スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸の旅スナップ ~ Trip-Snap
第4回 会津、幕末の情熱を求めて……II

 

写真と文:萩原 和幸


TOPIX

写真家、萩原和幸が、Tokina レンズと共に高速バスで旅をしながら、風情のある街をスナップに納めて歩く旅スナップの新企画。「 萩原和幸の旅スナップ~ Trip-Snap 」。
前回に引き続き、標準ズームレンズ「 AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 」をお供に、白虎隊の街、会津を歩きながらのスナップ後編です。それではお楽しみください。 by 編集部

Go To Top
AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

前回から福島・会津周辺を中心にスナップ撮影してきたが、今回は会津市内をぶらぶらと……。翌日はバスの出発まで、会津市内を周遊バスを足に回ることにした。機材は体力的な部分と相談し、Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 一本で。

まずは宿泊したホテルのすぐそばにある造り酒屋へ。前日、朝イチでおいでと言ってくださったので、遠慮なくお邪魔した。昨日の時点で、造り酒屋の内部は、酒作りシーズンの冬に撮ろうと決めたので、カメラは構えずに、ゆっくり説明を伺う。まずは目で見る……実はこれって写真を撮る心構えとして、とても重要。なぜ撮るのか、何を撮るのか、どう撮るのか、こうした問いがあってはじめて主題が浮かび上がってくる。でもまずは気持ちに写し込むことが大切だ。

酒屋を出る前に、のれんを裏側から1枚だけ撮影。「 山廃 」など、知らなかった酒類用語を教えていただいた。ここにも、冬に必ず来ることにしよう。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/160 秒 ISO:200 AWB RAW

酒屋を出る前に、のれんを裏側から1枚だけ撮影。「 山廃 」など、知らなかった酒類用語を教えていただいた。ここにも、冬に必ず来ることにしよう。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/160 秒 ISO:200 AWB RAW

会津のシンボル・鶴ヶ城へ。昨夜ライトアップされた鶴ヶ城をチラ見しておいたが、今日はしっかりと登城。以前来た時は、瓦はいわゆるネズミ色だったが、錆色の赤瓦に変えられていた。幕末時代はこの色だったそうで、当時の姿を見られるようになったということだ。

広場から本丸を見上げる。堂々とした姿に感動する。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/8 1/2500 秒 ISO:400 AWB RAW

広場から本丸を見上げる。堂々とした姿に感動する。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/8 1/2500 秒 ISO:400 AWB RAW


鉄門から南走長屋へと続く。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/200 秒 ISO:200 AWB RAW

鉄門から南走長屋へと続く。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/200 秒 ISO:200 AWB RAW


天守閣からの風景。中央手前の山が小田山。会津戦争時、新政府軍はあの小田山からアームストロング砲で、この鶴ヶ城を攻撃した。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

天守閣からの風景。中央手前の山が小田山。会津戦争時、新政府軍はあの小田山からアームストロング砲で、この鶴ヶ城を攻撃した。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/320 秒 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/320 秒 ISO:200 AWB RAW

鶴ヶ城を後にし、バスで会津武家屋敷へ。お目当ては西郷家の家老屋敷。会津戦争時には、一族二十一人での集団自決という悲しい歴史がある。幼い頃に話をきいて、とってもショックだった。

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/250 秒 ISO:800 WB:太陽光 RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/250 秒 ISO:800 WB:太陽光 RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/4000 秒 ISO:800 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/4000 秒 ISO:800 AWB RAW


石畳に落ちる夏の影が、なんとも綺麗で、感傷的だ。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4.5 1/1000 秒 ISO:200 AWB RAW

石畳に落ちる夏の影が、なんとも綺麗で、感傷的だ。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4.5 1/1000 秒 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/11 1/250 秒 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/11 1/250 秒 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/5 1/500 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/5 1/500 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW

飯森山に移動。飯森山と言えば白虎隊だ。私は40年ほど剣舞をやっていて、「 白虎隊 」を若い頃によく舞った。それゆえに白虎隊は、意識としてとても近く、特別な思いもある。

厳島神社。古くから信仰の対象になっている。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/80 秒 ISO:200 AWB RAW

厳島神社。古くから信仰の対象になっている。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/80 秒 ISO:200 AWB RAW


水滴の波紋が、いっそう夏の静けさを感じさせてくれる。一瞬、蝉の鳴き声がピタッと止んだ。このレンズの適度なシャープ感が、凛とした感じをより演出してくれる。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/800 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW

水滴の波紋が、いっそう夏の静けさを感じさせてくれる。一瞬、蝉の鳴き声がピタッと止んだ。このレンズの適度なシャープ感が、凛とした感じをより演出してくれる。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/800 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW


白虎隊が飯森山へと引き上げてきたときの洞穴がこの先。流れはけっこうキツい。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/2500 秒 ISO:200 AWB RAW

白虎隊が飯森山へと引き上げてきたときの洞穴がこの先。流れはけっこうキツい。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/2.8 1/2500 秒 ISO:200 AWB RAW


そこからすぐに見えるのがさざえ堂。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/80 秒 ISO:200 AWB RAW

そこからすぐに見えるのがさざえ堂。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/13 1/80 秒 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/6.3 1/30 秒 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/6.3 1/30 秒 ISO:200 AWB RAW


内部に入ってみる。F2.8 の明るさに助けられながら、シャッターを切っていく。思った以上に暗いので、脇を締めて、慎重にシャッターを押す。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/100 秒 -1.3 補正 ISO:800 AWB RAW

内部に入ってみる。F2.8 の明るさに助けられながら、シャッターを切っていく。思った以上に暗いので、脇を締めて、慎重にシャッターを押す。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/100 秒 -1.3 補正 ISO:800 AWB RAW


頂上に到着。圧倒感とともに、歴史の重みを全身に受ける。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/6.3 1/25秒 -2.0 補正 ISO:800 AWB RAW

頂上に到着。圧倒感とともに、歴史の重みを全身に受ける。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/6.3 1/25秒 -2.0 補正 ISO:800 AWB RAW


ゆっくりと深呼吸した後、そっとシャッターを押す。シャッター音だけが響く。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4.5 1/40 秒 ISO:1600 AWB RAW

ゆっくりと深呼吸した後、そっとシャッターを押す。シャッター音だけが響く。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4.5 1/40 秒 ISO:1600 AWB RAW


差し込む光と、螺旋階段の直線のコントラストが美しい。上りと下りが全く別の通路になっている。昨今の超広角レンズの普及で、広角の画に慣れてきているが、24mm はこういう場面では十分な広さを稼げるなあと実感する。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/25 秒 -0.7 補正 ISO:800 AWB RAW

差し込む光と、螺旋階段の直線のコントラストが美しい。上りと下りが全く別の通路になっている。昨今の超広角レンズの普及で、広角の画に慣れてきているが、24mm はこういう場面では十分な広さを稼げるなあと実感する。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/25 秒 -0.7 補正 ISO:800 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/3.5 1/160 秒 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/3.5 1/160 秒 ISO:200 AWB RAW

バスの出発時間が近づいてきたので、中心部をブラッと。蔵を中心とした歴史的建物が多く、野口英世青春通りはとても写欲をそそる。

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/1250 秒 -0.3 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/1250 秒 -0.3 補正 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/320 秒 -0.3 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/320 秒 -0.3 補正 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/400 秒 -1.3 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/400 秒 -1.3 補正 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/200 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/200 秒 -0.7 補正 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/50 秒 -1.3 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/50 秒 -1.3 補正 ISO:200 AWB RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/400 秒 -1.0 補正 ISO:200 AWB RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/4 1/400 秒 -1.0 補正 ISO:200 AWB RAW


蔵や古い家屋を店舗としているところも多い。遅い昼食を頂く為に入店。中は昭和一色! Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/3.5 1/40 秒 -0.3 補正 ISO:1000 AWB RAW

蔵や古い家屋を店舗としているところも多い。遅い昼食を頂く為に入店。中は昭和一色! 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/3.5 1/40 秒 -0.3 補正 ISO:1000 AWB RAW


ハヤシライスを頂きました。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

ハヤシライスを頂きました。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


陽も傾き、光に色がつき始めてきた。その光の色を大事に、WB は太陽光で。 Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/125 秒 -0.3 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

陽も傾き、光に色がつき始めてきた。その光の色を大事に、WB は太陽光で。 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/7.1 1/125 秒 -0.3 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW


Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/400 秒 -0.3 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX 絞り優先 AE f/10 1/400 秒 -0.3 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

今回の旅では、ほとんどを Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX で撮影した。24-70mm という、ある意味鉄板の焦点距離ということで、こういったスナップ撮影でもとても便利だ。また開放値 F2.8 という明るさには随分助けられた。窓が小さく、暗めの屋内が多い歴史的建造物での撮影では、本当に大活躍だった。いっそのこと、 
Nikon D610 + AT-X 24-70 F2.8 PRO FX という、レンズ一本で撮影旅に出かけるのっていいなあと感じた。機材をシンプルにできるというのは、こうした旅スナップでは重要なことだ。AT-X 24-70 F2.8 PRO FX の使い勝手もよかったことだし。

さて、次はどこに行こうか。坂の街ですよね? もちろんわかっていますよ(笑)。

Go To Top

■amazon で価格チェック■
Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX

■ メーカーサイト ■
Tokina AT-X 24-70 F2.8 PRO FX
AT-X M100 PRO D

■ メーカーサイト ■
AT-X M100 PRO D

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録