スタジオグラフィックス プロが教えるデジタルカメラの写真撮影&レタッチテクニック 公式 Official WebSite
SGギャラリー

若子jetのスナップフォトコラム☆VOL.2 代官山編

Posted On 18 6月 2014
Comment: Off

WJS2_sliderN

本連載「若子jetのスナップフォトコラム☆」では、若子jetなりの視点で写したいろいろな街にフィーチャーし、その楽しさをお伝えできたらと思います。よろしくお願いたします。

街スナップをしていると、いろいろな発見がある。その街のにおい、昔からある残しておきたいもの、そして新しく変わってしまった町並み。今回は、再開発が進んでいる「代官山」をぷらっと散策してみた。

再開発で変わってしまった同潤会アパート、その後、代官山アドレスという複合施設ができ、新しい高級住宅マンションが増え、年々高級感を増している。最近では、旧代官山通りにも蔦屋書店(代官山T-SITE)が建設されるなど、新しい商業施設オープンし、注目の街となっている。
写真のような、カフェや輸入雑貨、洋服、洋菓子屋やレストランなど、オシャレな街として、再開発で変わりゆく中、今も変わらず注目されているスポットである。

CASIO EXILIM EX-100 f2.8 1/125 -1/3補正 ISO 800

CASIO EXILIM EX-100 f2.8 1/125 -1/3補正 ISO 800

 

CASIO EXILIM EX-100 f2.8 1/1000 ISO 160

CASIO EXILIM EX-100 f2.8 1/1000 ISO 160

 

スナップ当日は、天気雨と天気に恵まれない撮影日和だったが、代官山はわりと色のある街なので、無事に撮り終えることができた。

さて、今回撮影では、カシオのEXILIM EX-100を持って、2軸ブラケティング機能を試してみた。添付作品は、2軸ブラケティング機能の「ホワイトバランス×明るさ」モードで撮ったものだ。「ある意味9眼」というキャッチフレーズの通り、1度の撮影に9コマの絵が撮れてしまう。さまざまな撮影において、カメラ側が提案してくれる優秀なカメラだ。こうしたカメラの撮影機能は、フットワークの邪魔にならない範囲で、どんどん試してみて欲しい。きっと、カメラの設定しだいでこんな表現もできるのか、と言った発見があるはずだ。また、どの設定で撮ったスナップが自分のイメージにあった写真かを、撮影後に選ぶのもまた楽しいものだ。もし、この機能に興味を持ったなら、筆者が担当した同機能に関するカシオのサイトもご覧いただきたい。

CASIO EXILIM EX-100の2軸ブラケティング機能「ホワイトバランス×明るさ」モードで撮影。1段目がf2.8 1/640 ISO 800、2段目が1/1000 -2/3補正 ISO 640、3段目がf2.8 1/400 +2/3補正 ISO 800

CASIO EXILIM EX-100の2軸ブラケティング機能「ホワイトバランス×明るさ」モードで撮影。1段目がf2.8 1/640 ISO 800、2段目が1/1000 -2/3補正 ISO 640、3段目がf2.8 1/400 +2/3補正 ISO 800

 

街でのイベントも多い代官山。ぜひ、代官山に足を運んでみてはいかがでしょうか? さあ、お散歩してみよう♪

 

 

若子jet
著者について
■ 若子jet ■ 名古屋造形大学卒業後、出版社写真部を経て、松本明彦氏に師事後独立。 現在、雑誌や広告等の撮影をする一方、写真家としての展覧会作品発表多数。大学で講師をつとめるなど、後進の育成にも力を注いでいる。 優しく、かわいく、綺麗な世界感を得意とする。「すぐにうまくなる いいね!と言われる写真の撮り方レシピ」 (朝日新聞出版)絶賛発売中。
メルマガ登録