スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第11回
SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC

写真と文:萩原 和幸  モデル:宮瀬ひなの( ソレイユ )


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのは開放絞り F1.4 のフルサイズ対応 35mm 単焦点マニュアルレンズ「 SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ 私の標準レンズは 35mm

写真1  
SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC。フード無し(左)とフード装着(右)

SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC。フード無し(左)とフード装着(右)

今回試したレンズは、SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC。35mm フルサイズフォーマット用としてデザインされたマニュアルレンズだ。35mm という焦点距離には非常に関心のある筆者。現在の私は撮影となると、35mm を「 標準レンズ 」としてるほど、重要な焦点距離だ。それだけについつい厳しい目でみてしまう。そんな 35mm のユーザーなら一度は手にしてみたい F1.4 という大口径レンズ。この仕様は純正メーカーからもラインアナップされているが、当然ながら価格もそれなりで、キヤノンなら 20 万円越えはするスペックだ。サムヤン製なら、フォーカスはマニュアルながら純正メーカーの4分の1以下というハイコストパフォーマンスを見せつけてくれる。

F1.4 という開放値は、ボケをコントロールすることによる表現の幅の広がりと、光の条件が乏しいところでパフォーマンスを発揮する。やや広めに感じる 35mm という画角は、遠近感の誇張に加え、ボケをコントロールする面白さを一番感じられる画角だと思う。

レンズ構成は 10 群 12 枚。複合非球面レンズ( AS )採用で、絞り開放時の描写にこだわっている。フレアとゴーストを最大限に抑えるウルトラコーティング仕上げも施している。フィルター径は 77mm。

写真2  
SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC を Canon EOS 5D Mark IV に装着。フード無し(上)とフード装着(下)

SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC を Canon EOS 5D Mark IV に装着。フード無し(上)とフード装着(下)

マウントは、ニコンF、キヤノン EF、ペンタックスK、ソニーAマウント、富士フイルムX、ソニーEマウントがラインナップ。今回の撮影にはキヤノン EF マウント用を EOS 5D Mark IV で使ってみた。( 写真2は EOS 5D Mark III だ )

カメラに装着してのバランスは良好。マニュアルフォーカスレンズではフォーカシング方式に全群繰り出しを採用しているものが多いが、このレンズでは内部のレンズ群を移動させるインナーフォーカス方式を採用しているので、レンズの全長が変わらないのがいい。重量は EF マウントで 710g と F1.4 のスペックを考えると軽い部類だ。
フォーカスリングのトルク感はやや重めで深度の浅いこのレンズでのピント合わせには良好だ。絞りは f1.4 ~ 2 の間を除いて 1/2 段クリック。最大絞りは f22。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC

Go To Top

■ ポートレートとスナップで試してみた

さて、早速撮影に出かける。私の仕事( ポートレート )で多用する 35mm なので、今回の撮影ではポートレートを中心にしてみた。ボケ味や逆光性能、肌の発色などを観察してみた。

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。サムネイル画像をクリックするとリサイズした画像がポップアップ表示されます。

写真3  実画像 ファイルサイズ:約 11.4MB
肌の発色はややあっさり。描写はシャープさがやや抑えられている感じだが、それはポートレーには好都合  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

肌の発色はややあっさり。描写はシャープさがやや抑えられている感じだが、それはポートレーには好都合
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 14.0MB
コントラストはやや高めな印象。こういう場面での撮影にはよく似合う  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/1250 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

コントラストはやや高めな印象。こういう場面での撮影にはよく似合う
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/1250 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 21.6MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f5.6 1/800 秒 ) ISO:200  WB:マニュアル RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f5.6 1/800 秒 ) ISO:200  WB:マニュアル RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 16.6MB
狭い路地で振り返る。こうした場所での撮影では、さすがに広角らしい遠近感の誇張が作画に向けての武器になる。でも奥の家は大きくボケている  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4  1/1600 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

狭い路地で振り返る。こうした場所での撮影では、さすがに広角らしい遠近感の誇張が作画に向けての武器になる。でも奥の家は大きくボケている
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4  1/1600 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 12.7MB
絞り開放で、まつげにピントを合わせる。被写体との距離が近いので、さすがに瞳の表面がボケているが、ピントが合っているまつげでシャープさがわかる。硬くはなくすっきりとしながら、キリッと締まった感じだ。髪も見ても繊細さが感じられる  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

絞り開放で、まつげにピントを合わせる。被写体との距離が近いので、さすがに瞳の表面がボケているが、ピントが合っているまつげでシャープさがわかる。硬くはなくすっきりとしながら、キリッと締まった感じだ。髪も見ても繊細さが感じられる
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 12.3MB
瞳の表面にピントを合わせた。瞳には空が映る  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/500 秒 )+0.7 補正 ISO:200 WB:オート RAW

瞳の表面にピントを合わせた。瞳には空が映る
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/500 秒 )+0.7 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 15.7MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 ) ISO:200 WB:マニュアル RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 ) ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 13.3MB
路地のちょっとした場所でやや広がりをもたせた撮影ができるのが 35mm のいいところ。狭い路地を歩きながらの撮影にはピッタリだ  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/800 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

路地のちょっとした場所でやや広がりをもたせた撮影ができるのが 35mm のいいところ。狭い路地を歩きながらの撮影にはピッタリだ
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/800 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 14.4MB
後ろのボケの印象としては、やや重たさを感じるが前ボケは綺麗  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:オート RAW

後ろのボケの印象としては、やや重たさを感じるが前ボケは綺麗
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 )+1.0 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 13.2MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/640 秒 )+0.7 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/640 秒 )+0.7 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 13.7MB
お互いに歩きながらの撮影では、一定の距離を保ちながら撮影するのがコツ  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

お互いに歩きながらの撮影では、一定の距離を保ちながら撮影するのがコツ
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 12.2MB
柄杓から手のひらに飛び散る水滴を見ると、高い描写性能が見てとれる。無理にシャープさを上げている傾向はなく、生々しい水滴感が美しい  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

柄杓から手のひらに飛び散る水滴を見ると、高い描写性能が見てとれる。無理にシャープさを上げている傾向はなく、生々しい水滴感が美しい
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 16.3MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 13.9MB
逆光時の描写は良好。玉ボケは完全にまるではないものの、気になるほどではない  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

逆光時の描写は良好。玉ボケは完全にまるではないものの、気になるほどではない
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/640 秒 )+1.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 13.0MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 )-2.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/250 秒 )-2.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 11.7MB
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/50 秒 )+2.7 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/50 秒 )+2.7 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 11.3MB
開放で撮影しているが、思っていたほど周辺光量落ちは気にならず  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/1250 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

開放で撮影しているが、思っていたほど周辺光量落ちは気にならず
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/1250 秒 )+0.3 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 12.4MB
最短撮影距離の 0.3m で撮影。柔らかな描写で、こうしたマクロ的な撮影では幻想的な優しい雰囲気の場面にマッチする  Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/800 秒 )+1.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

最短撮影距離の 0.3m で撮影。柔らかな描写で、こうしたマクロ的な撮影では幻想的な優しい雰囲気の場面にマッチする
Canon EOS 5D Mark IV + SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/800 秒 )+1.3 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 35mm F1.4 AS UMC

Go To Top

■ 総評

さすがに開放 F1.4 のボケは大きく、35mm という画角はスナップでもポートレートでも使いやすい。ボケ味についてはやや重い傾向にあるが、言われなければ気にならないユーザーも多いだろう。柔らかい描写だが芯があって、ピント面はキリッと際立つので、ポートレートには使い易いレンズだ。冒頭でも述べたが、F1.4 というスペックを手にするには、純正ならかなりの覚悟が必要な金額になる。しかしこのレンズなら、35mm で F1.4 を入手するには躊躇も少ないはず。開放から非常に高いバランスのとれた描写を提供してくれるので、MF という点を除けば、絶対に後悔しないレンズと言っていいだろう。

Go To Top

■ 制作・著作 ■
スタジオグラフィックス
萩原 和幸

■ モデル ■
宮瀬ひなの(ソレイユ)

■ ヘアメイク ■町田恭子

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録