トップページへ デジタルカメラ
レンズフィルター初級講座
デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
第8回 緑を美しく撮る グリーンエンハンサー 2011/09/30
 
デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
風景写真は実際に拡がっている景色の明るさや色を忠実に再現して素晴らしい作品に仕上げる魅力があります。しかし、表現方法は忠実に再現するだけではありません。緑の風景をより緑に表現したい…そんなときに手に取るのが「グリーンエンハンサー」です。
Photo & Text by 神崎洋治
  エンハンサーフィルターとは このページのトップへ  

反射や光の屈折、空気の壁などによって見たままの色で撮るのが困難な場合に、見たままの鮮やかさを撮影するために「PLフィルター」を活用する方法を紹介しました。
わたしたちヒトの目とカメラのしくみは多少異なるので、ある景色に感銘を受けて撮った写真でも、思いのほか色が濁っていたり、くすんでいたり、別の色に見える写真になってしまうなど、ガッカリするケースも少なくありません。
また、写真を作品として捉えた場合は、あるがままの色で描写するにとどまらず、撮影者である作者の意図によって表現方法は様々に変わって当然です。

ケンコートキナーのページへジャンプ
ケンコートキナーのエンハンサー製品ラインアップ
Clickで拡大
MC トワイライトブルー」は夕景を鮮やかに写す効果があります。ほかにトワイライトレッドもあります。製品パッケージより。

今回、紹介するフィルターは「エンハンサー」です。

エンハンサーとは直訳すると増幅器ですが、フィルターの場合は特定のカラーを強調する目的で使用するレンズをいいます。

この「エンハンサー」シリーズ、ケンコートキナーの製品だけでもこんなにたくさん、10種類もラインアップされています(左画像)。

レッドだけでも3種類、ブルーで2種類、グリーン、暖かみを強調するウォーム、肌やサクラ等のピンクを強調するポートレート、夕景用のトワイライトレッドとトワイライトブルーが用意されています。
>> アマゾンで価格をみる(グリーンエンハンサー)
>> アマゾンで価格をみる(トワイライトレッド)
 ※ 口径サイズに注意

私のお気に入りは、やっぱり緑が鮮やかに写る「グリーンエンハンサー」です。山や森、公園など、緑が多い場所で散歩や散策するときに使ったり、ウェブや広告写真で使用する自然写真の撮影の際に便利です。

今回はそのフィルターで撮影した写真を中心にお話しします。

 

 

Clickで拡大
Clickで拡大
私が愛用している「グリーンエンハンサー」(左)と「MC トワイライトブルー」(右)。 フィルターはカラー付きレンズ。しかし、ただの色メガネではなく、特定の色彩を強調し、ほかの色への影響は最小限に抑えた特性があります。
 

グリーンエンハンサーで森林や里山を撮影

このページのトップへ  

スタジオグラフィックスではレタッチに関する記事も多数あり、愛読者もたくさんいますので、読者の中には「カラー補正のレタッチでグリーンを強くすればいいじゃないか」「ホワイトバランスで調整できるよ」という方もいらっしゃるでしょう。これは推測ですが、実際にデジタルカメラ時代になってエンハンサーの必要性はPLやNDと比較して薄れているんじゃないかな、とは思っています。

しかし、必要でないかどうか決める前に、まずは作例を見てみてください。

カラーエンハンサーは色つきレンズを装着して撮影する…難しい理屈や操作方法は特にありません。この記事でも作例をご覧頂くのが一番だと思います。
レタッチのカラー補正でできるという意見があれば、いや撮影時に光学的に緑を強調するからキレイなんだ、という意見もあっていいと思います。

このフィルターを知っていれば、その想いを撮るときに込めるのか、その想いを撮ってからカラー補正で込めるのか、撮影者には選択肢が拡がることなりますよね。

Clickで拡大
作例01

フィルターなし、プログラムモードでただシャッターを押して撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例02

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードの設定そのままで撮影。 全体が緑で構成されている写真ほど、不自然なく高い効果を感じられる。EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


Clickで拡大
作例03

フィルターなし、プログラムモードでただシャッターを押して撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例04

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードの設定そのままで撮影。 空は水色になりやすい点は留意したいところ。EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


Clickで拡大
作例05

フィルターなし、プログラムモードでただシャッターを押して撮影。木漏れ日に照らされる森を写すのは実はとても難しい。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例06

グリーンエンハンサーフィルター装着、緑色って気持ちいい!! EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


Clickで拡大
作例07

グリーンエンハンサーフィルター装着、光が当たっている葉が、緑がより映えて見えます。 EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

全体的に緑が豊かな構図の写真ほど、グリーンエンハンサーは不自然さなく利用することができます。
大半が緑でしめる写真、葉に光を透過した写真などでも効果的です。

Clickで拡大
作例08

フィルターなし、プログラムモードでただシャッターを押して撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例09

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードの設定そのままで撮影。鮮やかな緑が印象深い作品になります。 EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


  エンハンサー使用の留意点 このページのトップへ  

グリーンエンハンサーの使用にあたり、他の色には影響を与えにくいとは言っても、全体が緑にふれる傾向にあるのは確かです。そのため、全体的に緑が多くない写真や人工物が多い写真などでグリーンエンハンサーをむやみに使用してしまうと不自然な色合いの写真になってしまいます。

また、ヒトは「緑がきれい!!」とは言うときも、実際にはいろいろな緑がその中には存在しているものです。黄色っぽい緑が鮮やかさを引き立てていることもあるでしょう。グリーンエンハンサーを使うと一様に緑を強調することになり、黄緑の美しさはなくなりやすくなります。

前述の作例08、09でも、黄緑の葉が美しいと感じて描写したいのか、鮮やかな緑色の葉を作品として描写したいのかによって、グリーンエンハンサーを使った演出の有無を判断すべきでしょう。

Clickで拡大
作例10

フィルターなし、プログラムモードでただシャッターを押して撮影。こうして見ると緑の木々と表現する林にはいろいろな葉の色があります。紅葉もそうですが、それが日本のイイトコロでもあるんですね。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例11

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードの設定そのままで撮影。 こういう写真でグリーンエンハンサーを使用すると不自然な緑かぶりを感じてしまいます。EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8



あなたにとって稲は黄色? それとも緑?

実りの秋…
風に揺れる稲穂が綺麗な季節ですが、あなたにとって稲は黄色ですか? それとも緑ですか?

え?
おかしな質問するなって?

グリーンエンハンサーを使う上での留意点はそういうことだと思うんです。
実りの季節を迎えて黄色く色づいた稲田を撮りたいのか、稲田のある緑が鮮やかな風景を写したいのか…
そんなことを考えながら、次の6枚の写真を見て欲しいと思います。

Clickで拡大
作例12

フィルターなし、プログラムモードで撮影。昼下がりの稲田。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例13

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードで撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


Clickで拡大
作例14

フィルターなし、プログラムモードで撮影。昼下がりの稲田。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例15

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードで撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8


Clickで拡大
作例16

フィルターなし、プログラムモードで撮影。昼下がりの稲田。彼岸花が咲いています。 EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

Clickで拡大
作例17

グリーンエンハンサーフィルター装着、プログラムモードで撮影。ちなみにグリーンエンハンサーを使っても、彼岸花、曼珠沙華の赤はキレイに映えて見えます。 EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

どうですか、写真って難しい、そして面白いですね(笑)。

トワイライトブルーの意外(?)な活用方法

今回は、里山歩き等に役立つグリーンエンハンサーを中心に解説してきましたが、また機会があれば冒頭で紹介した「トワイライトブルー」についても紹介したいと思います。ただ、トワイライトブルーの活躍の場は夕景だけじゃないんです。
例えば次の写真、昼下がりにトワイライトブルーを装着して撮影した写真です。

Clickで拡大
作例17

MCトワイライトブルーフィルター装着、プログラムモードで撮影。
EOS 40D + ケンコートキナーAT-X PRO DX 16-50mm F2.8

水面にも鮮やかに映るビビットな青空はトワイライトブルーの効果によるもの。
レンズフィルターは工夫するといろいろな発見がありそうですね。
また、秋と言えば紅葉の季節。
PLフィルターとトワイライトブルーが活躍しそうですよ!!

次回もお楽しみに。

> 第9回 キラキラの光を演出する クロスフィルター につづく

Text & Photo by 神崎洋治 (デジカメWEB)

<お知らせ>

国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中
国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中です。ケンコー・トキナー社が主催する日本語、英語、中国語、ロシア語で開催されている国際大会です。フィルターを使って撮影した写真なら応募参加できます。フィルターメーカーは問いません。フィルターを使用して良い写真が撮れたら、応募してみては如何でしょうか。
応募期間は2012年10月1日~2013年9月30日。長期間なので、4つのシーズンに分けての募集、現在はシーズン2の応募を受付中、シーズン1の読者投票を実施中です。 > 国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中

国際フィルターフォトコンテスト 2011-2012 の審査結果 公開中
昨年度に実施された、「国際フィルターフォトコンテスト 2011-2012 の審査結果」が発表されています。入賞作品の数々はお手本の宝庫。レンズフィルター活用の参考になりますので、スキルアップのためにもチェックしてみることをお勧めします。

StudioGraphicsギャラリーに投稿しよう
写真を撮ったら、スタジオグラフィックスの画像投稿サイト「StudioGraphicsギャラリー」で紹介してください。
登録や参加は無料です。アクセス、お待ちしています。


著者プロフィール
神崎洋治 :photo

神崎 洋治(こうざきようじ)
パソコン、周辺機器、インターネット、セキュリティ、DVDなどに詳しいライター兼コラムニスト。
1996年から3年間、アスキー特派員として米国シリコンバレーに住み、パソコンとインターネット業界の最新情報を取材。取材記事は月刊アスキーとインターネットアスキーに連載したほか、日経BP社、朝日新聞社、毎日新聞社、電波新聞社などの雑誌や書籍に寄稿。以降、ライター業に浸る。日経パソコンやアスキー.ドットPCなどの雑誌やウェブでの記事連載多数、書籍の著書も多い。また、セミナー講師やウェブ開発プロデューサーとしても活躍中。
> ホームページ TRISEC International,Inc.


メールマガジンに登録しませんか


デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
  第1回 レンズフィルターの魅力とメリット
第2回 レンズフィルターの装着と購入のポイント
第3回 PLフィルター(1) 青空と白い雲をもっと印象的に撮ろう
第4回 PLフィルター(2) 反射を除去してきれいな写真を撮る方法
第5回 NDフィルター(1) 水の流れを白糸のように撮影する
第6回 NDフィルター(2) NDフィルターを使った撮影の手順
第7回 NDフィルター(3) 長時間露光で通行人やクルマが消える
第8回 緑を美しく撮る グリーンエンハンサー
第9回 キラキラの光を演出する クロスフィルター
第10回 PLフィルター(3) 紅葉をきれいに撮ろう!!
第11回 接写やブツ撮りに便利なクローズアップレンズ 手軽にマクロ撮影を楽しむ方法
第12回 夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう (1) クロスフィルターとソフトフィルター
第13回 夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう (2) シャッター速度と色温度
第14回 ソフトフィルター比較 (1) フォギー、デュート、ブラックミスト、ソフトクロス、センターフォーカス
第15回 ソフトフィルター比較 (2) フォギーとブラックミスト、デュートの使いわけ
第16回 ソフトフィルター比較 (3) プロソフトンの比較と花写真の撮影例
第17回 千鳥ヶ淵で満開の桜を撮る PLフィルターやプロソフトンの活用例
最終回 星景写真を撮りに行こう ~プロソフトンで撮る夜空~
目次
Cokin レンズフィルター 初級講座
 

第1回 角型レンズフィルターのはじめかた ~ Cokin (コッキン) フィルターの特徴と概要 ~
第2回 ハーフ・グラデーション・フィルターで夕景・夜景を撮ろう  ~ みなと横浜の夜を撮る ~
第3回 ハーフNDフィルターで魅力的な写真を撮る方法 ~ 石垣島川平湾と横浜西洋館を撮る ~
第4回 Cokinの丸形フィルター、PLフィルター&クロスフィルター ~ みなとみらいのキラキラ夜景を撮る ~

第5回 Cokinの不思議なセンター・フォーカス・フィルター ~ センタースポットやパステル系ディフューザーで花の撮影を楽しむ ~

最終回 Cokinフィルター 独特の世界を楽しむ ~スター16、接写レンズ、スーパースピード~

目次


・記事の内容は予告なく変更される場合があります。内容についての保証は致しかねます。
・記事の内容について個別のご回答は致しません。
・写真や本文の転用・転載はかたくお断り致します。

みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー
 
初出:2011/09/30
  このページのトップへ
 

 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー