スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸の旅スナップ ~ Trip-Snap
第17回 京都を行く<前編>


モデル:ゆうり 写真と文:萩原 和幸


TOPIX

坂の街を旅しながらのスナップをお届けしている「 萩原和幸の旅スナップ~ Trip-Snap 」。第 17 回目は「 京都 」からお届けします。京都の旅に萩原氏がお供に選んだレンズは、FiRIN 20mm F2 FE MF と SAMYANG XP 85mm F1.2 の2本。今回も前回に引き続きスナップポートレートでお届けします。それではお楽しみください。  by 編集部

Go To Top

今回の「 萩原和幸の旅スナップ 」は、京都。坂の街をテーマにしているこの連載、やはり京都は外せないでしょう! と、言いたいところだが、実は別の理由があっての関西方面なんだけどね。まあ、それは後ほど申すとして、今回は京都。

 京都にあれこれ説明は不要だろう。これまで京都へは過去かなり旅したし、いつも行き当たりばったりのひとり旅がほとんど。そこで、今回は京都への趣向を変え、この連載に華を添えてくださるお二人に、半日づつご一緒いただくことにした。感謝! 感謝! と、いうことで、お供の機材もせっかくなのでポートレート向けのものにしてみるか。

キヤノン EOS 5D MarkIII に SAMYANG から新たに発売されることになった「 XP 85mm F1.2 」をつけ、やはりトキナーから新発売となった「 FiRIN 20mm F2 FE MF 」をソニー α7 II につけてみた。

■amazon で価格チェック■
FiRIN 20mm F2 FE MF
■ メーカーサイト ■
FiRIN 20mm F2 FE MF
XP 85mm F1.2
■ メーカーサイト ■
XP 85mm F1.2

「 XP 85mm F1.2 」は 5000 万画素と 8K 動画にも耐えうる最新クオリティレンズ。F1.2 という明るさも魅力。日本ではケンコー・トキナーが扱う。「 FiRIN 20mm F2 FE MF 」はケンコートキナーが新たに立ち上げたシリーズ第一弾レンズで、ソニー FE マウントの MF レンズ。第一弾が 20mm ってところが広角レンズに定評のあるトキナーらしい選択でニヤッとしてしまう。マニュアルフォーカス超広角レンズとポートレートレンズ。自分でも滅多に組み合わせないだけに、ワクワクしながらの出発だ。

その途中に出会った看板。大胆な文字だなあ

その途中に出会った看板。
大胆な文字だなあ

京都へは深夜バスで。このバスは慣れっこに。横浜を 23 時過ぎに出発し、京都へは翌朝6時頃到着。珍しくだるさを感じたので、京都タワー大浴場にてひとっ風呂。体を十分にほぐしてから市内に出発!

まずは二条城に向かったのだが、休館( 休城? )日。すぐに次の目的地である二条陣屋へ徒歩で向かう。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/100 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/100 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

清涼感とともに、懐かしさを感じるドリンクの冷やし方。こういうの、大好き!20mmの広角で、ググッと寄って、周辺まで入れることで、ボケとともに雰囲気もたっぷりと。……強いて申せば、夏に撮りたかったなあ(笑)  Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/160 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

清涼感とともに、懐かしさを感じるドリンクの冷やし方。こういうの、大好き!20mmの広角で、ググッと寄って、周辺まで入れることで、ボケとともに雰囲気もたっぷりと。……強いて申せば、夏に撮りたかったなあ(笑)
Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/160 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

二条陣屋は予約制。拝観できる時間まで、すぐそばの神泉苑へ。実はここも初めて。神泉苑は、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑( 天皇のための庭園 )。ここの池には善女龍王がお住みになっておられるそう。

源義経の前で静御前が雨乞いを舞った舞台とされる善女龍王社をワイドで。なぜか、なんとも神秘を感じる場所で、背中がゾクッと。ここで願掛けをして横に架かる法成橋を渡ると願いが叶うとか。修学旅行生や、地元の親子連れなどに賑わっていた。僕も願掛けをしたことは秘密( 笑)  Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/500 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

源義経の前で静御前が雨乞いを舞った舞台とされる善女龍王社をワイドで。なぜか、なんとも神秘を感じる場所で、背中がゾクッと。ここで願掛けをして横に架かる法成橋を渡ると願いが叶うとか。修学旅行生や、地元の親子連れなどに賑わっていた。僕も願掛けをしたことは秘密( 笑)
Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/500 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.6 1/125 秒 ) ISO:200 AWB RAW

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.6 1/125 秒 ) ISO:200 AWB RAW

境内にはアヒルさんが3羽。どうやら神泉苑のこのアヒルさんたちは有名らしい。人に懐いていて、訪れる方々を和ませてくれているそう  Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f4.5 1/250 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

境内にはアヒルさんが3羽。どうやら神泉苑のこのアヒルさんたちは有名らしい。人に懐いていて、訪れる方々を和ませてくれているそう
Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f4.5 1/250 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 AWB RAW

う~ん、晴れた日にもう一度訪れたい! できれば雪が積もった冬の青空と共に撮りたい! しかし、ここはすごく惹かれたし、不思議と力をいただいたところだったなあ。

さて、予約時間が迫る二条陣屋へ……行ってみたら、全くの撮影禁止!だそうで。残念ながら、写真は無く。でも面白かった! 歴史好きにはオススメ。ボランティアの方の説明も丁寧で、とても楽しめた。一応、情報だけでも。
二条陣屋の Web( http://nijyojinya.net )
維持するのは大変でしょうし、広めてくださいとも仰ってましたしね。

13 時を回った頃、今回の旅スナップのお供をしてくださるお一人目の方、ゆうりさんと待ち合わせの場所で。

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.2 1/2500 秒 )+1.0EV 補正 ISO:400 AWB RAW

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.2 1/2500 秒 )+1.0EV 補正 ISO:400 AWB RAW

まずは南禅寺へ。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2.8 1/20 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2.8 1/20 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

天候はしとしとの小雨。南禅寺で撮りたいと考えていたところは水道橋。今や京都を代表する風景だしね。ということで、水道橋を大きく構図に取り入れながら、20mm でスナップポートレートをば。平日とはいえ、さすがは南禅寺、観光客の方々は絶えない。20mm の範囲を意識しながら、ススッとテンポよくシャッターを切っていく。FiRIN 20mm F2 FE MF はマニュアルなので、先に構図のみ決めておき、フォーカスアシストで、ゆうりさんのピントだけを意識。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2.5 1/13 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2.5 1/13 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

20mm って画角は、ポートレートでも楽しい。広い範囲で周囲を拾えることを、贅沢と考えれば、20mmはその贅沢な空間をいかに使うか、という面白さに満ちている。このレンズ、本当に歪みが少ないので、遠近感の誇張にも良し。パンチの効いた画になりながらも、自然とハマって写る。クセになる画角だなあ。

マニュアルフォーカスってのもいい。別に急ぐ場面でなければ、丁寧にピントを合わせる儀式も、撮影のテンポの「 間 」になる。角形のフードがまたレトロっぽくていいんだなあ。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/30 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/30 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

20mm とはいえ、さすがに開放値F2は背景がよくボケる。どアップなら確かに広角だってよくボケる。でもそこまで寄ってなくてもボケが十分に見られる。誇張された距離感の中でのボケという独特の世界も味わえる。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/125 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/125 秒 )+0.7EV 補正 ISO:200 AWB RAW

私の次の予定の関係で、とりあえず四条河原町まで。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/2500 秒 )-0.3EV 補正 ISO:800 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/2500 秒 )-0.3EV 補正 ISO:800 AWB RAW

先斗町をぶらっとしながら、八坂神社まで歩くことにした。

こういう路地では 20mm はまさに本領発揮! 狭いながらも雰囲気を全て取り込む懐の深さを信じてしまう  Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/80 秒 )-1.0EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

こういう路地では 20mm はまさに本領発揮! 狭いながらも雰囲気を全て取り込む懐の深さを信じてしまう
Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/80 秒 )-1.0EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/100 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 WB太陽光 RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/100 秒 )+1.0EV 補正 ISO:200 WB太陽光 RAW

京都のことを色々と教えてもらいながら歩く。僕のような観光客と、ゆうりさんのようにここを生活圏としている方とは、京都の見え方は絶対に違う。ましてや大学生のゆうりさんが見ている京都の視点は、僕が考えもしないものだろうし。へえ~と思うことがたくさんある。ゆうりさんはポートレートの舞台として京都というロケーションを使うのだとか。このとこに強く興味を抱かせていただいた。ブラブラして、寺社仏閣見て歴史に触れて、うまい酒を飲む……というお決まりからちょっと角度を変えてみようかな、と。

鴨川を横切る時に、ほんのわずかだけど日が差した。

うんと明るい笑い顔で爽やかにこちらを向いてくれたので、その表情をそのまま  Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.2 1/2000 秒 )+1.3EV 補正 ISO:400 AWB RAW

うんと明るい笑い顔で爽やかにこちらを向いてくれたので、その表情をそのまま
Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.2 1/2000 秒 )+1.3EV 補正 ISO:400 AWB RAW

16

八坂神社に着くと、夕日が眩しく

西楼門をくぐると、まだ紅葉の名残が。夕日に照らされて、より赤の鮮やかさを増しながら輝く。立ち止まって眺めるゆうりさんを、雰囲気丸ごと 20mm で切り取る。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/640 秒 )+1.7EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/640 秒 )+1.7EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

本殿でお参りすると、次の予定の時間ギリギリに。

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF  絞り優先 AE( f2 1/800 秒 )+2.0EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

Sony α7Ⅱ Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF
絞り優先 AE( f2 1/800 秒 )+2.0EV 補正 ISO:1600 AWB RAW

河原町の駅まで、またお付き合いいただいた。

さあ、行きましょう! と彼女が振り向く  Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.2 1/1600 秒 )+1.7EV 補正 ISO:400 AWB RAW

さあ、行きましょう! と彼女が振り向く
Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.2 1/1600 秒 )+1.7EV 補正 ISO:400 AWB RAW

鴨川におりて、お別れの時間に。

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.2 1/4000 秒 )+0.3EV 補正 ISO:400 AWB RAW

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.2 1/4000 秒 )+0.3EV 補正 ISO:400 AWB RAW

「 XP 85mm F1.2 」の綺麗なボケ。さすがに開放では被写界深度は浅いが、MF なので否応なしに丁寧になる。でも明るいのでピントは合わせやすい。F1.2 なのでレンズはかなりい大きくなるが、ピントリングのラバーが指によくなじみ、心地よくピント合わせをアシストしてくれた。

短い時間でしたが、本当に感謝!
お話が楽しく、会話の節々に知性を感じた。
撮るのも撮られるのも大好きというゆうりさん。次は着物着て京都で、と約束。

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2  絞り優先 AE( f1.2 1/2500 秒 )+1.7EV 補正 ISO:400 AWB RAW

Canon EOS 5D MarkIII  SAMYANG XP 85mm F1.2
絞り優先 AE( f1.2 1/2500 秒 )+1.7EV 補正 ISO:400 AWB RAW

次の日もがんばってくださいね!とお言葉を頂戴する。
こちらこそです! 写真、たくさん楽しんでくださいね!

NMB48 Theater

NMB48 Theater

さてさて、僕はこの後どこに向かったか……。実はここでした。

どうしても見ておきたかった team M の公演! 取材中に自分の趣味? いいんです! この取材は自腹で来てますから! 誤解なきよう、宜しくお願いしますね(笑)

劇場内の公演後の写真は、ここでは掲載できず。ごめんなさいねえ。公演に感動し、ウルウルしちゃったよ。Mの皆さん、藤江れいなさん、ありがとね! すごく良かったよ! ( 現在は新チームになっております )

今日はたくさんの方々に元気を頂いたなあ。
早く京都に戻って、明日に備えることにしよう。

次回予告! 翌日はもう一人のモデルさんが登場! 同じく京都を舞台にブラブラスナップポートレートをたくさん紹介します! お楽しみに!

● 萩原和幸のスナップワンポイント ●
観光地での広角レンズ使用の注意点
今回は 20mm という超ワイドレンズを使用。ここまで広角レンズだと、周りの人がどうしても写ってしまう。こと観光地では尚更だ。人が構図内に入らなくなるまで待つのも手だが、思い切って構図を変えてしまうのもあり。ローアングルから見上げるようにしたり、モデルさんにしゃがんでもらって低いポジションから狙うなど、カメラポジションやアングルを変えることで、意外と回避できる。ベストポジションは確かにあるが、次の一手を打てる柔軟さも必要だと思う。

■amazon で価格チェック■
FiRIN 20mm F2 FE MF
■ メーカーサイト ■
FiRIN 20mm F2 FE MF
XP 85mm F1.2
■ メーカーサイト ■
XP 85mm F1.2

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録