スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

柴田誠のフォトレポ
CP+2017 レポート #03
CP+2017を終えて

shibata_photorepo_cp2017

TOPIX

2017年2月23日( 木 )から26日( 日 )の4日間、パシフィコ横浜で開催されたカメラと写真映像の総合イベントCP+2017( CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW )。これまで2回のレポートで触れられなかった点や、今後のCP+についてレポートしよう。

■ 多彩なイベントが開催された週末の2日間

会期後半の2日間は、週末ということもあってファミリーや女性グループでも楽しめる様々なイベントが開催されていた。しかしそれでも3日目の登録来場者数は20,700人( 2016年は22,216人 )、最終日の登録来場者数は15,108人(同14,688人)と、4日間の会期合計の登録来場者数は66,665人(同67,792人)で目標としていた7万人には及ばなかった。ただし、この数字は登録来場者数ということなので、会期中に再入場した人や会場で受け付けをした人はカウントされていない。そういった来場者も相当数いただろうが、昨年の登録来場者数を下回る結果になったのは事実。新製品の発表が少なかったのは明らかだし、隣接するショッピングモール休館の影響や東京マラソンの開催日だったこと、また天気が良すぎたなど、様々な要因が考えられるものの、現在の会場、今のやり方で、目標人数を上回るのは難しいのかもしれない。

今年はコンパニオンのいるブースが少なかった。( ハクバ )

今年はコンパニオンのいるブースが少なかった。( ハクバ )

そのせいか、コンパニオンの撮影目当ての来場者が少なかったように感じられた。

そのせいか、コンパニオンの撮影目当ての来場者が少なかったように感じられた。

神奈川県内のご当地キャラが会場入り口でお出迎え。

神奈川県内のご当地キャラが会場入り口でお出迎え。

 各ブースではステージを使ったトークショーやセミナーが多かった。( Nisi )


各ブースではステージを使ったトークショーやセミナーが多かった。(Nisi)

大きなブースではメインとサブの2ステージを設けていた。メインブースはどこも満席だった。(ソニー)

大きなブースではメインとサブの2ステージを設けていた。メインブースはどこも満席だった。(ソニー)

あちこちのブースを掛け持ちしている講師も多かった。萩原和幸さんもその一人。(ケンコー・トキナー)

あちこちのブースを掛け持ちしている講師も多かった。萩原和幸さんもその一人。(ケンコー・トキナー)

講師やテーマが魅力的なので、どこのブースも立ち見で通路に人が溢れていた。(ニッシンジャパン)

講師やテーマが魅力的なので、どこのブースも立ち見で通路に人が溢れていた。(ニッシンジャパン)

アネックスホールでも赤城耕一さんの出版記念のトークショーが開催されていた。( 玄光社 )

アネックスホールでも赤城耕一さんの出版記念のトークショーが開催されていた。( 玄光社 )

会場奥で展示を行っていた日本カメラ博物館のコーナー。

会場奥で展示を行っていた日本カメラ博物館のコーナー。

パノラマカメラやムービーカメラ、ステレオカメラなど、大型機材の展示が多かった。(日本カメラ博物館)

パノラマカメラやムービーカメラ、ステレオカメラなど、大型機材の展示が多かった。(日本カメラ博物館)

参考出品の展示が多かったのも今回の特徴の一つ。(ピクトリコ)

参考出品の展示が多かったのも今回の特徴の一つ。(ピクトリコ)

Go To Top

■ ワールドプレミアアワード

参考出品の製品ばかりが目立っていたCP+だが、CP+で発表されるワールドプレミア製品の中から、来場者の投票でグランプリを決定するワールドプレミアアワードが実施された。最終日に会場内のプレゼンテーションステージで表彰が行われた。結果は以下の通り。
・レンズ交換式カメラ部門:キヤノンEOS M6
・レンズ一体型カメラ部門:FUJIFILM X100F
・交換レンズ部門:SIGMA 135mm F1.8 DG HSM |Art
・フォトアクセサリー部門:東芝 EXCERIA PRO SDHC/SDXC UHS-IIメモリカード

会場の反応を見て製品化を検討するらしく、実際に稼働する製品の展示もあった。(カシオ)

会場の反応を見て製品化を検討するらしく、実際に稼働する製品の展示もあった。(カシオ)

アルミフレームを内蔵した座れるザック、アオスタISリュック。4月発売予定。(ケンコー・トキナー)

アルミフレームを内蔵した座れるザック、アオスタISリュック。4月発売予定。(ケンコー・トキナー)

三脚収納用のポケットを備えたトートバッグ、アオスタ アレッツォトートバッグ。(ケンコー・トキナー)

三脚収納用のポケットを備えたトートバッグ、アオスタ アレッツォトートバッグ。(ケンコー・トキナー)

KUPOのミニクリックスタンド。連結しておけるので収納に便利。(アガイ商事)

KUPOのミニクリックスタンド。連結しておけるので収納に便利。(アガイ商事)

KUPOのミニクリックスタンドは連結した状態で持ち運びができる。(アガイ商事)

KUPOのミニクリックスタンドは連結した状態で持ち運びができる。(アガイ商事)

センターポールの着脱が可能なKUPOのミニキットスタンド。(アガイ商事)

センターポールの着脱が可能なKUPOのミニキットスタンド。(アガイ商事)

エツミブースのカメラバッグコーナーにもずらりと参考出品が並んでいた。

エツミブースのカメラバッグコーナーにもずらりと参考出品が並んでいた。

エツミブースのカメラバッグコーナーにもずらりと参考出品が並んでいた。

エツミブースのカメラバッグコーナーにもずらりと参考出品が並んでいた。

ホットシューアダプタも新しいデザインがラインナップされる予定。(ニコン)

ホットシューアダプタも新しいデザインがラインナップされる予定。(ニコン)

sd Quattro、シネレンズなど新製品を一堂に集めてショーケースで展示していた。(シグマ)

sd Quattro、シネレンズなど新製品を一堂に集めてショーケースで展示していた。(シグマ)

Go To Top

■ CP+のこれから

CP+2018の開催予定は、2018年3月1日(木)~3月4日(日)。これまでよりもさらに年度末に近い開催に、困惑しているメーカーも少なくない。と言うのも、発表から発売までの間にキャンペーン告知やタッチ&トライのイベントなどが予定されることが珍しくないが、そうしたイベント期間を設けると、CP+の会場で発表していたのでは、年度を跨いでしまう可能性が高くなる。年度末は人事異動も想定されるし、年度を跨いでの予算確保が厳しいということもあるほか、想定外の事態も予想されるのだとか。これまでも「 この時期でいいのか? 」といった議論は度々あったようだが、来年の日程は波乱を呼びそうだ。

レンズ保護フィルター、ニコンダイレクトやサービスセンターで販売される予定。(ニコン)

レンズ保護フィルター、ニコンダイレクトやサービスセンターで販売される予定。(ニコン)

周年記念の展示も数多くあった。ジッツオの創業100周年を記念した展示。(マンフロット)

周年記念の展示も数多くあった。ジッツオの創業100周年を記念した展示。(マンフロット)

ニコンカメラの初号機から歴代の名機をズラリと並べた100周年の展示コーナー。(ニコン)

ニコンカメラの初号機から歴代の名機をズラリと並べた100周年の展示コーナー。(ニコン)

一方ワールドワイドで見てみると、隔年開催のフォトキナをはじめ、CP+の後にソウルで開催されるカメラショーPhoto&Imaging、北京で開催されるカメラショーChina P&Eなど、いずれも景気の低迷などを理由に縮小傾向にある。昨年、ソウルではサムスンの出展がなかったし、北京ではキャノンが出展を見送った。CP+は主要なカメラメーカー、レンズメーカーのお膝元で開催されるショーということもあって、少なくとも前年並みの規模を維持しているわけだから、相対的にアジアの中での位置付けは、今後ますます高いものになっていくのは間違いない。

マルミも創業65周年を迎えるということだが、特別な製品の登場はなかった。(マルミ)

マルミも創業65周年を迎えるということだが、特別な製品の登場はなかった。(マルミ)

EOS発売30周年を記念したクラフト素材が紹介されていた。http://cp.c-ij.com/jp/のサイトからダウンロードできる。(キヤノン)

EOS発売30周年を記念したクラフト素材が紹介されていた。http://cp.c-ij.com/jp/のサイトからダウンロードできる。(キヤノン)

ケンコー60周年記念モデルの木綿屋とのコラボモデルを参考出品。(ケンコー・トキナー)

ケンコー60周年記念モデルの木綿屋とのコラボモデルを参考出品。(ケンコー・トキナー)

海外からの出店もいくつか見られた。YONGNUOブースではレンズ、ストロボを展示。(YONGNUO)

海外からの出店もいくつか見られた。YONGNUOブースではレンズ、ストロボを展示。(YONGNUO)

台湾のストラップメーカーAeskimoは本革を使った手触りのいいストラップを紹介。(Aeskimo)

台湾のストラップメーカーAeskimoは本革を使った手触りのいいストラップを紹介。(Aeskimo)

レンズアダプターをはじめ、豊富な商品をラインナップしていたK&F Conceptのブース(K&F Concept)

レンズアダプターをはじめ、豊富な商品をラインナップしていたK&F Conceptのブース(K&F Concept)

とは言え、CP+がすぐに「 アジアのフォトキナ 」になれるかと言うとそうはいかないに違いない。商談がメインのフォトキナとコンシューマー相手のCP+ではショーの性格が大きく異なる。また、地の利を活かして香港やシンガポールが名乗りを上げてくるかもしれないし、巨大なマーケットを擁する中国やインドも無視できない存在だ。実際、昨年から米国で開催されているCESが上海でCES Asiaを開催するなど、ショービジネスの動きにも変化が見られる。CP+がアジア最大のカメラショーになるためには、会場の規模や運営方法などを含めて、乗り越えていくハードルは少なくなさそうだ。

鈴木心写真館 @CP+2017。入り口ではハッピ姿のスタッフが出迎えてくれる。

鈴木心写真館 @CP+2017。入り口ではハッピ姿のスタッフが出迎えてくれる。


背景処理をしてユニークな写真に仕上げてくれるドリーム・フォト・スタジオ。

背景処理をしてユニークな写真に仕上げてくれるドリーム・フォト・スタジオ。

出来上がった写真を選ぶドリーム・フォト・スタジオの来場者。

出来上がった写真を選ぶドリーム・フォト・スタジオの来場者。

ラジオJ-WAVEとのコラボプログラム、J-WAVE スペシャル・トークショー。

ラジオJ-WAVEとのコラボプログラム、J-WAVE スペシャル・トークショー。

日本広告写真家協会による「公募から就職までを考える」セミナー。

日本広告写真家協会による「公募から就職までを考える」セミナー。

セミナー参加者のみが参加できるポートフォリオレビュー。

セミナー参加者のみが参加できるポートフォリオレビュー。

東川町、写真甲子園のブース。今冬公開予定の映画「写真甲子園0.5秒の夏」の予告編が配布されていた。

東川町、写真甲子園のブース。今冬公開予定の映画「写真甲子園0.5秒の夏」の予告編が配布されていた。

いぬ・ねこ・とり ペット写真による#まみれ展が会場のあちこちで開催。写真を撮っている来場者も多く見かけた。

いぬ・ねこ・とり ペット写真による#まみれ展が会場のあちこちで開催。写真を撮っている来場者も多く見かけた。

4月下旬に開催される北京のカメラショー。主要メーカーが少ないのが気になるところ。

4月下旬に開催される北京のカメラショー。主要メーカーが少ないのが気になるところ。

Go To Top

スタジオグラフィックス
著者について
メルマガ登録