スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸 流
サムヤンレンズ使い倒し術 第6回
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC


写真と文:萩原 和幸


TOPIX

本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が、高コストパフォーマンスで写真好きの耳目を集め始めているサムヤンレンズをトコトン使い倒す「 萩原和幸流サムヤンレンズ使い倒し術 」。豊富なラインナップを誇るサムヤンレンズから、萩原氏がお気に入りの一本を選んでスナップ、ネイチャー、ポートレートなどなどで使い倒した生々しいレビューを月1でお届けしています。今回取り上げたのはフルサイズ対応 20mm 単焦点広角レンズ「 SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC 」です。それではお楽しみください。  by 編集部


Index

Go To Top

■ 価格から想像できない描画性能

写真1 SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC

 

「 SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC 」は、35mm フルサイズフォーマット用としてデザインされたマニュアルレンズで、開放値は F1.8 と、標準レンズ近辺と変わらない開放値を持つ 20mm 広角レンズだ。このところレビューさせていただいているサムヤンレンズに共通して言えることだが、このレンズにもマウント部に電子接点がない。よってマニュアルフォーカスで自動絞りにも当然対応していない。となれば、カメラ側での収差などの処理も対応されない……ということ。だからその分、レンズそのものの性能を安定的に提供しなければならない。

写真2 SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC + CANON EOS 5D Mark III

 

SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC のレンズ構成は 12 群 13 枚。2枚の非球面レンズと3枚の低分散レンズを採用する贅沢ぶりで、各収差を良好に補正し対応している。フレアとゴーストを最大限に抑えるウルトラコーティング仕上げも施していて、価格からはうかがえない上品な写りをしてくる。絞り羽根は7枚。フィルター径は 77mm だ。

マウントは、ニコンF、キヤノン EF、ペンタックスK、ソニー A/E、キヤノンM、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ、とほとんどのマウントがラインナップ。今回の撮影にはキヤノン EF マウントを拝借し、カメラは EOS 5D Mark III を使った。

カメラに装着したレンズとのバランスは良好。フォーカスリングのトルク感はやや重めだが、慎重なピント合わせにはこれくらいがちょうどいい。正直なところ、これだけ明るい広角レンズでは、カメラの明るいファインダーも手伝って、ピントのヤマをつかみにくい。必然的に慎重になるピント操作に加え、ライブビューも併用することだろう。それを考えるとピントリングのトルクもいいし、リング幅も手にフィットしていい感じだ。

絞りは 1/2 段クリック。最大絞りは f22。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC

Go To Top

■ スナップで試してみた

写真3  実画像 ファイルサイズ:約 14.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/320 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 13.1MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f8.0 半 1/800 秒 )-1.0EV 補正 ISO:200  WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f8.0 半 1/800 秒 )-1.0EV 補正 ISO:200  WB:オート RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 11.6MB
絞り開放にて撮影。開放から実用的に使える  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.8 1/8000 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200  WB:オート RAW

絞り開放にて撮影。開放から実用的に使える
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.8 1/8000 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200  WB:オート RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 17.6MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f11.0 1/125 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f11.0 1/125 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 13.0MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f11.0 1/200 秒 )+0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f11.0 1/200 秒 )+0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 7.4MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f11.0 1/250 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f11.0 1/250 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 11.2MB
このレンズの最短撮影距離 0.2m で撮影。広角レンズのボケ独特の、広い背景に大きなボケはとても面白い。ボケ味は非常に繊細だ。発色は、やや鮮やか傾向だ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.8 1/8000 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

このレンズの最短撮影距離 0.2m で撮影。広角レンズのボケ独特の、広い背景に大きなボケはとても面白い。ボケ味は非常に繊細だ。発色は、やや鮮やか傾向だ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.8 1/8000 秒 )-0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 10.7MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )+0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )+0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 12.3MB
タイルの色合いと、日差しと窓枠の直線が折合う様を。描写はとても繊細  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/2500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

タイルの色合いと、日差しと窓枠の直線が折合う様を。描写はとても繊細
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/2500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 13.1MB
室内の、穏やかでかつ凛とした空気感が映り込む。窓の光はとても厳しい条件。僕にとってはいい感じのハレーションで、光が滲んでいる雰囲気が出た  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒 )-0.7EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

室内の、穏やかでかつ凛とした空気感が映り込む。窓の光はとても厳しい条件。僕にとってはいい感じのハレーションで、光が滲んでいる雰囲気が出た
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒 )-0.7EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 13.5MB
絞り開放 F1.8、最短撮影距離で撮影。なだらかなボケが広がる。ボケ味はとてもキレイ。ピント面はとてもシャープだ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒 )-1.7EV 補正 ISO:1600 WB:オート RAW

絞り開放 F1.8、最短撮影距離で撮影。なだらかなボケが広がる。ボケ味はとてもキレイ。ピント面はとてもシャープだ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒 )-1.7EV 補正 ISO:1600 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 9.9MB
うっすらと光が入る繊細な空気を崩すことなく撮影できた。バランスの良いコントラストが、一役買っている  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 )-1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

うっすらと光が入る繊細な空気を崩すことなく撮影できた。バランスの良いコントラストが、一役買っている
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 )-1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 12.5MB
手前の花の列が奥行きの中に浮かび上がる。大口径広角レンズの、大きな楽しみ  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.8 1/125 秒 )-1.0EV 補正 ISO:640 WB:オート RAW

手前の花の列が奥行きの中に浮かび上がる。大口径広角レンズの、大きな楽しみ
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.8 1/125 秒 )-1.0EV 補正 ISO:640 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 11.3MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 8.6MB
窓のステンドグラスに窓の外の緑、厚みのあるカラーが美しい  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f4.0 1/160 秒 )-1.0EV 補正 ISO:1250 WB:太陽光 RAW

窓のステンドグラスに窓の外の緑、厚みのあるカラーが美しい
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f4.0 1/160 秒 )-1.0EV 補正 ISO:1250 WB:太陽光 RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 12.0MB
花瓶にピントを合わせる。窓から差し込む光、歴史を感じる空気をそのままに。昭和な雰囲気をまるっと撮影できた  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒 )-1.3EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

花瓶にピントを合わせる。窓から差し込む光、歴史を感じる空気をそのままに。昭和な雰囲気をまるっと撮影できた
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.4 1/160 秒 )-1.3EV 補正 ISO:250 WB:オート RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 11.6MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f5.6半 1/125 秒 )+1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f5.6半 1/125 秒 )+1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 16.5MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f4.0 1/160 秒 ) ISO:1250 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f4.0 1/160 秒 ) ISO:1250 WB:太陽光 RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 12.8MB
レトロな看板の前に足が止まる。目に飛び込んだ様を 20mm でドンッ! と  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f8.0 1/640 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

レトロな看板の前に足が止まる。目に飛び込んだ様を 20mm でドンッ! と
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f8.0 1/640 秒 ) ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 6.0MB
浮かび上がる紅葉と、下を流れる川の冷たさ。開放値が明るいので、これだけの距離でも背景の川はボケて、一層紅葉が際立つ。広がりのある構図の中にどれをどう配置するのかが面白い  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f2.0 1/125 秒 )-3.0EV 補正 ISO:800 WB:太陽光 RAW

浮かび上がる紅葉と、下を流れる川の冷たさ。開放値が明るいので、これだけの距離でも背景の川はボケて、一層紅葉が際立つ。広がりのある構図の中にどれをどう配置するのかが面白い
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f2.0 1/125 秒 )-3.0EV 補正 ISO:800 WB:太陽光 RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 3.6MB
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.8 1/400 秒 )-3.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.8 1/400 秒 )-3.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 10.1MB
F1.8 の明るさは、高感度全盛の昨今のカメラでもやはり有利。夜の街にも持ち出したくなる。これからの季節ならイルミネーションを撮ってみたくなった  Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC  絞り優先 AE( f1.8 1/125 秒 )-0.7EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

F1.8 の明るさは、高感度全盛の昨今のカメラでもやはり有利。夜の街にも持ち出したくなる。これからの季節ならイルミネーションを撮ってみたくなった
Canon EOS 5D Mark III + SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC
絞り優先 AE( f1.8 1/125 秒 )-0.7EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

20mm となると、なかなか単焦点レンズで扱う機会が少ない方も多いだろう。各メーカーで 16-35mm 域の広角ズームが出揃い、20mm はその中間の焦点距離くらいに思われている、いわゆる「 地味な存在 」ではあるだろう。しかしその分新鮮さに溢れる焦点距離の一つに気づくだろう。またズームでは、明るくても F2.8 か、せいぜい F4。開放値 F1.8 という大口径ならではのボケも味わえるし、20mm だけで割り切って撮影すると、これがなかなか面白い。構図にどう入れようか、どう寄ろうか、など、極端なパースが印象的な超広角ほどのインパクトが付かない分、丹念に作画していく必要があり、それが撮影執着心を掻き立てるのだ。使いこなしてやろう! という征服意欲というか、それも面白い。

多くの方にオススメしたい画角とは言い切れないし、MF をはじめとした、使い勝手に慣れが必要なレンズだが、ハマる人はハマる! といった玄人好みのレンズだ。

■amazon で価格チェック■

■ メーカーサイト ■
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録