スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

若子jetのスナップフォトコラム☆ VOL.7 神楽坂 編

Posted On 28 11月 2014
Comment: Off

WJS7_title

「若子jetのスナップフォトコラム☆」も、今回で7回目。 今回は、大人のお散歩エリアとして人気の神楽坂(東京都新宿区)を訪ねてみた。

江戸時代からある神楽坂には歴史がいっぱい。坂が多く、坂の上は古くから寺町として栄え、昔ながらの風情を残している。
神楽坂駅を降りるとすぐ先に、創祀750年を超え、現在の所在地である神楽坂に移ってからも約450年にもなる赤城神社がある。もともとは群馬県赤城山の豪族が都内に移住し、牛込城を築いたのがきっかけと言われる。

最近では、平成22年に改装し、新しくなった顔を見せる。 高台に位置し、見晴らしがよく、天気のいい日には新宿の高層ビル群を眺めることもできる。 境内には、群馬出身のシェフが「あかぎカフェ」にて、おもてなしをしてくれる、ゆったりとした緑豊かな、空間でもある。

WJS7_1S

神楽坂には、このほかにもお寺や神社が多く、お散歩するにも飽きないエリア。また、古くからの商店街や閑静な住宅街が坂沿いに同居し、さまざまな顔を見せる。そんな神楽坂の路地を、ひとつひとつ訪ね歩いてみた。

街の至るところに時代を感じさせるモチーフが多く見られる。雑貨屋さんのショーウィンドウ越しに、レトロなタイプライターが並べてあった。

クラシコ書店(http://www.clasicoshoten.com)、開店前ではあったのだけれど、古本屋さんでもあるようなので、赤城神社への参拝帰りにでも立ち寄ってみるのもいいだろう。

WJS7_2S

路地裏にて、ひょっこり顔を見せてくれた猫ちゃんに遭遇。 まるでカメラの絵の中に積極的に入ってきてくれるかのような、人懐っこさに、一瞬にして心を奪われてしまった(笑)。

WJS7_3S

住宅に囲まれた昔懐かしい児童遊園もあった。 近所のボランティアさんなどの手によって整備された、あたたかみのある公園だ。 中でもインパクトのあるゾウの滑り台が有名。ゾウのお鼻の下はトンネルになっており、くぐることもできるユニークなスポットだ。

WJS7_4S

神楽坂から少し路地に入ると、50年以上の歴史をもつ「ホン書き旅館」として有名な旅館「和可菜」がある。撮影スポットで有名な兵庫横丁を歩けば見えてくるだろう。 神楽坂といえば料亭も多いイメージだが、ここ最近は、隠れ家風の一軒家フレンチレストランや、オシャレなイタリアンレストランなどの名店も多く見られる。 くねくねと曲がった小径の続く路地なので、迷いながらの街散策もたまにはいいだろう。

WJS7_5S

さて、 昔の面影が残った石畳が続く町並みは、人の心をほっとさせてくれる。歴史と文化と由緒あるお寺や神社が多く続く神楽坂、その一方で昭和初期まで栄えた花街の面影が、今も新しい姿を見せなががも、大人の散歩街として魅力を見続けさせてくれる、そんな色気を感じる街であった。

若子jet
著者について
■ 若子jet ■ 名古屋造形大学卒業後、出版社写真部を経て、松本明彦氏に師事後独立。 現在、雑誌や広告等の撮影をする一方、写真家としての展覧会作品発表多数。大学で講師をつとめるなど、後進の育成にも力を注いでいる。 優しく、かわいく、綺麗な世界感を得意とする。「すぐにうまくなる いいね!と言われる写真の撮り方レシピ」 (朝日新聞出版)絶賛発売中。
メルマガ登録