コンテンツのトップページへ
163. お父さんのための特撮講座 〜特撮博物館の巻〜 2012/10/03
 

これを読んだら東京都現代美術館へGO!

ひとつ前のページに戻るこのページのトップへ
Click で拡大
写真撮影OKのミニチュアステージ。完璧と思った一枚でしたがどなたかの腕が写っていました(泣)
Click で拡大
細かいところまでホントよく作られています
Click で拡大
今回はNikon 1 V1で撮影
Click で拡大
戦車も出動
Click で拡大
アングルを変えて色々撮ってみるのが楽しい
Click で拡大
青梅街道は通行困難です
Click で拡大
東京タワーもヤバい状況
Click で拡大
ここでは通路に立って巨大化した自分を楽しめますの
Click で拡大
チビッ子はウルトラマンになりきます
Click で拡大
『巨神兵東京に現わる』に出てきたセットでも写真撮影が可能。帰ってきたウルトラマンのポーズをとるK玉氏。

7月から東京都現代美術館で開催中の『館長 庵野秀明 特撮博物館〜ミニチュアで見る昭和平成の技』に誘われたので行ってきました。

誰に誘われたかというと、いつもの二人。

特撮好きの映像プロデューサーK玉氏とその後輩、南K太郎さん(仮名)ですの。

なんでもウルトラマンやゴジラが展示されているそうで、スタグラのK崎プロデューサーも好きそうだし、タダごはのネタになりそうだしということで、行ってきたのであります。

展示会場はいくつかのコーナーにわかれていて、
まず最初は昔の東宝映画に使われた美術や小道具のコレクションの展示。
迫力満点で人気だったのがメカゴジラII のぬいぐるみでした。

「あっ、向こうでキングギドラの鳴き声が
 聞こえますよ」

「お、どれどれ」

と、お連れの殿方はさっさと先に行ってしまい、一人で観ることになった次のコーナーにはようやくウルトラマンなど馴染みのあるキャラクターのミニチュアなどが登場。さらに足を進めると、2006年の映画『日本沈没』で使われたという国会議事堂のミニチュアやガメラのぬいぐるみなどがありました。

お次はこの展覧会のために作られたという9分間の短編映画『巨神兵東京に現わる』の上映会場なのですが、
ここで連れのお二人と合流。

どうやらこれが本展覧会の最大の見モノとのことな
のですが、

「そもそも“きょじんへい”って何ですの?」

「ゆきぴゅーさん、きょじんへいではなくて、
 きょしんへいです。巨神兵というのは、
 風の谷のナウシカに出てきた
 人型兵器のことですよ」

「へぇ〜」

とこんな予備知識で臨んだ9分間。まぁ迫力ある映像にそこそこ感動したゆきぴゅーだったのですが、

「巨神兵に向かってワンワン吠えていた
 ワンちゃんは作り物だって
 バレバレでしたわね」

「何言っているんですかゆきぴゅーさん、
 あれはわざとおもちゃだって
 分かるように撮っているんですよ!」

「えー、なぜですの?」

「今回は特撮はCGを一切使わずに
 ミニチュアで全編制作するという主旨で
 やっているので、
 実景と間違わないようにわざと
 あんな風に撮っているんです!」

「そ、そうだったんですの・・・」

そんなゆきぴゅーみたいに何もわかっていない人のために、次のコーナーでは『巨神兵東京に現わる』メイキング映像が見られるのですが、これがびっくり!

冒頭シーンは空撮じゃなくてミニチュア撮影だったですのー?!とか、
ラストのきのこ雲もCGじゃないんだー!とか、
とにかく「えー?!わざわざこんなことやってたですのー?」とびっくりすることばかりでえらく感動してしまい、ゆきぴゅーはそこで初めておもちゃの犬に込められた制作陣の熱い思いを知ったのでありました。

それをふまえて『巨神兵東京に現わる』をもう一度観たいですわー!と思ったところで、残念ながら会場内の逆戻りは出来ず、、、ちゃんちゃん。

ところでこの展覧会には、10m 四方のスペースに作られた特撮スタジオ・ミニチュアステージというのがあって、そこだけは写真撮影がOKなんですの。

“ここから撮るといいよ”っていう撮影ポイントは、押すな押すなの大盛況。

なにしろ『巨神兵東京に現わる』で使われたミニチュアステージを再現したジオラマだそうで、間近で見るとその精巧さは感動モノですの。

巨神兵に破壊された東京をいかにリアルに格好良く撮ろうかと、無我夢中でシャッターを切ってしまいましたわ。

もしかしてわたくしってジオラマ好き?!

今ではCGで作ってしまう映像を、あえて大勢のスタッフさん達が手作業で作り上げるミニチュアワーク。それを使った特殊撮影というのは、日本が世界に誇れる立派な技術であり、時間とお金がかかってしまうがゆえに無くなりつつある現状はすごく残念なことなんだなぁ〜と考えさせられた展覧会でした。

会期は10月8日(月)体育の日までと残りわずかとなったこの特撮博物館、お時間とれる方は是非とも足を運んで、日本の特撮技術のすばらしさをご自分の目で見て体感してみてはいかがでしょうか。

きっとスタグラ読者のおじさまの中には、古過ぎてゆきぴゅーにはわからなかった惑星大戦争に出てきた宇宙防衛艦 轟天のドリルなんかを見たら懐かしさに涙しちゃったりする方もいらっしゃるのでは???

Click で拡大
クリックして拡大

みんなが撮った写真を見てみよう Studio_Graphicsギャラリー

メールマガジンに登録しませんか

Amazon へ

ゆきぴゅーをもっともっと読みたい人には…文庫本
ゆきぴゅーの勝手に弟子入り日記
著:ゆきぴゅー 中経出版 287ページ 720円
ものづくりの現場に突撃弟子入りしちゃったゆきぴゅーの、異色イラストエッセイ。弟子入りしたいと思ったところのドアをトントンッと叩き、「アンタ、誰?」なんてお師匠様に言われながらも、修業にまい進するゆきぴゅー。名人技とその職人魂に触れる珠玉の一冊。 >> 関連記事を読む

スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
神崎洋治の「デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座」。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い 〜位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜   萩原和幸のポートレート撮影術 〜女性の撮り方テクニック講座〜
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 〜オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   神崎洋治の「オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(神崎洋治の「フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!」)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
神崎洋治の「Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
神崎洋治の「デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座」
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座〜ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻〜
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦 (撮影・文:神崎洋治)
 

初出:2012/10/03

  このページのトップへ
 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー