スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

若子jetのスナップフォトコラム☆
第12回 中目黒 編

Posted On 10 5月 2015
Comment: Off

WJS12_title

若子jetなりの視点で写したいろいろな街にフィーチャーし、その楽しさをお伝えしてきた本連載、「若子jetのスナップフォトコラム☆」も第12回目、今回でひとまず最終回となる。今回は私にとってここ最近、一番なじみの深い「中目黒」の街並みを紹介したいと思う。

本連載第2回の代官山編でも紹介したとおり、代官山から少し坂を下れば「中目黒」にたどり着く。以前紹介したカシオのスペシャルサイトにも、私が中目黒エリアで撮影したカットがある。

中目黒といえば、まっさきに思い浮かぶのは、桜並木でも有名な「目黒川」だが、最近は都市開発により、中目黒ゲートタウン(GTタワー)や、アトラスタワーなど、高いビルが駅近くにそびえ立つとともに、区役所などもあり、目黒区の中心となる地だ。2008年には、中目黒駅の改良工事に伴い、駅のまわりにあった昭和のたたずまいを残していた飲食店などが、場所を移すという大きな街の変化もあった。

中目黒周辺には閑静な住宅街も多く、上目黒方面に向かえば、諏訪山エリアには芸能人や著名人のお住まいと思われる邸宅もあり、芸能事務所も多く存在している。一方で、少し小道に入れば、旧陸軍の軍用地だった面影もあり、周辺にはいまでも自衛隊関連の施設が多く存在していることは、あまり知られていないようだ。

WJS12_1s

さて、川沿いを歩けば、その日の気分で散歩をしていても、出会う空気が毎日新しい。緑に水辺のある景色は非常に癒される地である。映り込む、目黒川の緑と青空を撮影してみた。クリアな景色に感動した。

WJS12_3s

今では考えにくいが、昔は中目黒にも田園風景が広がり、中目黒村と呼ばれていた時期があった。その後、東急東横線の開業で、自由が丘に続いて街の活性化が進んでいったようだ。その東横線とクロスするかたちで流れる目黒川を上流へと辿っていけば、池尻大橋方面へと出る。その道すがらには、雑貨屋、カフェ、ギャラリー、飲食店など、個性的なお店も多く、ファッション雑誌やドラマの撮影でも多く使用されるお店を見つけることもできる。

WJS12_2s

また、筆者のポストカードが置かれた雑貨屋さんも中目黒川のすぐ近くに位置する。目黒川沿いのお店は、お昼の11〜12時くらいからオープンする洋服屋さんやカフェが多く、新しい店と古い店も混在し、のんびりした時間を過ごすことができる。新緑の季節に目黒川沿いを散歩したり、自転車で少し足を伸ばして、いつもと違う街の表情を探索してみたりするのも楽しい、オススメの街並みです。

さて、「若子jetのスナップフォトコラム」を今までお楽しみいただき、本当にありがとうございました! 都内を中心に、筆者オススメの街並みを紹介してまいりました。街の歴史を知るとともに、また新たにその地を歩けば、違った視点でカメラを向けることができます。今後も、同じ街を訪れても、見方をかえてスナップを楽しんでいただけたらなぁ、と思います。また、お目にかかるのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

若子jet
著者について
■ 若子jet ■ 名古屋造形大学卒業後、出版社写真部を経て、松本明彦氏に師事後独立。 現在、雑誌や広告等の撮影をする一方、写真家としての展覧会作品発表多数。大学で講師をつとめるなど、後進の育成にも力を注いでいる。 優しく、かわいく、綺麗な世界感を得意とする。「すぐにうまくなる いいね!と言われる写真の撮り方レシピ」 (朝日新聞出版)絶賛発売中。
メルマガ登録