スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

柴田誠のフォトレポ
CP+2015 体感レポート#2

Posted On 17 2月 2015
Comment: Off

00

TOPIX

連日、多くの来場者で賑わったCP+2015(http://www.cpplus.jp/)。今回は、会場で目にした最新アイテムの中から、思わず「あっ、コレ欲しい!?」と感じたスグレモノを独断と偏見で厳選してご紹介します。これから発売になる商品もありますから、すぐには手に入らないモノもあるのですが……。

■4日間の総来場者数は67,617人

2月12日(木)〜15日(日)の4日間にわたって開催された「CP+2015」。目標としていた7万人には届かなかったものの、好天のおかげもあって2013年の来場者数を超える結果となった(2014年は降雪により1日中止となった)。注目の新製品や開発発表の数は、カメラが少なかったものの、レンズや三脚、カメラバッグなど、アクセサリーは豊富だった。そこで今回は、初日から最終日まで会場を歩き回って見つけた、厳選25アイテムをご紹介しよう(表示価格はすべて税別)。

蔵(CURA) カメラクリーニングセット&専用ポーチ
銀一

熟練の職人の手による熊野筆カメラ用ボディブラシとクリーナー液、専用ペーパー付きのカメラクリーニングセットCFC-100(7,900円)。カメラクリーニング専用ポーチCK-100(3,700円)は、グリーンとボルドーの2色が用意されている。シンプルだがセンスの良さとクォリティの高さを感じさせるクリーニングキットだ。

蔵(CURA) カメラクリーニングセット&専用ポーチ <銀一>

蔵(CURA) カメラクリーニングセット&専用ポーチ <銀一>

 

コマンダーAir1
ニッシンジャパン

電波式のワイヤレスTTLスレーブ機能を追加したスピードライトDi700A(ニコン用・キヤノン用)専用のワイヤレスTTLコマンダーAir1(Air1+Di700Aキット:27,500円)。到達距離は約30m。光量調整、発光停止のほか、照射角ズーム制御も可能。多彩な撮影表現をサポートしてくれる1台。Air1単体は後日発売予定。

コマンダーAir1 <ニッシンジャパン>

コマンダーAir1 <ニッシンジャパン>

 

MKOFFROADER
マンフロット

スキーストックやトレッキングポールを製造するイタリアFIZAN社製の超軽量三脚MKOFFROADER(22,000円)。4段式で伸長122cm。しかも重さ650gは魅力的。オシャレなデザインは二重丸。レッド、グリーン、ブルーの3色がラインナップされているが、選ぶならレッドでしょ。

ハンドヘルド ジンバルG4
よしみカメラ

ハンドヘルド ジンバルG4は、Go Pro3/3+専用の3軸ジンバル。水平を維持するだけでなく、上下の角度をコントロールする機能も搭載する(55,000円)。専用バッテリーで駆動時間は約2時間。

MKOFFROADER <マンフロット>

MKOFFROADER <マンフロット>

ハンドヘルド ジンバルG4 <よしみカメラ>

ハンドヘルド ジンバルG4 <よしみカメラ>

クランプラー ザ・マイルドエンスージアストM
銀一

斜め掛けができるカメラバッグ、クランプラー ザ・マイルドエンスージアストM(10,000円)。内部に4つのポケット、背面にiPadが収納可能なファスナー付きポケットがあり、ミドルクラスの一眼レフボディと1〜2本の収納可能。街歩きのスナップ撮影に使いたいポップなデザインがいい。一回り大きいLサイズ(12,000円)も用意されている。

クランプラー ザ・マイルドエンスージアストM <銀一>

クランプラー ザ・マイルドエンスージアストM <銀一>

 

Lensbaby サーキュラーフィッシュアイ&コンポーザープロシステムキット
ケンコー・トキナー

Lensbaby サーキュラーフィッシュアイは、焦点距離5.8mmの全周魚眼(50,000円)。レンズ先端から約6mmの近接撮影ができるから、迫力ある映像が楽しめる。Lensbabyの描写をいろいろ楽しみたいなら、スウィート35、スウィート50オプティック、エッジ80オプティック、マクロコンバーター (8mm、16mm)がセットになったコンポーザープロシステムキットがオススメ(123,000円)。

Lensbaby<ケンコー・トキナー>

Lensbaby<ケンコー・トキナー>

 

DJI INSPORE 1
DJI

人気のドローンの中でも、デザイン性に優れたDJI INSPIRE 1(355,000円)。カーボンアーム、フレームを採用し、耐久性と軽量化を実現。しかも、4Kビデオ/1,200万画素対応可能なカメラモジュールを搭載した組み立て完成済みのフルセットだから、あとは操縦の腕を磨くだけ!?

DJI INSPORE 1 <DJI>

DJI INSPORE 1 <DJI>

 

紐付きWリアキャップ
COTTA

マイクロフォーサーズレンズに対応した紐付きWリアキャップ(3月発売予定)。リアキャップの両サイドにレンズを取り付けられるので、2本のレンズを一緒に収納できる。カラーはカメラバッグの中でも目立つレッドのみ。予価1,000円程度。

紐付きWリアキャップ

紐付きWリアキャップ

 

TENBA SWITCH
エツミ

中型のカメラバッグTENBA SWITCHは、蓋の部分のフラップを取り替えることができる。Switch7、8、10の3サイズ、フラップは6種類用意されている。近日発売予定。

BLACKRAPID CROSS SHOT
ハクバ写真産業

ストラップのずれ落ちを防止するラバー製のグリッピングショルダーパッドを備え、安全性を高める3点式のバックルを採用したCROSS SHOT(5,500円)。斜め掛けができる長さの160cm(最大長)。ブラックとオレンジの2色があるが、買うなら絶対にオレンジ!

TENBA SWITCH <エツミ>

TENBA SWITCH <エツミ>

BLACKRAPID CROSS SHOT <ハクバ写真産業>

BLACKRAPID CROSS SHOT <ハクバ写真産業>

 

broncolor Siros

アガイ商事

黒い円筒形のスタイリッシュなデザインのモノブロックストロボは、ブロンカラーのSIROSシリーズ。WiFi接続機能を搭載し、bron Controlアプリを使ってスマートフォンやタブレットから操作できるのが大きな特徴。出力は400WsのSiros 400と800WsのSiros 800の2種類があり、それぞれに高精度色温度調整(ECTC)機能を搭載したSiros 400s、Siros 800sをラインナップする。オススメは、初心者にも扱いやすい85cmアンブレラ×2、シンクロケーブル、スタンド×2と収納バッグをセットしたSiros 400ベーシックキット2(290,000円)。

broncolor Siros <アガイ商事>

broncolor Siros <アガイ商事>

 

三脚収納ポケット付きカメラバッグ
ガードフォースジャパン

バンガードの新三脚シリーズVEOは、ゴルフクラブのシャフトをイメージしたトラベル三脚。その発売記念特典として、三脚収納ポケット付きのカメラバッグ(非売品)が購入者にプレゼントされる。CP+で発表されたカメラバッグHavana21をベースに開発されたショルダーバッグで、サイドから三脚を収納できるポケットが底部に設けられている。三脚はカメラバッグにくくり付けるタイプが多いが、収納できるものは少ない。ぜひ使ってみたい。

三脚収納ポケット付きカメラバッグ <ガードフォースジャパン>

三脚収納ポケット付きカメラバッグ <ガードフォースジャパン>

 

dedolight Ledzilla-BI
KPI

プロ向け動画エリア内で見つけたdedolight Ledzilla-BI(92,000円)。バーンドアを備えた手のひらサイズの LEDライトユニットで、照射角の調整もできる。お値段はかなりお高いが、持っていれば便利な撮影アイテム。

dedolight Ledzilla-BI <KPI>

dedolight Ledzilla-BI <KPI>

 

miggo
銀一

ラッピングケースにもなるネオプレーン素材のポップなカメラストラップ。クルクルっとストラップに丸めてカメラをバッグに放り込んでもカメラを傷める心配がない。無精な私にとってはありがたいアイテム。ストラップ&ラップ(6,500円)、グリップ&ラップ(5,500円)の2種類があり、ネックストラップタイプは、一眼レフ用とミラーレス用の2サイズ。ハンドストラップタイプはさらにコンパクトカメラ用を加えた3サイズが用意されている。

miggo <銀一>

miggo <銀一>

 

Bouncelite BL2 Venue
Kカンパニー

クリップオンストロボのヘッド部に被せて使用するディフューザー。上部が開口するので、ヘッドを回転させれば、ソフトボックス、バウンスライトとしても使うことができる。フィルターカセットを内蔵し、色温度の調整も可能。3月中旬発売予定で、価格は2万円程度。

Bouncelite BL2 Venue <Kカンパニー>

Bouncelite BL2 Venue <Kカンパニー>

FUJIFILM X-A2
富士フイルム

X-A2は、シリーズで初めて自分撮りができる175°回転するチルト式液晶モニタを搭載したモデル。AF機能が強化され、人物の瞳を検出して瞳にピントを合わせる瞳AF、近接撮影時にマクロモードに自動的に切り替わるオートマクロAF、ピントが合っているエリア最大9点を自動的に表示するマルチターゲットオートエリアAF機能を搭載する。ボディカラーはシルバー、ブラウン、ホワイトの3色。2月26日発売で、ボディのみ5万円前後。

FUJIFILM X—A2 <富士フイルム>

FUJIFILM X—A2 <富士フイルム>

 

SEAL カメラボディバッグ
リコー・ペンタックス

リコーイメージングブースでは、Kマウント40周年記念グッズなどをオンラインショップで購入できる商品を展示。その中でひときわ目立っていたのが、メイン素材に廃タイヤチューブを使用した、SEAL特製GRタグ付きのカメラボディバッグ(12,000円)。オンラインストアで限定50個販売の希少な限定モデル。

SEAL カメラボディバッグ <リコー・ペンタックス>

SEAL カメラボディバッグ <リコー・ペンタックス>

 

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
タムロン

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(140,000円)は、35mmフルサイズ用の大口径超広角ズームレンズ。昨年のフォトキナで発表され、12月に発売が開始された最新レンズ。CP+ではカットモデルも展示され、注目を集めていた。広角レンズには珍しく手ぶれ補正機構を搭載。さらに大口径モールドレンズ、ナノテクノロジーを駆使したeBANDコーティングを採用するなど、高画質にこだわった。このレンズの描写は、ぜひ一度体験してみたい。

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD <タムロン>

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD <タムロン>

 

Godox WITSTRO AD180 & PB960キット
KPI

180Wsの出力を誇るパワフルでコンパクトなフラッシュシステムAD180キット(64,000円)。電源にはGodoxのバッテリーパックPB960を使用し、最大約900回の発光が可能。PB960とケーブルのみのバッテリーキット(22,000円)は、約4時間の充電で最大約1,800回の発光ができ、ストロボを約1秒で高速チャージできる。

Godox WITSTRO AD180 & PB960キット <KPI>

Godox WITSTRO AD180 & PB960キット <KPI>

 

PENTAX FILM DUPULICATOR
リコー・ペンタックス

35mmから6×9までのポジフィルムやネガを複写するためのシステムがPENTAX FILM DUPULICATOR(119,500円)。デジタルカメラとレンズ、クリップオンストロボを用意する必要があるが、スキャナを使うよりも効率良くフィルムの複写ができる。マウントホルダーは35mmスライド用のみを標準装備する。

新フィルター5種
マルミ光機

マルミブースで参考展示されていたフィルターは、デジタルカメラ用に新たなコーティングを施したフォギライザー、デュフュージョン、デュフュII、カメラの高感度化に対応したNDフィルター2種、そして強化ガラスを使用した保護レンズ。いずれも年内の発売予定。価格は従来製品並みとなる予定。

PENTAX FILM DUPULICATOR <リコー・ペンタックス>

PENTAX FILM DUPULICATOR <リコー・ペンタックス>

マルミ新フィルター5種 <マルミ光機>

マルミ新フィルター5種 <マルミ光機>

 

Petzval Lens – Brass
Lomography

Petzval Lensを復刻し、現代のカメラに対応した真鍮製鏡筒が特徴的のLomo-graphy Petzval Lens – Brass(66,651円)。絞りの調整をプレートの挿し替えで行なうなど、デジタルカメラでアナログ操作感を楽しめるレンズ。キヤノン、ニコンマウントが用意されている。

Petzval Lens - Brass <Lomography>

Petzval Lens – Brass <Lomography>

 

CULLMANN SYDNEY PROシリーズ
エツミ

ドイツのカメラバッグブランドCULLMANNが日本上陸。シドニープロシリーズは、ショルダー3サイズ(7,500円〜)とザック2サイズ(14,500円)がラインナップ。このバッグはとにかく軽いのがいい。全タイプにレインカバーが付属する。

CULLMANN SYDNEY PRO シリーズ <エツミ>

CULLMANN SYDNEY PRO シリーズ <エツミ>

 

ZEISS Otus 1.4/85
カールツァイス

ZEISS Otus 1.4/85(490,000円)は、焦点距離85mm、開放F1.4の大口径中望遠レンズ。開放時のやわらかなボケ味は、ポートレートから風景撮影までジャンルを問わず被写体を浮きがらせてくれる。重量は1,100gオーバーとやや重めだが、シンプルですっきりとしたデザインの鏡筒がいい。フィルター径は86mm。FマウントとEFマウントが用意されている。4月発売予定。

ZEISS Otus 1.4/85 <カールツァイス>

ZEISS Otus 1.4/85 <カールツァイス>

 

Hahnemuhle Photo Pearl
ジェットグラフ

Hahnemuhle Photo Pearl <ジェットグラフ>

Hahnemuhle Photo Pearl <ジェットグラフ>

Fine Art Inkjet Paperで名高いハーネミューレに、パール調の光沢感が特徴のPhoto Pearlが登場。RCベースのフォトペーパーで、高い鮮鋭度とインク濃度による広い色域が特徴となっている。要するにクッキリ、ハッキリした表現に適したファインアートペーパーだ。サイズはA4、A3+、A2(各25枚入)と1,118mm幅、610mm幅のロールが用意されている。近日発売予定。

■CP+2016は2月25日〜28日に開催

来年のCP+2016は、今年よりも約2週間遅い2016年2月25日(木)〜28日(日)に開催される予定になっている。会場は従来と同じパシフィコ横浜。次回はどんな製品が登場するのか、早くも来年が楽しみだ。

来年のCP+2016は、今年よりも約2週間遅い2016年2月25日(木)〜28日(日)に開催される予定になっている

来年のCP+2016は、今年よりも約2週間遅い2016年2月25日(木)〜28日(日)に開催される予定になっている

柴田誠
著者について
1964 年生まれ。2012 年春に 24 年間勤務した出版社を退社し、フリーのフォトジャーナリストとなる。その後、香港に個人事務所 CYBER DRAGON HKG LIMITED( 數碼龍珠( 香港 )有限公司 )を立ち上げ、フォトキナをはじめとする国内外のカメライベント、写真フェアなどを中心に取材活動を行い、香港をベースにして国内や海外のカメラ雑誌や ウェブマガジンに執筆している。ちなみに日本在住。出版社在籍中には、カメラ誌の製品担当者で組織する「 カメラ記者クラブ 」にも通算 16 年間在籍。編集者時代に培った幅広い人脈と豊富な経験を活かした活動をするとともに、「 日本の写真文化を海外へプロジェクト 」を主宰。業界の活性化と後進の指導にも積極的に取り組んでいる。中国のカメラ雑誌「 撮影之友 」の編集顧問も務める。日本写真家協会( JPS )会員、日本写真協会( PSJ )会員、日本香港協会( JHKS )会員。
メルマガ登録