スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

萩原和幸の新製品レンズレビュー 
 Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX
 スナップ編

 


TOPIX

広角レンズに定評のあるケンコー・トキナーから、単焦点レンズ並みの描写性能を誇る広角ズームレンズ、AT-X 14-20 F2 PRO DX が発売されました。受光部は APS-C サイズフォーマットで、マウントはニコン、キヤノンに対応。開放 F 値、2.0 を実現した新設計の広角ズームレンズを、本サイトでお馴染みの写真家・萩原和幸が2回に分けてレポートします!  by 編集部

Go To Top

■ 単焦点レンズに匹敵する描写性能

写真1  AT-X 14-20 F2 PRO DX
大口径ズームレンズでありながら、絞り開放からきわめて高性能を発揮する新設計を採用した「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」

大口径ズームレンズでありながら、絞り開放からきわめて高性能を発揮する新設計を採用した「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」

ケンコートキナーが従来の開放値 F2.8 からさらに明るい F2.0 の広角ズームレンズを開発した。大口径ズームレンズでありながら、絞り開放からきわめて高性能を発揮する新設計を採用した、その第一弾が「 AT-X 14-20 F2 PRO DX 」だ。APS-C センサーサイズ機対応、単焦点レンズに匹敵する描写性能を持つこのレンズで、萩原がスナップとポートレートを撮ってみたので、今回と2回に分けて、その性能を存分にお見せすることにしよう。前編の今回はスナップ編だ。

写真2  Canon EOS 7D mark II に装着
ノーマルボディのままでレンズを装着するとバランスが良い。やや小さい私の手にも気持ちよく収まってくれる

ノーマルボディのままでレンズを装着するとバランスが良い。やや小さい私の手にも気持ちよく収まってくれる

全長 106mm、最大径 89mm、フィルターサイズ 82mm、重量 735g。今回レビュー用に用意いただいた AT-X 14-20 F2 PRO DX はキヤノンマウント。今回の撮影は全て Canon EOS 7D MarkⅡを使った。カメラにバッテリーグリップは装着せず、ノーマルボディのままでレンズを装着するとバランスが良い。やや小さい私の手にも気持ちよく収まってくれる。

写真3  ワンタッチフォーカスクラッチ
フォーカスリングをスライドさせることでオートフォーカスとマニュアルフォーカスを瞬時に切り替えられる「 ワンタッチフォーカスクラッチ機構 」

フォーカスリングをスライドさせることでオートフォーカスとマニュアルフォーカスを瞬時に切り替えられる「 ワンタッチフォーカスクラッチ機構 」

トキナーレンズ伝統の、その操作性に定評のあるワンタッチフォーカスクラッチ機構は当然搭載。AF/MF の切り替えは、他のレンズにありがちな小さい ON-OFF スイッチで切り替えるよりも、レンズ鏡筒前部のフォーカスリングをスライドさせるワンタッチフォーカスクラッチの方が断然スムーズで使いやすい。AF は「 SD-M( Silent Drive-Module ) 」と「 GMR センサー( 高精度磁気センサー ) 」を搭載。自動合焦時のモーター音は静かで速く、ストレスの無いピント合わせができる。広角レンズとはいえ大口径の開放値 F2 。F2.0 まで開くとピントがシビアになるものだが、AT-X 14-20 F2 PRO DX は開放値を安心してどんどん使えるレンズなのだ。その理由は後述する。

■amazon で価格チェック■
Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX

■ メーカーサイト ■
AT-X 14-20 F2 PRO DX

Go To Top

■ 街角スナップを撮ってみた

さっそく撮影に出かけよう。今回は Canon EOS 7D MarkⅡ に AT-X 14-20 F2 PRO DX を装着。AT-X 14-20 F2 PRO DX の焦点距離は 35mm 換算で約 21 〜 30mm 前後だ。広角レンズとして使用頻度の高い焦点距離は 24 ~ 28mm だが、AT-X 14-20 F2 PRO DX は、ワイド側テレ側ともに余裕でカバーする。AT-X 14-20 F2 PRO DX は広角スナップにうってつけの焦点距離だ。

※ 注意
本文中の 実画像 の文字をクリックするとカメラで撮影した実際の画像が別ウインドウで表示されます。容量が大きいのでモバイル端末での表示に注意してください。

写真4  実画像 ファイルサイズ:約 20.32MB
地域の鎮守の森の大きな楠。ワイド側の気持ちのいい広がり感  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f5.6 1/100 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

地域の鎮守の森の大きな楠。ワイド側の気持ちのいい広がり感
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f5.6 1/100 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真5  実画像 ファイルサイズ:約 20.21MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f7.1 1/400 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f7.1 1/400 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:200 WB:太陽光 RAW

写真6  実画像 ファイルサイズ:約 11.69MB
ディストーションが少ないのもこのレンズの特徴。まっすぐのものが気持ちよくまっすぐに写る。実はこれ、とても高度な諸収差の補正がなされているからだ  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

ディストーションが少ないのもこのレンズの特徴。まっすぐのものが気持ちよくまっすぐに写る。実はこれ、とても高度な諸収差の補正がなされているからだ
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真7  実画像 ファイルサイズ:約 10.48MB
この地区では、月遅れでひな祭りが開催される。昭和初期のものだそう。写真はワイド端の 14mm で撮影。周囲を広く取り入れながら、背景を大きくぼかす。障子の桟などに二線ボケは見られずなだらかなボケだ  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mmm 絞り優先 AE(  f2.0 1/500 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

この地区では、月遅れでひな祭りが開催される。昭和初期のものだそう。写真はワイド端の 14mm で撮影。周囲を広く取り入れながら、背景を大きくぼかす。障子の桟などに二線ボケは見られずなだらかなボケだ
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mmm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真8  実画像 ファイルサイズ:約 11.02MB
昭和初期にタイムスリップしたかのよう。絞りは F2.0 開放。深度にハマれば開放でもピントは合う。すぐに F8 や F11 に絞ることなく、このレンズならこのような撮影の仕方でピントが合うのだ。F2.0 なので、その分シャッター速度を稼げたり、ISO を低く設定できる  Canon EOS 7D MarkⅡ 15mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/640 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

昭和初期にタイムスリップしたかのよう。絞りは F2.0 開放。深度にハマれば開放でもピントは合う。すぐに F8 や F11 に絞ることなく、このレンズならこのような撮影の仕方でピントが合うのだ。F2.0 なので、その分シャッター速度を稼げたり、ISO を低く設定できる
Canon EOS 7D MarkⅡ 15mm 絞り優先 AE( f2.0 1/640 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真9  実画像 ファイルサイズ:約 11.16MB
御殿飾り。これもワイド端の 14mm、開放で撮影。金具が点光源となり丸ボケを作る。その丸ボケは画面周辺でも正円を崩さない。ストレートに「 ボケ 」による遠近感と浮かび上がりを感じられる  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/640 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

御殿飾り。これもワイド端の 14mm、開放で撮影。金具が点光源となり丸ボケを作る。その丸ボケは画面周辺でも正円を崩さない。ストレートに「 ボケ 」による遠近感と浮かび上がりを感じられる
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/640 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真10  実画像 ファイルサイズ:約 10MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.2 1/125 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.2 1/125 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真11  実画像 ファイルサイズ:約 9.79MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.2 1/50 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.2 1/50 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:400 WB:オート RAW

写真12  実画像 ファイルサイズ:約 15.48MB
山下公園でライトアップされた桜を撮影。周辺まで流れること無く解像している  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/25 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

山下公園でライトアップされた桜を撮影。周辺まで流れること無く解像している
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/25 秒 ) -1.0EV 補正 ISO:800 WB:オート RAW

写真13  実画像 ファイルサイズ:約 11.86MB
きれいな曲線と直線の融合。旭日、波、鶴が掘られ、青銅製の唐破風の屋根の作りはとても凝っている。ワイド端の 14mm で。F4.0 でピシッとピントが合う  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f4.0 1/500 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

きれいな曲線と直線の融合。旭日、波、鶴が掘られ、青銅製の唐破風の屋根の作りはとても凝っている。ワイド端の 14mm で。F4.0 でピシッとピントが合う
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f4.0 1/500 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

写真14  実画像 ファイルサイズ:約 11.58MB
ついついこういう昭和の香り残る建物にレンズを向けてしまう。無理の無い自然な広がりをと、20mm で撮影。高コントラストで適度なメリハリが立体感を作る。絞りは F2.5。絞り込む必要などない  Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先AE(  f2.5 1/5000 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

ついついこういう昭和の香り残る建物にレンズを向けてしまう。無理の無い自然な広がりをと、20mm で撮影。高コントラストで適度なメリハリが立体感を作る。絞りは F2.5。絞り込む必要などない
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先AE( f2.5 1/5000 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

写真15  実画像 ファイルサイズ:約 12.11MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先AE(  f3.2 1/1600 秒 ) +1.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先AE( f3.2 1/1600 秒 ) +1.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真16  実画像 ファイルサイズ:約 11.86MB
ワイド端 14mm で「 ワイドマクロ 」はボケがきれいでこそ成立する。ボケがきれいなこのレンズだとついつい寄りたくなってしまう  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/125 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

ワイド端 14mm で「 ワイドマクロ 」はボケがきれいでこそ成立する。ボケがきれいなこのレンズだとついつい寄りたくなってしまう
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/125 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真17  実画像 ファイルサイズ:約 13.88MB
既に日は暮れ、外灯がついている川沿いの通り。絞りは F2.0 開放。手前から、川面に映る柳、奥の橋や建物まで全てピタリ。この光の条件下でも低感度、高速シャッターを切ることが可能になる。レンズの明るさは武器だ  Canon EOS 7D MarkⅡ 18mm 絞り優先AE(  f2.0 1/200 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

既に日は暮れ、外灯がついている川沿いの通り。絞りは F2.0 開放。手前から、川面に映る柳、奥の橋や建物まで全てピタリ。この光の条件下でも低感度、高速シャッターを切ることが可能になる。レンズの明るさは武器だ
Canon EOS 7D MarkⅡ 18mm 絞り優先AE( f2.0 1/200 秒 ) -1.7EV 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真18  実画像 ファイルサイズ:約 10.99MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/320 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/320 秒 ) -1.3EV 補正 ISO:320 WB:オート RAW

写真19  実画像 ファイルサイズ:約 13.07MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/160 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:400 WB:マニュアル RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/160 秒 ) +1.0EV 補正 ISO:400 WB:マニュアル RAW

写真20  実画像 ファイルサイズ:約 14.88MB
奉納された酒樽。地元の「  開運  」にピントを合わせる。あとはなだらかにボケていくさまを楽しむ  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/1250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

奉納された酒樽。地元の「 開運 」にピントを合わせる。あとはなだらかにボケていくさまを楽しむ
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真21  実画像 ファイルサイズ:約 18.29MB
ずらりと並ぶ酒樽は圧巻。森の中のイメージで  Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f3.2 1/400 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

ずらりと並ぶ酒樽は圧巻。森の中のイメージで
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f3.2 1/400 秒 ) +0.3EV 補正 ISO:200 WB:マニュアル RAW

写真22  実画像 ファイルサイズ:約 11.76MB
自然なシャープさと滑らかなボケを持ち合わせるこのレンズは、絞り開放でこのようなカット撮りたくなる。シャープさを出したいが故につい絞ってしまうカットなのだが、このレンズは別。絞りを開けても際立つシャープ感のおかげで、独特の表現が可能だ  Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

自然なシャープさと滑らかなボケを持ち合わせるこのレンズは、絞り開放でこのようなカット撮りたくなる。シャープさを出したいが故につい絞ってしまうカットなのだが、このレンズは別。絞りを開けても際立つシャープ感のおかげで、独特の表現が可能だ
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真23  実画像 ファイルサイズ:約 10.59MB
14mmで広がりを持たせつつ看板を撮影。開放でもペンキの質感が分かるほど。はげたところは木の質感が写し出されている。滑らかに、かつ大きくボケた背景は距離感の違いを自然に作り出してくれる。このレンズはスナップ撮影向きという、良い手本になった  Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/1250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

14mmで広がりを持たせつつ看板を撮影。開放でもペンキの質感が分かるほど。はげたところは木の質感が写し出されている。滑らかに、かつ大きくボケた背景は距離感の違いを自然に作り出してくれる。このレンズはスナップ撮影向きという、良い手本になった
Canon EOS 7D MarkⅡ 14mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1250 秒 ) ISO:200 WB:オート RAW

写真24  実画像 ファイルサイズ:約 12.12MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/60 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/60 秒 )ISO:200 WB:オート RAW

写真25  実画像 ファイルサイズ:約 11.28MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/500 秒 ) +10.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/500 秒 ) +10.3EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真26  実画像 ファイルサイズ:約 9.84MB
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1250 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

写真27  実画像 ファイルサイズ:約 12.42MB
最短撮影距離にて撮影。路地裏の暗い場所だったが、明るいレンズは苦にならず  Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE(  f2.0 1/1600 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

最短撮影距離にて撮影。路地裏の暗い場所だったが、明るいレンズは苦にならず
Canon EOS 7D MarkⅡ 20mm 絞り優先 AE( f2.0 1/1600 秒 ) -0.7EV 補正 ISO:200 WB:オート RAW

Go To Top

■ 総評

AT-X 14-20 F2 PRO DX のレンズ性能の高さは特筆ものだ。まるで単焦点レンズをつけているかのような描写と明るさ。このレンズは寄っても離れても、撮影がとても楽しくなる。単焦点 24mm や 28mm での撮影の際に感じるであろう「 もうちょっと広く 」、「 もうちょっと切って 」というわがままに応えてくれる「 お得 」なレンズと考えれば正解に近いと思う。広角レンズには希な F2.0 という大口径はあらゆるシーンで恩恵を感じさせてくれる。スナップなどでは、その恩恵を多くの場面で感じた。これだけの広角ズームレンズは、過去お目にかかったことが無いと言い切れるほどの実力だ。

次回は AT-X 14-20 F2 PRO DX の実力をポートレートでお見せしたい。広角ズームでポートレート? と首をかしげる読者もいるだろうが、AT-X 14-20 F2 PRO DX の懐の深さは、そんな疑問を一蹴してくれるだろう。次回も乞うご期待!

■amazon で価格チェック■
Tokina AT-X 14-20 F2 PRO DX

■ メーカーサイト ■
AT-X 14-20 F2 PRO DX

Go To Top

Go To Top
萩原和幸
著者について
■ 萩原 和幸 (はぎわら かずゆき) 写真家 ■   1969年 静岡県出身。東京工芸大学写真技術科卒業、静岡大学人文学部法学科卒業。 写真家・故今井友一氏師事。独立後、K&S Photograph∞を設立。 フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
メルマガ登録