スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸の新製品レンズレビュー 
 Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX
 ポートレート編

 

モデル:桜めい(ABP) ヘアメイク:貞廣有希 Photo & Text 萩原和幸

前編<スナップ編>はこちら


TOPIX

萩原和幸がお届けしている AT-X 14-20 F2 PRO DX レンズレビュー後編はポートレート。開放 F 値 2.0 という単焦点レンズ並みの描写性能を誇る広角ズームレンズで、モデル桜めいさんに迫ります。これまで敬遠されがちだった広角レンズでのポートレート。AT-X 14-20 F2 PRO DX はどこまでこのタブーに迫れるのか。お楽しみください。  by 編集部

Go To Top

■ 広角レンズはポートレートに向かない?

写真1  AT-X 14-20 F2 PRO DX
大口径ズームレンズでありながら、絞り開放からきわめて高性能を発揮する新設計を採用した「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」

大口径ズームレンズでありながら、絞り開放からきわめて高性能を発揮する新設計を採用した「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」

「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」は APS-C センサー機対応で、35mm 換算で約 21〜30mm 前後をカバーする。ズーム域こそ 1.5倍 と控えめに感じるが、撮影頻度が高い焦点域をしっかりと押さえた、「 実践向き 」のレンズだ。ポートレート撮影時にはボケが欲しくなることが多いが、広角レンズは被写界深度が深く、開放値近辺で撮影したくなる。しかし開放近くでの撮影は周辺光量低下や画質の安定性など、それなりのリスクと隣り合わせになるのが通常。だがこの AT-X 14-20 PRO DX は、そんな心配はどこ吹く風。広角レンズでは泣き所と言える周辺の解像性能は開放から安定し、1段絞りを与えることで不安は全て解消する。開放近くで得られるボケは美しく、なだらかでかつナチュラル。点光源の丸ボケは周辺でも歪むこと無く美しい。それを見たくてわざわざ点光源を背景にしたくなってしまうほどだ。また開放値 F2.0 の明るさで、ボケが大きくなるだけでなく、明るさゆえに低感度での設定が可能になるので、それだけ画像のクオリティを保つことができる。F2.0 の恩恵は大きいのだ。

写真2  Canon EOS 7D mark II に装着
ノーマルボディのままでレンズを装着するとバランスが良い。やや小さい私の手にも気持ちよく収まってくれる

ノーマルボディのままでレンズを装着するとバランスが良い。やや小さい私の手にも気持ちよく収まってくれる

とにかくカットをご覧いただくのが、一番の説得力。全てのカットをごらんいただいた暁には、「 広角でポートレート? 」などという疑問は払拭されているだろう。

前回に引き続き、「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」を今回も Canon EOS 7D MarkII に装着した。重複するが、「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」の焦点距離は 35mm 版換算で約 21 〜 30mm 前後になる。

■amazon で価格チェック■
Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX

■ メーカーサイト ■
AT-X 14-20 F2 PRO DX

Go To Top

■ ポートレート作例

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。

写真3  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
洋館での撮影。余裕を感じさせる広がり感を取り入れた。焦点距離 20mm で絞り解放。適度なボケ具合が自然だ  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/80 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

洋館での撮影。余裕を感じさせる広がり感を取り入れた。焦点距離 20mm で絞り解放。適度なボケ具合が自然だ
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/80 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
日差しにあふれた感じを、広角ならではの寄りの広がりで  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW ストロボ使用

日差しにあふれた感じを、広角ならではの寄りの広がりで
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:400 WB:太陽光 RAW ストロボ使用

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 13MB
室内で無理を感じない広がりを作り出せる。とにかく歪みが少なく自然な広がり感が好印象  Canon EOS 7D MarkII 14mmm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

室内で無理を感じない広がりを作り出せる。とにかく歪みが少なく自然な広がり感が好印象
Canon EOS 7D MarkII 14mmm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
広角らしい広がりに自然な背景のボケ味が、めいちゃんを浮かび上がらせてくれる  Canon EOS 7D MarkII 15mmm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

広角らしい広がりに自然な背景のボケ味が、めいちゃんを浮かび上がらせてくれる
Canon EOS 7D MarkII 15mmm 絞り優先 AE( f2.0 1/250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
グッと近づく親近感と、大きなボケの中、遠近感の誇張とともにダイナミックさを感じさせてくれるスケール感がたまらない  Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/400 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

グッと近づく親近感と、大きなボケの中、遠近感の誇張とともにダイナミックさを感じさせてくれるスケール感がたまらない
Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/400 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
最短撮影距離は 28cm と、ポートレートでは十分。親近感溢れるポートレートを積極的に狙いたくなる  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/125 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

最短撮影距離は 28cm と、ポートレートでは十分。親近感溢れるポートレートを積極的に狙いたくなる
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/125 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 12MB
画面の隅までキッチリと解像しているからこそ、安心してこういう趣きのある画を撮りたくなる  Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/60 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

画面の隅までキッチリと解像しているからこそ、安心してこういう趣きのある画を撮りたくなる
Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/60 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
シャドウ部の階調が試される露出での撮影だが、ノイズもなく翳りのある肌の感じが絶妙だ。シャドウ部の階調が保たれるからこその、こういう雰囲気の撮影ができる  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/100 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW ストロボ使用

シャドウ部の階調が試される露出での撮影だが、ノイズもなく翳りのある肌の感じが絶妙だ。シャドウ部の階調が保たれるからこその、こういう雰囲気の撮影ができる
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/100 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW ストロボ使用

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
窓からのハイライトは、通常のレンズならもっとハレーションを起こしかねないのだが、このレンズではこの程度で済むので、光溢れる感じを作りやすい  Canon EOS 7D MarkII 18mm 絞り優先 AE( f2.0 1/50 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

窓からのハイライトは、通常のレンズならもっとハレーションを起こしかねないのだが、このレンズではこの程度で済むので、光溢れる感じを作りやすい
Canon EOS 7D MarkII 18mm 絞り優先 AE( f2.0 1/50 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
広角ではタブーに近い、隅にめいちゃんを配置しての構図。大きなボケとヌケ感を強調して、彼女の可愛らしい仕草を惹きつける意図がある  Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/320 秒 ) ISO:800 WB:オート RAW

広角ではタブーに近い、隅にめいちゃんを配置しての構図。大きなボケとヌケ感を強調して、彼女の可愛らしい仕草を惹きつける意図がある
Canon EOS 7D MarkII 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/320 秒 ) ISO:800 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
ワイドが持つ遠近感の誇張が背景を遠ざけるようにボケて行く。彼女の視線と合わせ、距離感の違いが深さを感じさせるカットになった  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

ワイドが持つ遠近感の誇張が背景を遠ざけるようにボケて行く。彼女の視線と合わせ、距離感の違いが深さを感じさせるカットになった
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
しっとりとした空気のもと、彼女と背景はさほど距離がないにもかかわらず、自然にボケる様が自然と彼女を浮かび上がらせる  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/200 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

しっとりとした空気のもと、彼女と背景はさほど距離がないにもかかわらず、自然にボケる様が自然と彼女を浮かび上がらせる
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/200 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
前ボケも浅い深度による大きなボケが見事。前ボケは必然的な距離感を生み出すので、ポートレートではよく使われる手法。でもこのカットが広角ズームレンズだと言われても疑う人が多いのでは。まるで大口径単焦点レンズのようだ  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/400 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

前ボケも浅い深度による大きなボケが見事。前ボケは必然的な距離感を生み出すので、ポートレートではよく使われる手法。でもこのカットが広角ズームレンズだと言われても疑う人が多いのでは。まるで大口径単焦点レンズのようだ
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/400 秒 ) ISO400 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
背景の丸ボケの安定感は抜群! 隅まで丸を保ったままの玉ボケは本当に美しい。奥行きはあるがボケている……。広角ポートレートの醍醐味をズームレンズでこれだけ美しく撮影できるのはすごいの一言  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) ISO200 WB:オート RAW

背景の丸ボケの安定感は抜群! 隅まで丸を保ったままの玉ボケは本当に美しい。奥行きはあるがボケている……。広角ポートレートの醍醐味をズームレンズでこれだけ美しく撮影できるのはすごいの一言
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) ISO200 WB:オート RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
日中シンクロで重さを出す。空の広がりと雲の重厚感を表現。でもこれはちょっとお遊び  Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f20 1/200 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

日中シンクロで重さを出す。空の広がりと雲の重厚感を表現。でもこれはちょっとお遊び
Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f20 1/200 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 13MB
広々とした空間を贅沢に切り取り取れるのが広角の面白さの一つ。女性ならではのしなやかさを意識しながら  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f3.2 1/640 秒 ) ISO400 WB:マニュアル RAW

広々とした空間を贅沢に切り取り取れるのが広角の面白さの一つ。女性ならではのしなやかさを意識しながら
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f3.2 1/640 秒 ) ISO400 WB:マニュアル RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 15MB
こういう切り取り方もこのレンズは得意中の得意。こうした直線多めの画面構成は解像の誤魔化しがきかないが、隅までシャープで素晴らしい  Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

こういう切り取り方もこのレンズは得意中の得意。こうした直線多めの画面構成は解像の誤魔化しがきかないが、隅までシャープで素晴らしい
Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
その場で感じた雰囲気をそのまま制限されることなく切りとれるのが広角ポートレートの醍醐味。そこにあった空気ごと贅沢に  Canon EOS 7D MarkII 19mm 絞り優先 AE( f2.0 1/2500 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

その場で感じた雰囲気をそのまま制限されることなく切りとれるのが広角ポートレートの醍醐味。そこにあった空気ごと贅沢に
Canon EOS 7D MarkII 19mm 絞り優先 AE( f2.0 1/2500 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 9MB
繊細な色再現が求められる場所での撮影だが、天井の色、ボケの中のブーケの色、床のアイボリーなど、実に見事。直線の歪みもなく、素直な遠近感が表現できていて、レンズ性能の高さを大いに感じたカット  Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

繊細な色再現が求められる場所での撮影だが、天井の色、ボケの中のブーケの色、床のアイボリーなど、実に見事。直線の歪みもなく、素直な遠近感が表現できていて、レンズ性能の高さを大いに感じたカット
Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.8 1/125 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 9MB
Canon EOS 7D MarkII 18mm 絞り優先 AE( f2.5 1/100 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkII 18mm 絞り優先 AE( f2.5 1/100 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 9MB
大胆に前ボケを作る。前ボケならではの距離感に広角レンズの遠近感がプラスされて、独特の感覚を作り出している。これも被写界深度の浅さとボケの綺麗さを併せ持つこのレンズだからこそだ  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.5 1/500 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

大胆に前ボケを作る。前ボケならではの距離感に広角レンズの遠近感がプラスされて、独特の感覚を作り出している。これも被写界深度の浅さとボケの綺麗さを併せ持つこのレンズだからこそだ
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.5 1/500 秒 ) ISO:400 WB:オート RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
傾けて動きを出しつつ、奥行きを感じさせるヌケ感を出す。等間隔に伸びている柱のボケが徐々に綺麗にボケて行く様が見て取れる  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

傾けて動きを出しつつ、奥行きを感じさせるヌケ感を出す。等間隔に伸びている柱のボケが徐々に綺麗にボケて行く様が見て取れる
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真25  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
瞬間の動きを、息を抜くようなヌケと広がりとともに  Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

瞬間の動きを、息を抜くようなヌケと広がりとともに
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真26  実画像 ファイルサイズ:約 11MB
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/800 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真27  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
ふと振り向いた瞬間を。特筆すべきは背景の樹々に見られる玉ボケ。綺麗な丸もそうだが、渦巻きもなくエッジを効かせたようなキツい丸でなく柔らかな丸を作っている。ポートレートではとても好まれる玉ボケだ  Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

ふと振り向いた瞬間を。特筆すべきは背景の樹々に見られる玉ボケ。綺麗な丸もそうだが、渦巻きもなくエッジを効かせたようなキツい丸でなく柔らかな丸を作っている。ポートレートではとても好まれる玉ボケだ
Canon EOS 7D MarkII 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真28  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1000 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkII 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1000 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

さあ、ご覧いただいた通り! 広角レンズでポートレート? なんて疑問を抱いていた方々も、これだけの作品をご覧いただいたら納得されたはず。「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」はポートレートでも抜群の使いやすさだ。レンズ性能の高さはもちろんだが、使いやすい画角を備えているので、広角ポートレートをこの1本でまるまる楽しめてしまう。歪みはほとんど感じられず、ズームレンズとは思えないボケに開放から安定した画質。まるで単焦点レンズをつけているかのような描写に、私自身、とっても満足している。開放近くで撮影することが多いポートレートだが、周辺光量の減光も抑えられていて、この点も絞り開放での撮影を後押ししてくれる。F2.0 という大口径はここでも恩恵を感じた。ボケだけではく、ISO 感度の設定にも一役買ってくれた。できるだけ感度を抑えたいと考える私には、F2.0 のズームレンズは心強い。

私がこれまで出会った広角ズームレンズの中で最高と言い切れる。APS-C センサー機のユーザーは、一度は候補にしてほしい。そして一度使っていただきたい。素晴らしい画質を実感していただきたいと、心から願ってしまう。掛け値なしで、素晴らしいレンズだ。

■amazon で価格チェック■
Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX

■ メーカーサイト ■
AT-X 14-20 F2 PRO DX

Go To Top

■ 制作・著作 ■
スタジオグラフィックス
萩原 和幸
■ モデル ■
桜めい(ABP)
■ ヘアメイク ■
貞廣有希

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録