トップページへ デジタルカメラ
レンズフィルター初級講座
デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
第1回 レンズフィルターの魅力とメリット 2011/05/27
 
デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
新連載「デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座」がスタートしました。
レンズフィルターは通常、カメラのレンズの前面に装着する薄いレンズの形状をしています。フィルターを活用すると、きれいな青空を撮影したり、人間の目では見えない光景を捉えたり…と写真の撮り方の工夫や楽しみ方が大きく拡がります。この講座では多種多様なフィルターの種類とその特長、使い方などを初級者向けに解説する長期連載企画です。お楽しみください。
Photo & Text by 神崎洋治
  レンズフィルターとは? このページのトップへ  

新連載「デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座」がスタートしました。
みなさんはレンズフィルターってご存知でしょうか。

Clickで拡大
レンズフィルターの外観写真。用途によってとてもたくさんの種類のレンズフィルターが製品化されています。

カメラのレンズの手前に装着する薄いレンズ…そう、それですよね。
「フィルター」と聞くとタバコのフィルターとか、水槽のゴミ取りフィルターとか、なんか嫌なものを濾(こ)して取り除くものって感じです。あぁ、コーヒーフィルターなんかを想像すると、いい香りが漂ってきて、もう少しイメージが良くなるかもしれませんが・・。

フィルターを大辞泉で調べると「液体や気体の中の不要物を通過させない装置。濾過(ろか)器。」となっています。まぁ、予想通り、濾すものですね。

レンズフィルターの場合、たしかにそのような濾過器の効果があるものもいくつか存在します。代表的なものが今で言うUVカット。レンズフィルターが紫外線を吸収して、レンズの日焼けを防ぐ…じゃなかった、紫外線による乱反射を防ぐ効果などがあります。

フィルターが濾過器だと言えばそうかもしれませんし、悪いものを取り除くレンズ、として考えると必要性をあまり感じない人が多いかもしれません。ところがさにあらず、実際にはフィルターを使うと今までにない素晴らしい写真や面白い写真が撮れることもあるんです。それをこの連載コーナーでは詳しく解説していきますのでお楽しみに。

 

  デジタルカメラではフィルターは不要? このページのトップへ  

「僕はデジタルカメラではじめた人間だからね、レンズフィルターは使わないんですよ」という言葉を耳にすることがあります。いや、よく耳にします。

Clickで拡大
高価なレンズの前玉を保護するために常にフィルターを装着している人も多くいます。写真は常用フィルターの代表のひとつケンコー・トキナーのUVカット効果のある「スカイライト」の超薄型タイプ。レンズ性能に影響を与えないタイプが人気です。
>> アマゾンで価格をみる

ではデジタルカメラではフィルターは要らないのか、というとそうではありません。まず、最も代表的なレンズフィルターのひとつ「スカイライト」はレンズを傷から防止する効果があって、多くのユーザーがそのように利用しています。

カメラを屋外で利用する人は特に、レンズの先の表面、前玉(まえだま)とよくいいますが、そこを不意に岩やカドなどにぶつけてレンズが傷を負ったりすることがあります。著者も行動力抜群の娘になんの気なしにカメラを貸したところ、岩にゴツン…、前玉にでっかい傷ができました。

前玉の傷はそれほど影響がない、という人もいますが、レンズがオートフォーカスで迷ったときに、前玉の傷を拾ってしまい、そこにピントを合わせようとすることがあります。ということは実際には少なからず影響が出ていますし、傷のあるレンズではやはり良い撮影はできません。レンズを下にしてカメラ本体を立てて置いたりする人も要注意ですね。レンズに傷が付いて、その修理に前玉を研磨したり交換しなければならなくなったら出費も結構かかります。

フィルターを装着しておくと、こんな傷からレンズの前玉を守ってくれるのです。先に紹介したUVカット式のレンズフィルターはレンズそのものの性能に悪影響は及ぼさず、紫外線を効果的に除去してくれるので前玉の保護効果のためにフィルターを普段からレンズに付けっぱなしにしている人も多いのです。

また、写真に効果を与えるのはレタッチでOKと思っていると、フォトコンテストに応募する際に困ることがあります。フォトコンテストによっては、レタッチした写真が応募不可のイベントも多く、出品できないこともあります。そんなコンテストでもフィルターで演出した写真ならOK、応募できるというケースも多いはずです。

  青い空と白い雲 このページのトップへ  

Clickで拡大
青い空に白いこぶしの花が映える写真ですが、肝心の青い空が白っぽく写ってしまう…意外とこんな悩みは多いものです。
Clickで拡大
PLフィルターを装着して撮影した例です。露出の調整で工夫ができる人は別として、装着するだけでこれだけ空の色が鮮やかに再現できるなら、フィルターはうれしいアイテムではないでしょうか。
デジタルカメラではフォトレタッチによって写真撮影時の不備やイメージの違いを補正することができます。Photoshopなどを使えば、どんなことでもできる、と豪語する人もいらっしゃることでしょう。あぁ、スタジオグラフィックス編集部にも、何人かいそうですね(笑)。レタッチ講座がウリのスタジオグラフィックスが言うのもなんですが、そうは言っても撮影時にきれいな写真を撮ることが一番です。

例えば、カメラをはじめたばかりの読者の方からよく相談されるのが「空がきれいに撮れない」という悩み。青い空と白い雲には本来、それはそれはもの凄いチカラ、パワーがあります。空が曇っているだけで元気が出ないってヒトがいるくらいですから。写真も同じ、青い空が写真を100倍も魅力的なものにします。ところが、自分で撮った写真はどうも白っぽい空になってしまうと嘆いているわけです。

右がその例です。青空の下、見事に咲いたこぶしの花を撮った写真ですが、悩んでいる人は上の写真のように空が白っぽく写ってしまうわけです。そんな相談を受けたとき、私は「PLフィルター」を使ってみることをご提案しています。

PLフィルターを装着して撮った写真が下です。これが夏の空と入道雲だったらもっと描写の差は明らかだったかもしれません。

撮るときには撮影する楽しみがあって、それは自分の意図したとおりに、意図した以上に撮る喜びでもあります。それを助けてくれるのアイテムがレンズフィルターです。
「う~ん、あの写真家の見事な青空はひょっとしてこれを使っていたのか…」と納得している読者の方もいるかもしれませんね。このPLフィルターについて詳しくはじっくり後日、特集致しますので、今回はフィルターの効果を示す比較写真をもう一度掲載しておきます。

Clickで拡大
左がフィルターなし、右がPLフィルターを装着して撮影した比較写真。

PLフィルターを活用したものには下のような色鮮やかで素晴らしい色彩の作品が多く、色のパワーに引き込まれます。この作品はフォトコンテストの入選作品です。

Clickで拡大
作品

ひと目見るだけで、色鮮やかさに思わず引き込まれる写真です。空の青さと雲の白さがカラフルな情景が引き立っています。

国際フィルターフォトコンテスト2008-2009 入選作品
「春がきた」福田 尚人様(滋賀県)の作品
使用フィルター:C-PL
※この写真は主催者の了解を得て掲載しています

特殊な効果を与えるフィルターでよく知られているのが「クロス」(クロススクリーン)フィルターです。いろいろな種類があるのですが、多くは強い光源の光の線上に拡散させてキラキラと輝く光を演出する効果が特徴的です。

Clickで拡大
左がフィルターなしで撮影した写真。右はクロススクリーンフィルターを装着して、光をバッテンに拡散させてキラキラ感を演出して撮影した比較写真。

クロスフィルターについてもこの講座で詳しく解説しますのでお楽しみに。


  コンテストの入賞作品からレンズフィルターの効果を知る このページのトップへ  

レタッチした写真はコンテストに応募できない場合が多く、フィルター演出の場合は応募できるケースが多いと前述しましたが、実はフィルターを効果的に使用した写真で競うフィルター専門のフォトコンテストがあることをご存じでしょうか。

フィルターメーカーで知られるケンコーが主催しているコンテストで「国際フィルターフォトコンテスト」という名称で行われています。第一回が2008~2009年にかけて実施され、今年もまもなく6月から約1年間の長い期間で第二回「国際フィルターフォトコンテスト」が開催されます。

実はこの第二回コンテストにスタジオグラフィックスも協賛しているのですが、これからフィルターを勉強する人には、前回大会の入賞作品を見るとすごく勉強になります。様々なフィルターについてはこの連載で解説していきますが、その前に前回の入賞作品を見て、フィルター活用の事例やヒントを得てはいかがでしょうか?

前項で紹介した作品「春がきた」や下の「ローカルタウンの輝き」もその国際フィルターフォトコンテスト2008-2009の入選作品で、他にも多数、みごとな作品が掲載されています。ぜひアクセスしてみてください。

Clickで拡大
作品

強い光が線となって拡がるクロススクリーン・フィルターを効果的に使用した作品です。 渋滞の車列が幻想的な雰囲気に描写されていますね。

国際フィルターフォトコンテスト2008-2009 入選作品
「ローカルタウンの輝き」土屋 朝美 様(東京都)の作品
使用フィルター:R-クロススクリーン
※この写真は主催者の了解を得て掲載しています

もちろん良い作品が撮れたら、ご自身で応募してみるのも良いでしょう。

フィルターの魅力の概略、さわりの部分を解説したところで、次に実際にフィルターを装着したり、購入する際のポイントを解説します。

> 第2回 レンズフィルターの装着と購入のポイント につづく

Text & Photo by 神崎洋治 (デジカメWEB)

デジタルカメラ レンズフィルター 初級講座
  第1回 レンズフィルターの魅力とメリット
第2回 レンズフィルターの装着と購入のポイント
第3回 PLフィルター(1) 青空と白い雲をもっと印象的に撮ろう
第4回 PLフィルター(2) 反射を除去してきれいな写真を撮る方法
第5回 NDフィルター(1) 水の流れを白糸のように撮影する
第6回 NDフィルター(2) NDフィルターを使った撮影の手順
第7回 NDフィルター(3) 長時間露光で通行人やクルマが消える
第8回 緑を美しく撮る グリーンエンハンサー
第9回 キラキラの光を演出する クロスフィルター
第10回 PLフィルター(3) 紅葉をきれいに撮ろう!!
第11回 接写やブツ撮りに便利なクローズアップレンズ 手軽にマクロ撮影を楽しむ方法
第12回 夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう (1) クロスフィルターとソフトフィルター
第13回 夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう (2) シャッター速度と色温度
第14回 ソフトフィルター比較 (1) フォギー、デュート、ブラックミスト、ソフトクロス、センターフォーカス
第15回 ソフトフィルター比較 (2) フォギーとブラックミスト、デュートの使いわけ
第16回 ソフトフィルター比較 (3) プロソフトンの比較と花写真の撮影例
第17回 千鳥ヶ淵で満開の桜を撮る PLフィルターやプロソフトンの活用例
最終回 星景写真を撮りに行こう ~プロソフトンで撮る夜空~
目次
Cokin レンズフィルター 初級講座
 

第1回 角型レンズフィルターのはじめかた ~ Cokin (コッキン) フィルターの特徴と概要 ~
第2回 ハーフ・グラデーション・フィルターで夕景・夜景を撮ろう  ~ みなと横浜の夜を撮る ~
第3回 ハーフNDフィルターで魅力的な写真を撮る方法 ~ 石垣島川平湾と横浜西洋館を撮る ~
第4回 Cokinの丸形フィルター、PLフィルター&クロスフィルター ~ みなとみらいのキラキラ夜景を撮る ~

第5回 Cokinの不思議なセンター・フォーカス・フィルター ~ センタースポットやパステル系ディフューザーで花の撮影を楽しむ ~

最終回 Cokinフィルター 独特の世界を楽しむ ~スター16、接写レンズ、スーパースピード~

目次


<お知らせ>

国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中
国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中です。ケンコー・トキナー社が主催する日本語、英語、中国語、ロシア語で開催されている国際大会です。フィルターを使って撮影した写真なら応募参加できます。フィルターメーカーは問いません。フィルターを使用して良い写真が撮れたら、応募してみては如何でしょうか。
応募期間は2012年10月1日~2013年9月30日。長期間なので、4つのシーズンに分けての募集、現在はシーズン2の応募を受付中、シーズン1の読者投票を実施中です。 > 国際フィルターフォトコンテスト 2012-2013 を開催中

国際フィルターフォトコンテスト 2011-2012 の審査結果 公開中
昨年度に実施された、「国際フィルターフォトコンテスト 2011-2012 の審査結果」が発表されています。入賞作品の数々はお手本の宝庫。レンズフィルター活用の参考になりますので、スキルアップのためにもチェックしてみることをお勧めします。

StudioGraphicsギャラリーに投稿しよう
写真を撮ったら、スタジオグラフィックスの画像投稿サイト「StudioGraphicsギャラリー」で紹介してください。
登録や参加は無料です。アクセス、お待ちしています。


著者プロフィール
神崎洋治 :photo

神崎 洋治(こうざきようじ)
パソコン、周辺機器、インターネット、セキュリティ、DVDなどに詳しいライター兼コラムニスト。
1996年から3年間、アスキー特派員として米国シリコンバレーに住み、パソコンとインターネット業界の最新情報を取材。取材記事は月刊アスキーとインターネットアスキーに連載したほか、日経BP社、朝日新聞社、毎日新聞社、電波新聞社などの雑誌や書籍に寄稿。以降、ライター業に浸る。日経パソコンやアスキー.ドットPCなどの雑誌やウェブでの記事連載多数、書籍の著書も多い。また、セミナー講師やウェブ開発プロデューサーとしても活躍中。
> ホームページ TRISEC International,Inc.


・記事の内容は予告なく変更される場合があります。内容についての保証は致しかねます。
・記事の内容について個別のご回答は致しません。
・写真や本文の転用・転載はかたくお断り致します。
スタジオグラフィックス 人気記事ピックアップ
今更聞けないiPhoneのカメラ撮影術   いまさら聞けないiPhoneのカメラ撮影術
iPhone カメラ機能の基礎知識と撮影テクニック
神崎洋治の「デジカメユーザのためのスマートフォン活用講座」。基本カメラアプリの操作方法をおさらい

ミラーレス一眼と一眼レフの違い   ミラーレス一眼の特徴としくみ (2)
ミラーレス一眼と一眼レフの違い ~位相差AFとコントラストAFの違い
一眼レフの「位相差AF」とミラーレスの「コントラストAF」はどう違うの? どっちが優れもの?

萩原和幸のポートレート撮影術 ~女性の撮り方テクニック講座~   萩原和幸のポートレート撮影術 ~女性の撮り方テクニック講座~
モデルは谷内里早、佐山彩香、相楽樹、纐纈みさき、飯村未侑、疋田英美
グラビア撮影現場から撮影テクニックをグラビア編/解説編/テクニック編で説明

動物園での写真撮影の基本 ~オリの消し方と背景をボカすテクニック   動物園での写真撮影の基本 ~オリの消し方と背景をボカすテクニック
内山晟の「動物写真・撮影テクニック講座」
動物園での動物撮影で最初の課題は檻や金網。これを撮影時にドロンと消す方法。

オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座   神崎洋治の「オヤジがキスデジで撮る!初心者向けスナップ講座
ポートレートモードとストロボ攻略
左の2枚の写真はほぼ同じ時刻に同じ場所で、同じカメラで撮ったもの。なぜこんなに違う?

Adobe Photoshop CS6 レビュー   Adobe Photoshop CS6 レビュー
新機能と強化された機能
薮田織也のフォトショップ早わかり Photoshop Tips & Manual

Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法   Photoshop Elementsで、空を青く、芝生を緑に演出する方法
(神崎洋治の「フォトショップ・エレメンツ de ゴーゴー!」)
青い空、緑の芝生…記憶の色を取り戻す魔法のカラー補正術

逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術   逆光の失敗写真を明るく、青空をもっと青く補正するレタッチ術
神崎洋治の「Picasa3 徹底活用講座
思い出の写真を家族や友達とウェブで共有 無料アプリでここまでできる

荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門   荻窪圭の 写真で見る 三脚の使い方&選び方 三脚活用テクニック入門
三脚はなぜ必要? 三脚の役割とメリット
三脚&雲台 活用テクニック講座 入門スタート

夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう   夜景写真やイルミネーションをきれいに撮ろう
神崎洋治の「デジタルカメラ時代の レンズフィルター初級講座」
キラキラの夜景をみたままに近い写真に撮る方法

広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」   萩原和幸の広角レンズレビュー 「TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX」
F4.0 コンパクト広角ズームの実力
F2.8とF4.0ズームの特徴比較と使い分け

ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの   ウルトラの星輝く時ごちそうさまですの ゆきぴゅーのタダでごはん
お父さんのための特撮講座~ウルトラマンとウルトラマン商店街の巻~
世田谷区に実在するというウルトラマン商店街とは?

オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」   オヤジ流デジカメ研究講座「デジカメPopeye」
撮像素子とCCD入門ヒストグラム入門RAWってなに?
JPEG研究序説
ヒストグラムを攻略して活用しよう。RAWデータも解説。

神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークをコンパクトデジカメ XZ-1 で撮る   神子元島ダイビング ハンマーヘッドシャークを XZ-1 で撮る
石垣島ダイビング マンタの乱舞をXZ-1 で撮る
コンパクトデジタルカメラでどこまで撮れるか!? マンタとハンマーヘッドの撮影に挑戦 (撮影・文:神崎洋治)
 
初出:2011/05/27
  このページのトップへ
 

 


     
 
 

     
 
Creating Supported by
トライセック
サンタ・クローチェ
リンクについて
著作権について
プライバシーポリシー