその楽観的で安易な考えがゆきぴゅーの牛丼人生に汚点を生むことになろうとはその時考えもしなかったのでした(空腹のため)

おっされ〜なカフェランチの後は気を取り直してお買い物を楽しむことにしましたの。
下北沢は古着やアンティークのお店がたくさんあって楽しいですの。
でもゆきぴゅー頭の片隅には牛丼がちらついて仕方ないですの。
・・・と、あるお店でセレブY澤がいいものを見つけたと言って騒ぎ始めましたの。見るとそれは牛肉好きのゆきぴゅーにぴったりの「I  NIKU」Tシャツ。2000円也。
セレブY澤はなんとそのTシャツをゆきぴゅーに買ってくれるというですの。
さすがセレブですわ。

 「ありがとうですわ。肉を食べに行く時はこれを着て行くですわ」
 「いいのよ、こんなのはした金よ。今日吉野家行く時にも着替えていったら?」

Click で拡大

ひとしきりお買い物を楽しんで日も落ち始めたので解散となりましたの。

 「じゃゆきぴゅー、牛丼食べられるといいわね。まったね〜」

その後セレブY澤と別れて池袋に向かったゆきぴゅーは途中駅のトイレで買ってもらったNIKUTシャツに着替え、東口を出てジュンク堂の並びにある吉野家南池袋店へ足を速めました。

・・・とそこでゆきぴゅーが見たものはっ!!!

『完売御礼』の張り紙。

Click で拡大

がーんがーんがーん。
まるで映画のワンシーンのように東京の雑踏の中でそのポスターとゆきぴゅーの間だけ時が止まったかのようでした。
下北沢駅周辺にないとわかった時点でどこかに移動するべきだったと後悔しても後の祭りですの。一吉牛ファンとして失格ですわ。がっくりと首を垂れて街を歩き出しふと空を見上げるとまるでゆきぴゅーの心を代弁しているかのように真っ赤に染まった夕焼けが広がっておりました。
 
おうちに帰ってもショックから立ち直れないゆきぴゅー。大盛況だった(らしい)ニュースを見ながら“朝から並ぶくらいの覚悟が必要だったこと”を知り愕然。それにしても100万食!100万人ですわよ。100万都市と言えば、、、そう、仙台市。仙台市の全人口と同等の人が今日、吉野家に行ったんですの?しかも数時間で売り切れってホントですの?実感が沸かなかったので悔しさ余って吉野家HPを参照に実証してみましたの。

Click で拡大

全国の店舗数約1000店。
その日100万食の牛丼が販売されたので1店舗では1000食となって、1店舗の座席数を30席として、一人がオーダーしてから食べ終わって席を立つまでに10分とすると1時間で180人。となると1000割る180で5.5555・・・時間。11時開始で4時には完売。あ、あり得ますの。十分あり得ますの。ましてや一人4食までだけどお持ち帰りだってあるんだし。
こうしてあらためて吉野家の偉大さを確認した復活祭だったのでした。

ちーん。

※ちなみに吉野家では、ゆきぴゅーのように食べ損ねたファンのためにこんどは10月1日から5日まで5日連続で牛丼祭りがありますの。レッツ吉野家ですわ♪

 

 
初出:2006/09/27
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー