コンテンツのトップページへ オヤジがキスデジで撮る!
初心者向けスナップ講座
特別編02 露出変更と測光の基礎知識
 

露出で写真を演出する
露出と測光方式のいろいろ
  >>「はじめに」と「ご挨拶」はコチラ
2005/01/26
スタジオグラフィックス公認 デジカメの教科書
 

■体系的に学ぶ
  デジタルカメラのしくみ 第2版


初心者向けスナップ講座の著者、神崎洋治が執筆したデジタルカメラと機能や技術の解説本。 デジカメをもっと知りたい人のために。待望の新版、好評発売中。
>>詳しく・・

Clickで拡大します

Model : 藍海夏
写真 : 神崎洋治

 
■露出で写真を演出する
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

 前回のスナップ講座特別編、露出の調節方法は如何でしたでしょうか?
露出の設定は、中級者の方にとってはもちろんご存じの基本操作ですが、「簡単撮影ゾーンユーザーの方には役に立てて頂いたかな」と思っています。
さて、今回も露出についてもう少し詳しく解説していきましょう。

●露出設定を変えた写真の例

Clickで拡大します
<写真A>
ヒストグラムで確認すると、白飛びや黒潰れを抑えた、ある意味で完璧な露出設定の写真です。しかし、私が撮りたかった写真ではないのです。
Clickで拡大します
<写真B>
私が撮りたかった写真はこれです。カーテンは白飛びしても、部屋の明るい雰囲気を出したかったのです。露出+1.7。
Clickで拡大します
<写真C>
更に露出をプラスに設定して、まぶしい感じに演出した写真です。露出オーバーですが藍海夏の明るさにはこれがピッタリかも(笑)。更に露出+1.7に補正。

  まずは前回の復習です。
 EOS Kiss Digitalをはじめとして、一般にカメラには自動露出(AE:Auto Exposureの略)機能が搭載されていますが、カメラ任せの露出ではなく、自分で露出の設定値を変更することで、暗い被写体を明るくすることもできるという話をしましたね。露出の設定を誤ると写真が台無しになってしまうので、簡単撮影ゾーンでは露出の変更はタブーとされています。しかし、応用撮影ゾーンで自分の撮りたい写真を演出するには、露出の補正は実に有効な方法です。

 例のように室内の写真の場合、窓から光が直接差し込んでいる場所とそうでないところには明暗がくっきりと現れるため、自動測光の簡単撮影ゾーンに頼ったままで適正露出に設定することはとても困難です。

 特に例の場合は、デジカメは白飛びを避けようと暗めに露出設定しますが、私は意図して「朝陽が差し込む明るい部屋」を演出したかったので、露出オーバーによる白飛びは覚悟で明るい方向に露出設定を変更しました。それが右の3つの写真です。

 上から自動露出の写真A、露出をプラスに一段設定した写真B、二段設定した写真Cです。写真Cは明らかに露出オーバーですが、この記事の例として撮影しました。とはいえ、明るく清楚な製品イメージを演出したい場合などには、このように露出オーバーめの写真を用いる場合もあります。特に部屋の中の写真で、窓の外の風景は飛んでも構わない、という場合は、このくらいの明るさでも良いでしょう。

●適正な明るさは撮影時に決める

 「明るさはレタッチ調整で後でどうにかなる」というコメントをよく目にします。しかし、中級者はそんな乱暴なことは言いません(ため息混じりで言うことはありますが・・(笑))。レタッチは階調の欠落が発生するので、できるだけ最小限に抑えたいものです。その意味で、適正な露出(演出を含めて)こそが写真に最も大切な要素のひとつなのです。

 自ら露出計を使っているプロカメラマンでも露出設定にはとても気を使います。多くの場合、同じカットでも露出を変えながら3枚ずつ撮影するカメラマンも多いのです。適正と思われる露出と、それに±した露出を1カットずつ抑えで撮っておくのです。デジカメの場合、撮った画像を現場ですぐにチェックできるのでその必要性も薄れましたが、それでも確実な仕事を重んじるカメラマンはそうやっていくつかの露出設定のパターンで撮影します。

■露出と測光方式のいろいろ
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

 露出について書き始めると、膨大で難解な話になってしまうので、今回ここでは基礎知識だけをサラッと解説しておきます。

●入射光式と反射光式

Clickで拡大します
<写真D>
入射光を露出計で測光する方式がありますが、AEの場合は反射光をレンズで捉える方式です。

  プロのカメラマンやそのアシスタントが露出計などを被写体にかざして、測光している光景をみることがあると思います(ドラマや映画などでも)。あの作業は「入射光式」と呼ばれ、被写体を照らす光を直接測光する方法です。一方、一般に使われているデジカメ内部で測光する自動露出(AE)機能の場合は、被写体に反射してカメラに届く光(照度)を測光する「反射光式」なので、露出計と比較するとどうしても精度は落ちてしまいます。
 スナップで撮影する場合、いちいち露出計を傾ける人もいないでしょうから、高性能とは言っても、カメラ内蔵の測光に頼っていると、自分の意図とは反した露出設定になる場合が出てきます。そこで露出設定はいろいろ変更してみることが中級者にはベターな手法となるのです。

●評価測光と部分測光

<写真E>
部分測光ができるAEロックボタン。被写体をファインダーの中央に位置させ、ここを押してシャッターを半押しすると「部分測光」になります。ファインダー内の下部に「*」が表示されたらセット状態で、後は被写体をファインダー内で適当な位置に配置します。

  前回、EOS Kiss Digitalには優れた測光技術が搭載されている、と書きました。実際にはとても高度な「評価測光」が標準で、通常はほぼこれに頼ることになります。他に「部分測光」と中央部重点平均測光があります。部分測光は「AEロックボタン」(右写真)を押すことで設定できます。

 「評価測光」とは写真全体をいくつかに分割して測光した数値を元に露出設定を決定する方法です。結果として写真全体の光の加減に左右されます。
 一方、「部分測光」とは写真全体ではなく、部分的に測光した明るさで露出設定する方法です。例えば、被写体の顔を測光して、そこを適正露出に合わせれば、顔は比較的見やすく写ります。ただし、顔より極端に明るい場所は白飛びしたり、逆に暗いところは黒く潰れるかもしれません。
 部分測光もいいですが、露出変更してあれこれ試すと勉強になります。デジカメなら失敗してもお金の損にはなりませんしね。

 次回は、露出で失敗しないための必殺技(?)、「AEブラケティング」を紹介します。とても便利な機能で、特に初中級者にもお勧めです。
 お楽しみに。

メールマガジンに登録しませんか

【初心者向けスナップ講座 目次】
第1回 最初の旅 :EOS Kiss Digital ポートレートモードとストロボ攻略
第2回 2回めの旅:女性を美しく撮るカメラアングル(全身編) 
第3回 3回めの旅:ポージングとズームが写真を変える!! (全身編)
第4回 4回めの旅:スナップ写真のプリントを攻略する 
第5回 5回めの旅:晴れててもストロボ使ったポートレート撮影
第6回 6回めの旅:難敵ピンボケを徹底検証する 
第7回 7回めの旅:イカした構図、広告っぽい構図? 
第8回 8回めの旅:絞りとシャッタスピードで写真が変わる
最終回 最後の旅:光と構図のまとめ
特別編 01 露出を変えるとこんなに写真が変わる 
特別編 02 露出変更と測光の基礎知識 
特別編 03 苦手な露出設定を連写で攻略 
特別編 04 ヒストグラムと適正露出の関係
特別編 05 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 01 〜
特別編 06 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 02 〜 

 みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー
スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦
 
 
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー