スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporaryを発表

株式会社シグマは、最新のテクノロジを採用し、高い光学性能とコンパクトさを両立することで、幅広い撮影シーンに対応するContemporaryラインに、携行性に優れた高倍率ズームレンズとして「SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」を発売する。

pphoto_18_300_35_63_c014_horison_hood_a_s

同製品は、蛍石と同等の性能を誇るFLD(”F” Low Dispersion)ガラス4枚と、SLD(Special Low Dispersion)ガラス1枚を使用し、とくに望遠側で目立つ倍率色収差をきれいに補正、クリアで色再現性の高い画質を実現した。
新設計の手ブレ補正OS機構は、機構設計やファームウェアのアルゴリズムを全面的に見直すことで、約3.5段分の高い補正効果を実現。HSM(Hyper Sonic Mortor)の採用により、かで高速なAFを可能にしている。

マクロ機能は、最短撮影距離39cm、ワーキングディスタンス約14cmで、最大倍率は1:3と、マクロレンズに近い性能を実現。ズームリングを動かすことで、アクセサリや料理、花の撮影などの撮影用途に応じて、ズームマクロ的に使うこともできる。また、本製品は、描写性能を低下させることなく、被写体をより大きく撮影できる別売りの新しいクローズアップレンズ「AML72-01」と組み合わせることで、1:2のマクロ撮影でも光学性能を落とさずに、高画質なマクロ撮影を実現する。

同社は、本製品の対応マウントとして、シグマ用、キヤノン用、ニコン用を用意し、2014年10月に、希望小売価格84,000円(税別)で発売予定。また、発売日未定ながら、手ブレ補正OS機能を持たないモデルを、ソニー用、ペンタックス用にラインナップする予定だ。

【主な仕様】
レンズ構成;13群17枚
画角(SD1):75.5°
絞りはね枚数:7枚(円形絞り)
最小絞り(W端):F22
最短撮影距離:39cm
最大倍率:1:3
フィルターサイズ:φ72mm
最大径×全長:φ79mm×101.5mm
重さ:585g

問い合わせ先:株式会社シグマ カスタマーサポート部 0120-9977-88(フリーコール)/ 044-989-436

製品情報
SIGMA GLOBAL VISION : http://www.sigma-global.com

メルマガ登録