スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

ブロンカラーでつくる
プロフェッショナル最新ライティング
第5回 ブロンカラーを使った作品例
内田 将二氏 & 吉田 明広氏

ブロンカラーでつくるプロフェッショナル最新ライティング

Photo : 内田 将二 & 吉田 明広

TOPIX

プロフォトグラファーからの信頼を集め、全世界で愛用されているプロフェッショナル用撮影照明機材ブロンカラー。その日本における総代理店である「 アガイ商事 」の創立 25 周年を記念して、Mook 「 ブロンカラーでつくる プロフェッショナル最新ライティング 」が玄光社から発売されました。本連載は、その Mook の中から一部を抜粋して、プロのテクニックを掲載していきます。第5回目は、前回に引き続きブロンカラーを使った作品例を2点ご紹介します。撮影は、内田 将二、吉田 明広の両氏です。

Index

Go To Top

■ 浅瀬を疾走するクルマのシャドー部に

  ストロボ光をあてた日中シンクロ

■写真1 内田 将二 ( 内田将二写真事務所 )Uchida Shoji
 

上はスペインで撮影したトヨタ自動車 G’s 広告用作品。浅瀬で実際に車を走らせ、ハイライダー( 高所作業車 )の上から撮影している。水しぶきを白く輝かせようとすると逆光でフロントグリルが暗くなるため、バッテリー装着が可能なベルソ A4 + 1 灯で、手前からダイレクトに発光させている。ダイレクト光を使って撮ることは比較的多い。ブロンカラーのストロボは、発色が安定しているので、日中シンクロでも安心して使えるのが嬉しい。

基本的にライティングは、線でつくるイメージ。面光源をつくって撮るというのはあまり好まない。グラフィックのライティングよりもムービーのライティングの考え方に近いのだと思う。

■ライティング図1
水面に近い低い位置から、クルマのフロントグリルを狙った日中シンクロ。ベルソ A4 にパワードック( バッテリー )を装着して、屋外で使えるようにしてある  トヨタ自動車/ G’s  AD:池澤 樹( 博報堂 )  CD:野副剛士( SIX )、坪井 卓( SIX )、稗田倫広( 夢の稗田 )  デザイナー:藤本大生( 博報堂 )、吉田千城( バードランド )、坂元貴子( バードランド )、橋本実央( バードランド )  プロデューサー:稲留福太郎( アマナ )、阪元 陸( アマナ )  アカウントスーパーバイザー:仙石大記( 博報堂 )  レタッチャー:栗山和弥( クリーチャー )  プロダクションマネージャー:石黒博樹( アマナ )

水面に近い低い位置から、クルマのフロントグリルを狙った日中シンクロ。ベルソ A4 にパワードック( バッテリー )を装着して、屋外で使えるようにしてある
トヨタ自動車/ G’s
AD:池澤 樹( 博報堂 )
CD:野副剛士( SIX )、坪井 卓( SIX )、稗田倫広( 夢の稗田 )
デザイナー:藤本大生( 博報堂 )、吉田千城( バードランド )、坂元貴子( バードランド )、橋本実央( バードランド )
プロデューサー:稲留福太郎( アマナ )、阪元 陸( アマナ )
アカウントスーパーバイザー:仙石大記( 博報堂 )
レタッチャー:栗山和弥( クリーチャー )
プロダクションマネージャー:石黒博樹( アマナ )

Go To Top

■ エフェクトライトを組み合わせて

  背景に負けない存在感をつくり上げる

■写真2 吉田 明広 ( 1002 inc. )Yoshida Akihiro
 

Art Director:小栁美咲子
Stylist :中野史子
Photo Retoucher :小泉圭太

ALBION の広告ビジュアル。商品と背景の花、はちみつの3点を別々に撮影して合成している。背景の印象が強いので、商品にはそれに負けない存在感が求められた。商品は鏡面状だったが、存在感を強調するために、あえて背景の映り込みは入れずに仕上げてある。

ライトバーやライトスティックなど9灯のストロボを使ってセットを組んだ。トップはフレネルスポットアタッチメントを装着したピコライトにした。余計な映り込みを排除するために、商品の周りをディフューザーで囲み、そこにレンズ穴をあけて撮影。商品の水滴と輝きはあとで調整できるように撮影している。

背景の花は密林の中の木洩れ陽のイメージ。中央に商品を置くことを考えて、自分で花を配置した。はちみつは奥の LED 1灯だけで撮影。全体の彩度をレタッチ段階で上げて、イメージに近い仕上がりにしてある。

■ライティング図2

3台のスコロに3灯ずつ接続し、ライトバーやライトスティックなど、セット全体で9灯のストロボを使っている。トップはフレネルスポットアタッチメントを装着したピコライトにした

3台のスコロに3灯ずつ接続し、ライトバーやライトスティックなど、セット全体で9灯のストロボを使っている。トップはフレネルスポットアタッチメントを装着したピコライトにした

■ライティング図3

LED を昼光色にして、紗幕越しにアンブレラ1灯。左サイドからの光だけで構成した。LED の灯体の先にアルミホイルを巻き付け、6 ~ 7mm 程度の穴を 10 ヵ所ほどあけて、木洩れ陽を再現。乳白のディフュージョンフィルムで影をやわらげている

LED を昼光色にして、紗幕越しにアンブレラ1灯。左サイドからの光だけで構成した。LED の灯体の先にアルミホイルを巻き付け、6 ~ 7mm 程度の穴を 10 ヵ所ほどあけて、木洩れ陽を再現。乳白のディフュージョンフィルムで影をやわらげている

Go To Top

agai_banner

■ broncolor でつくるプロフェッショナル最新ライティング ■
玄光社より発売

玄光社より発売

アガイ商事創立 25 周年を記念して、玄光社より Mook「 ブロンカラーでつくるプロフェッショナル最新ライティング 」が好評発売中です。

本ページで紹介しているブロンカラーを使ったライティングの内容をより詳しく知りたいときは、以下のページから Mook をご購入ください。

Mook 本のご購入はコチラ

● アガイ商事株式会社 ●
〒171-0014 東京都豊島区池袋 2-23-16 アガイビル
TEL.03-5954-7577 FAX.03-5954-7578
E-mail : info@agai-jp.com

アガイ商事のホームページ
http://www.agai-jp.com/
本記事で紹介しているライティング機材は、アガイ商事が毎月開催しているイベント「 池袋オープンスタジオ 」で、じっくりと触って試せます!( 参加費無料 )
詳しくはコチラ → http://www.agai-jp.com/event.html

Go To Top

Go To Top
スタジオグラフィックス
著者について
メルマガ登録