コンテンツのトップページへ オヤジがキスデジで撮る!
初心者向けスナップ講座
7回めの旅:
イカした構図、広告っぽい構図 (?) を考える
 

構図は自分のアイディアを表現するもの
フレームを3分割して考える
 
>>「はじめに」と「ご挨拶」はコチラ
2004/12/01
スタジオグラフィックス公認 デジカメの教科書
 

■体系的に学ぶ
  デジタルカメラのしくみ 第2版


初心者向けスナップ講座の著者、神崎洋治が執筆したデジタルカメラと機能や技術の解説本。 デジカメをもっと知りたい人のために。待望の新版、好評発売中。
>>詳しく・・

Clickで拡大します

Model : 藍海夏
写真 : 神崎洋治

 
■構図は自分のアイディアを表現するもの
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

●習うよりやってみようよ構図のあれこれ

Clickで拡大します
<写真B>
モデルの顔を中心に置いた構図。 オートフォーカス機能付きのカメラでは、フレーム中央でピントを合わせることが多いこともあり、顔を中央に配置するこのような構図になりがちです。
Clickで拡大します
<写真C>
モデルの顔を上1/3(ここでは2/3と表現します)に置いた構図。 少し構図を変えただけでも、見栄えが違ったものになりますね。
Clickで拡大します
<写真D>
モデルの顔を下1/3に追いやった構図。ちょっと変わった印象を受ける構図ですが、意図するところはなんでしょうか? 案外、最もメッセージ性が高い構図かもしれません。

  写真はカメラマンにとっては自分を表現するはずのものです。職業で写真を撮っているとねぇ、つまらないもんですよ時として・・撮るべき写真と構図が決まっていて撮ってくれ、ですからねぇ・・そこへいくとあーた(誰?)、趣味なら好きに写真を撮れるんですからアイディアだのイメージだの湧き出す感情を、そら抑え切れませんがな・・なんでこれ口調?

ということで今回は写真の構図、フレーミングのあれこれについて解説します。

 右にある構図の異なる3つの写真、どれが好みですか?

 今、申し上げましたが、写真の構図とは自分のイメージやメッセージを表現するものです。厳密にはセオリーなんてものもないと思っています。だからこの講座でもいろいろな構図を見て一緒に考えていきましょう。そして、その後で実際に本当にいろいろと試してみるのがいいんです。試しているうちに自分が好きな構図もだんだん分かってきます。それを自分流のスタイルと呼べばいいんです。

 EOS Kiss Digitalの場合、高解像度の写真画像が撮影できますから、L版はもちろん、六切サイズでも撮影後にトリミング調整が十分可能です。だから、まずはだいたいの構図を撮るときに考えて、撮り終えてプリントに出す前にパソコンでレタッチしてトリミングを調整すればいいでしょう。

●日の丸構図はどうよ?

 女性が被写体のスナップ撮影の場合、やはりなんといっても大事なのが女性そのものをフレームのどこに配置するかということですよね。まずは縦か横かを考えますが、ポートレートというぐらいですから基本は縦ですね。次に、見た人が女性のどこに視線を集めるのか、目を奪われるのかを考えることも重要です。

 では、仮に女性の顔に視線を集めるとして、顔をどこに置くか、を考えてみます。よく「日の丸構図はダメ」といいますね。初心者が陥りやすい罠が日の丸構図だ、と。前回、解説しましたがピントはフレームの中心で合いやすいし、合わせがちなので、被写体をフレームのど真ん中に配置してしまう例が多いからです。

 写真Bの感じが「日の丸構図」です。どうでしょうか。顔が真ん中に配置され、フレームの半分は背景の空になっています。なぜか何も感じない写真になってしまいます。新鮮みがない、そう、いつもの視界と同じ、メッセージを感じない構図だからでしょう。

 女性を見せたいなら写真Cのように配置するのが自然でしょうか。構図の中に女性に関する情報が増えて、見たいものが十分に見えるという状態になりました。

いや、できるだけ青い空を見せたかったんだよ、という人は写真Dのように思い切って女性をフレームの1/3まで追いやるとメッセージが伝わります。また、一番、目を引く写真かもしれません。

 

■フレームを3分割して考える
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ

●あえて1/3構図にもこだわってみる

Clickで拡大します
<写真E>
下1/3構図の例。
Clickで拡大します
<写真F>
写真Cを年賀状に使った例。
Clickで拡大します
<写真G>
写真Dを年賀状に使った例。
Clickで拡大します
<写真H>
1/3構図に文字を乗せた例。

 フレーム(画面)を3分割してイメージすると、2/3に配置したのが写真C、1/3に配置したのが写真Dといえます。見せたいものが被写体中心なのか、背景との融和なのか、というメッセージの違いといえるでしょう。日の丸構図は1/2だからメッセージが弱くなるのですね、きっと。

 これは3分割法とか、縦横に計9分割してその交点に被写体を置くという9分割法と呼ばれています。

 ちなみに1/3の写真Dは思い切った構図で勇気がいります。しかし、背景に被写体を演出させることができて意外とうまくいく場合が多いのです。写真Dでは背景が空ですからレタッチで抜けるような青空に脚色すべきですが、スタグラのトップページでお馴染みの右の写真Eのような背景だと、カラフルで、かつ街の活気が伝わる写真が演出できるのではないでしょうか。

●1/3構図は文字を乗せると更にGood

 広告やカタログなど、写真に文字を乗せる場合は、このような1/3構図はけっこう生きてきます。そうそう、もうすぐ年賀状の季節ですが、年賀状にも1/3構図はとても活用できます。

 例えば、年賀状に写真を活用したいとします。写真Cの場合、フレームいっぱいに被写体が写っていますので、文字を乗せるときにスタンダードでは写真Fのような処理になります(ちょっと絵的に無理がありますが、そこはご勘弁を(笑))。

 写真Fは、よく家族写真でもらう年賀状の感じですね。広告にもこのようなレイアウトを用いることがよくあります。でもこういうのは好みではありません。

 私は広告のデザインをするときにはいつも写真は誌面いっぱいにつかう、いわゆる全面裁ち落とし(カクハン)を基本にします。全面裁ち落としが好きなんです。裁ち落とすと、写真Dの1/3構図を右の写真Gように応用するとしっくりきます。もし広告だったら、「明けまして〜」のところにキャッチコピーを置いて、その付近に『Tripper Next』を切り抜いた写真を置いたらどうかな・・なんて考えながらね。

 下の写真Hも同じアイディアですね。暑中見舞いっぽく演出しました。暑いさなかに緑の綺麗な芝生と木陰の写真で元気だそーね、という感じですね。

 つまり、その写真をどのように使うかによっても最適な構図は変わってくるのかもしれません。とにもかくにも、あれこれ構図を考えながらやってみる、それも撮影の醍醐味に違いありません。

 

 

●ファッション誌でよく見る構図

 さて、セオリーなんてない、って言ったくせに話がセオリーっぽいぞとおっゃるあなた。最後にちょっとアドバイス。昔から写真集ではよく見られ、最近はファッション誌でもちょくちょく見るようになってきたのが写真I、Jのような構図です。1/3構図では、顔を向けた方向にスペースを設ける方が落ち着くのですが、そんなセオリーに反して、逆方向にスペースを空ける手法です。
 なんだか不思議な印象になりますよね。背景が魅力的なものであればなおさらこの手法は引き立ちます。
 セオリーなんてない、いろいろやってみるべきですね。

Clickで拡大します
<写真I>
1/3構図ですがスペースを空ける側を故意に変えています。
 
Clickで拡大します
<写真J>
これも同様です。
 
メールマガジンに登録しませんか

【初心者向けスナップ講座 目次】
第1回 最初の旅 :EOS Kiss Digital ポートレートモードとストロボ攻略
第2回 2回めの旅:女性を美しく撮るカメラアングル(全身編) 
第3回 3回めの旅:ポージングとズームが写真を変える!! (全身編)
第4回 4回めの旅:スナップ写真のプリントを攻略する 
第5回 5回めの旅:晴れててもストロボ使ったポートレート撮影
第6回 6回めの旅:難敵ピンボケを徹底検証する 
第7回 7回めの旅:イカした構図、広告っぽい構図? 
第8回 8回めの旅:絞りとシャッタスピードで写真が変わる
最終回 最後の旅:光と構図のまとめ
特別編 01 露出を変えるとこんなに写真が変わる 
特別編 02 露出変更と測光の基礎知識 
特別編 03 苦手な露出設定を連写で攻略 
特別編 04 ヒストグラムと適正露出の関係
特別編 05 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 01 〜
特別編 06 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 02 〜 

 みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー
スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦
 
 
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー