コンテンツのトップページへ オヤジがキスデジで撮る!
初心者向けスナップ講座
2回めの旅:
女性を美しく撮るカメラアングル(全身編)
 

カメラアングルでプロポーションが違って見える不思議
ズームを望遠側にしてアングルを下げる
スマートでスラリと見えるアングルとポージング
まとめとオマケ(海夏写真館)
  >>「はじめに」と「ご挨拶」はコチラ
2004/09/29
スタジオグラフィックス公認 デジカメの教科書
 

■体系的に学ぶ
  デジタルカメラのしくみ 第2版


初心者向けスナップ講座の著者、神崎洋治が執筆したデジタルカメラと機能や技術の解説本。 デジカメをもっと知りたい人のために。待望の新版、好評発売中。
>>詳しく・・

Clickで拡大します
Model : 藍海夏
写真 : 神崎洋治 
 
■カメラアングルでプロポーションが違って見える不思議
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
 
Clickで拡大します
<写真A>
失敗例です。よくあるスナップ写真ですね。どこがNG写真なんでしょう?
実際には改善が必要な点がいくつもありますよね。
 モデル:藍海夏
前回、最初の旅は如何でしたか? 第一回ということでかなり増量してお届けしました。二回目からは少し急ぎめで進行しましょう。

●女性の魅力はアングルしだい?

 女性を撮るときに気を配りたいことはなんでしょうか。そうです、できるだけ美しく見えるように撮ってあげることですね。今日の議題はプロポーションよく撮る方法。カメラ位置やアングル、ズームによって変わる撮影術とポージングを解説します。気付けば簡単なことばかりです。ぜひ、実践してみて下さい。

 モデルが誰であっても欠点を隠してできるだけ偽る・・これがデジタル写真のモットーです・・・これは言い過ぎ(笑)。日本人は欧米人と比較して頭が大きめで短足だと言われます。カナシー。こんな現実を吹き飛ばしましょう。

スタッフの私が言うのもなにですが、みなさんと一緒に、いまスナップ撮影術を旅しているモデルの藍 海夏はとてもキュート。表情も豊かで可愛いのですが、そんな藍海夏も、もっともぉ〜っと美しく撮ってあげると喜びますよね。コレ当然。ちょっとしたことでも藍海夏がいろいろ変わって見える、アングルやポージングの不思議を見ていきましょう。

●まずは失敗例…

 では、作例で解説していきましょう。まず写真Aを見て下さい。よくあるスナップ撮影ですね。どこがNG写真なんでしょう? こんな失敗例の写真でも藍海夏を撮るとそれなりにサマになっていたりして?(汗;)。
賢明な読者の方はお解りだと思いますが、実際には改善が必要な点がいくつもありますよね。

 最初に気付くのは、藍海夏の頭の上から高層ビルがニョキニョキっと生えていることですよね。いわゆる串刺し写真で、とても見栄えが悪いです。こういう構図は避けなければいけません。串刺しは今回のテーマではないのですが、面白いのでオマケで撮っておきました(笑)。閑話休題。

 本題に入りましょう。改善したい点は次のとおりです。

 1.ポージング
身体を真っ正面に向けている。

 2.撮影術
ワイドで撮影している。
カメラアングルが悪い。


スナップ撮影にあるよくある光景、「はいっ、撮るよー」といってニッコリ笑ってパチリ!! いわゆるニコパチ、そんなときはたいてい写真Aのように真っ正面に身体を向けたポージングで撮影してしまいがちです。コレ実はずんぐり見える典型です。藍海夏のきれいなプロポーションを活かした撮り方とはいえません。更に、写真Aではずいぶんと頭でっかちに見えます。藍海夏より身長が高い僕が、私の目線から撮影したため見おろすようなカメラアングルになっています。更にズームをワイド(広角)側で撮影しているため、上下が伸びたような写真になり、余計に頭でっかちで短足・・バランスの悪いプロポーションに演出されてしまったのです。これでは藍海夏も可哀相ですね。

■ズームを望遠側にしてアングルを下げる
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
 

●撮影術で小顔にできる

Clickで拡大します
<写真B>
ズームを望遠側に動かして撮影。頭の大きさ、顔つきや体型などが違って見えることに気付きますか?
 モデル:藍海夏
  まずはワイド側で撮影している点を改め、ズームを望遠側に動かして撮影してみましょう。ズーム側に動かした分、被写体が大きく写るので、カメラマンは後ろに下がって撮影します。
 それが写真Bです。写真Aとはずいぶんと違った写真になりました。顔が少し小さく見えて足も伸びた感じです。え? それより背景の感じが変わったって? そうですね。ワイド側で撮影した場合と望遠側で撮影した場合では、背景の大きさや写る範囲がかなり変わってきます。必然的に串刺しも解消されていますね。

 「レタッチで顔を小さくするからいいや」なんてハリウッドのようなことはいわないでね。カメラの高さで顔の大きさが調整できます。これも気が付けば簡単なことですが、カメラ位置を下げて下から撮った方が顔は小さく見えて写ります。私のような長身でハンサムなカメラマンの場合、普通に立って目線で撮ったのではどうしても見おろすカメラ位置になり、実際のモデルの顔より顔デカに見えてしまいます。ですから腰をかがめて実際よりやや低い位置から撮影するようにします。

■スマートでスラリと見えるアングルとポージング
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
 

●人物メインの写真では斜めに向いてスラリと

Clickで拡大します
<写真C>
カメラアングルを少し下げて、身体を斜めに構えてもらった写真です。正面よりスラリと見えるから不思議です。
 モデル:藍海夏
  背景はどうであれ、昔あった「Yellows」じゃあるまいし、いやいやレントゲン写真じゃあるまいし、真っ正面から撮ると平たい正直な体型が出てしまうわけです。人によってはとんでもない写真になってしまいます(失礼、あわわ)。その点、モデルはもちろん、レースクイーンやコミケのお姉さんは実に心得たもので、カメラを向けた途端に素早く身体をねじって斜めにポージングしますよね。あれにはちゃんと理由があって、美しい撮られ方を知っているわけです。
 写真Cはカメラの視点を少し下げて、身体を斜めに構えてもらったポージングの効果を示す写真です。正面で撮ったときよりスタイルが細く見えるでしょう。望遠側で撮ると実際のプロポーションに近い像になります。
   
 

●アングルとポーズが良ければワイドもOK

Clickで拡大します
<写真D>
身体を斜めに構えてもらい、カメラ位置を下げてワイド側で撮ったところです。背景の変化もわかります。ダイナミックなラインと相まって、少しスラリと見えませんか?
 モデル:藍海夏
  ワイド側のズームで撮るのが"悪い"というのではありません。写真Dは身体を斜めに構えてもらい、カメラ位置を下げてワイド側で撮ったところです。背筋を伸ばしたのかな?とかんじますよね。
 また、ズーム側からワイド側に変えると背景の見え方もずいぶんと変わります。背景の拡がりがダイナミックで、そのラインと相まって、よりスラリとして見えませんか?
 少し照れ笑いの表情もかえっていい味になっています。
■まとめとオマケ(海夏写真館)
ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
   

今回はカメラアングルとポージングで同じモデルが違ったプロポーションに見える話をしました。次回は更に飛躍して下の写真Eにある、モデル風ポージング(左)までいっちゃいます。一般のスナップではちょ〜っと不自然かもしれません(笑)が、左右を見比べるとプロポーションの見え方の違いがよくわかるのではないでしょうか。
 それから今回はズームのワイド側と望遠側でも違って写ることも解説しました。
 次回も引き続き、全身撮りのポージングを研究します。お楽しみに。

 

 
Clickで拡大します
<写真E>
ポージングとカメラアングル(撮影術)でプロポーションはこんなに変わって写ります。
   
 

 最後にオマケで、撮影中の藍海夏の表情です。

Clickで拡大します
モデルの藍海夏です。良い撮影例でも悪い例でも明るく対応してくれました。

Clickで拡大します
オマケ画像は簡単美肌15秒レタッチで加工してあります。やり方は後日・・
Clickで拡大します
モデル風ポージングで思わず照れ笑い。リラックスした表情です。
> 次ページ  ポージングとズームが写真を変える!! (全身編)
メールマガジンに登録しませんか

【初心者向けスナップ講座 目次】
第1回 最初の旅 :EOS Kiss Digital ポートレートモードとストロボ攻略
第2回 2回めの旅:女性を美しく撮るカメラアングル(全身編) 
第3回 3回めの旅:ポージングとズームが写真を変える!! (全身編)
第4回 4回めの旅:スナップ写真のプリントを攻略する 
第5回 5回めの旅:晴れててもストロボ使ったポートレート撮影
第6回 6回めの旅:難敵ピンボケを徹底検証する 
第7回 7回めの旅:イカした構図、広告っぽい構図? 
第8回 8回めの旅:絞りとシャッタスピードで写真が変わる
最終回 最後の旅:光と構図のまとめ
特別編 01 露出を変えるとこんなに写真が変わる 
特別編 02 露出変更と測光の基礎知識 
特別編 03 苦手な露出設定を連写で攻略 
特別編 04 ヒストグラムと適正露出の関係
特別編 05 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 01 〜
特別編 06 キスデジで撮った写真館 〜 海夏 02 〜 

 みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー
スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦
 
 
  このページのトップへ
 

     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー